アカナのキャットフード『ワイルドプレイリー』を解析!評判も

14

自然派キャットフード『Orijen(オリジン)』と同じメーカーの『Acana(アカナ)』。新鮮な地元産の原材料を使い、生物学的に適正なフードをつくっているカナダのメーカーです。

今回は、そんな『ACANA(アカナ)』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価、また同じメーカーのキャットフード『Orijen(オリジン)』との違いも含めて、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:アカナ ワイルド・プレイリーキャット

スポンサードリンク

「ACANA(アカナ) ワイルドプレイリー」とは?

acana3
参考価格
5,940円(内容量2,27kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約2,616円/1kg
1日あたりのコスパ 約157円/日(1日60g換算)
原産国 カナダ
メイン食材 新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

アカナ公式サイトによると・・・

  • 生物学的に適正⇒犬と猫が自然な環境で狩りをした獲物の肉の新鮮さとバラエティを再現
  • 原材料は、すべて人間用食材として認定を受けた後、栄養たっぷりな状態で毎日新鮮搬送
  • 愛猫の健康に欠かせない重要なビタミン類と保護栄養素を自然なかたちで供給
  • 穀類不使用&低炭水化物
  • 加工、乾燥、粉末化されていない

新鮮で自然な食事だからこそ、無駄なものは入れる必要もない。重要なポイントをおさえた説明は、かなり信用ができそうですね。

スポンサードリンク

アカナ ワイルド・プレイリーキャットの原材料と成分

続いて、「アカナ ワイルド・プレイリーキャット」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:新鮮骨なし鶏肉(18%)、乾燥鶏肉(17%)、乾燥七面鳥肉(9%)、新鮮骨なし七面鳥肉(6%)、鶏肉脂肪(5%)、ヒヨコ豆、赤レンズ豆、鶏レバー(5%)、新鮮骨なしイエローパーチ(4%)、グリンピース、緑レンズ豆、新鮮全卵(3%)、イエローピース、ニシン油(3%)、アルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉

添加栄養素
ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン, 発酵乾燥腸球菌フェシウム

acana
[出典:http://acana.net/]

評価Aランク

さすがです。猫の身体に必要な栄養素をしっかりと含み、鶏肉脂肪や鶏レバーなど「自然な環境で狩りをした獲物の肉」を忠実に再現しているのがわかります。

公式サイトの説明との間にも相違はなく、「類」や「など」、「他」などのあいまいな表現もないので、安心感がありますね。

新鮮で安心できる食材

公式サイトでも、「地元の草原農場産放し飼い鶏肉と七面鳥肉、巣に産み落とされた卵、北部湖産天然パーチ(魚)」と、食材について詳細に説明しています。原材料もその説明と合っていますね。

また、『アカナ』のフードは新鮮さを追求するため、保存方法は冷蔵のみ。仕入れたその日に加工し、冷凍保存は一切行っていません。

穀物不使用&低炭水化物を実現

猫の自然な食事にほとんど含まれない炭水化物の量は最低限まで抑えています。

特に、米やトウモロコシ等の穀類に含まれる炭水化物は、素早く分解して血糖を急上昇させるので肥満や糖尿病の原因となるため、『アカナ』のフードでは穀類を一切使用していない安心のグレインフリーフードなのです。

新鮮な地元産フルーツと野菜で栄養補給

穀物を使っていない代わりに、野菜や果物が使われていますね。健康的なフルーツと野菜を原材料中30%使用することで、重要なビタミン類と保護栄養素を自然なかたちで供給することができています。

そのため、原材料欄にも合成ビタミン・ミネラルを表記する必要がないのです。(※不足しているものは添加栄養素としてサプリで追加)

加工、乾燥、粉末化されていない⇒水を足す必要がない

乾燥原材料のみでつくられているペットフードには、調理前に大量の水が加えられますが、『アカナ』のフードは調理中に水を一切使っていません。

なぜなら、新鮮肉、家禽肉、卵、魚、フルーツと野菜には自然のジュースがたっぷりと含まれているから。水を足さずにスチーム調理ができ、自然の栄養と美味しさをそのまま全部キープするために、低温(90C/195F)でゆっくり調理しています。

同メーカーの『オリジン』との違いについて

気になる『オリジン』との大きな違いは、原材料の肉の割合。『オリジン』は原材料の80%に肉を使用しているのに対し、『アカナ』は60%。

60%でもじゅうぶん必要なタンパク質はカバーできているのですが、成長期だったり、より高タンパクを求めるのであれば『オリジン』がおすすめです。『オリジン』のフードの方が値段が¥1,000以上高いのも、それが理由です。

一方『アカナ』は、猫の成長ステージや好みに合わせて対応できるラインナップが特徴。「 ワイルド・プレイリーキャット」以外に魚肉ベースの「パシフィカ」や、ラム肉・鴨肉を使った「グラスランド」があります。

新鮮な材料を使って、猫の健康維持に必要な栄養素は『オリジン』、『アカナ』共にじゅうぶん備わっていますよ。

高タンパクフードの注意点
アカナシリーズはタンパク質が35%で、良質な高タンパクのフードではあるものの、高タンパク自体が猫の体に負担をかけてしまう場合があります。
タンパク質は肉食動物の猫にとって非常に重要な栄養源ですが、それと同時にタンパク質の割合が高いと、腎臓や肝臓が弱っている猫には、逆効果になってしまいます
特に、老化によって腎臓や肝臓などの機能は否応なしに低下していくので、シニア猫にあまりに高タンパクのフードはおすすめできません。
アカナも35%とかなりの高タンパクなので、シニアになり運動量も体つきも変わってきたら、タンパクの割合も30%程度に抑えたフードに変えてみましょう。

アカナ ワイルド・プレイリーキャットの口コミ評判

それでは最後に、実際に「アカナ ワイルド・プレイリーキャット」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

知り合いの愛猫家さんから教えてもらいました。安心な素材でうちの子も喜んでいます。(Amazonより)

どうせ高いものを買うのなら安心できて納得できるものを、と今まで手を出せなかったアカナに切り替えました。
今まで一日1回、時々2回だったおしっこが毎日2回出るようになり、うんちも一日おきからほぼ毎日に。
身体は少しマッチョになった気が・・・
病院に行くことを考えたらフードの質を上げた方がよっぽど安上がりだったな、と今さらながら思っています。(楽天市場より)

食いつきもよく、よく食べてます。これ以外は食べないので、いつも早く送って頂き助かってます!(Amazonより)

スーパーで並んでいるフードはとうもろこしや 大豆などが大量に入っていますが このフードは高いだけあって、ミートが大部分です。
PH5.5と表示されているのは食品のPHです。
2日間たべさせて、尿のPHを調べましたがPH6~7の良好な状態です。
気になっていた目ヤニも少なくなりました。
カロリーが高いので、少な目に与えることになり 満腹感がないかも?脂肪が多いのでは?と気になる点もありますが 品質にこだわりのある方にはおススメできるフードです。(楽天市場より)

ずっとお腹の調子が悪くて下痢気味の猫ちゃんのためにいろいろフードを試しているところです。アカナは穀物不使用ということと材料の品質の良さで安心できそうだったので注文しました!
食いつきはなかなか良いです!ウンチの状態はまだ柔らかいです、、色が黒っぽくなって臭いはきつくないです。
毛づや良くなり体格もがっしりしてきました!
ウンチの状態が良くなってくれるか、もう少し続けて様子を見てみようと思います!(楽天市場より)

喜んで食べる訳ではないですが嘔吐が止まりました。
目の周りにできていた湿疹も治ってきた気がします。
セレクトプロテインは14日して吐き始めたので、このご飯が大丈夫かどうかはまだわかりませんが とりあえず吐かなくなったのは本当に嬉しい。このまま嘔吐、皮膚炎が出ない事を願います。(楽天市場より)

今うちの猫はアカナを食べているのですが、凄く食いつきが良い、という程でもないですが、結構好んで食べていると思います。
穀物不使用でオリジンと同じ会社で製造しているフードで、オリジンより少々お手頃価格です☆
便の状態も良いですよ^^(OKWAVEより)

品質や原材料に信頼を寄せる口コミが多いですね。

他のフードでは合わなくて『アカナ』を試し始めた方、猫ちゃんの健康状態が少しずつ良い方へと変化している(かもしれない)と希望を持つ方、実際に健康改善を実感している方、いずれにせよ『アカナ』によって状況が悪化していることはないようですね。

特に便通が良くなり体格もしっかりしたという部分で、食材の良さがだいぶ効果を表しているようです。

『オリジン』より価格がお手頃という点でも、評価されています。

まとめ

以上、今回は「アカナ ワイルド・プレイリーキャット」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「アカナ ワイルド・プレイリーキャット」は、健康に欠かせない重要な栄養素を、新鮮な原材料にたっぷり含んだグレインフリーフードであることが分かりました。

食材から出る天然のジュースを使うことで水を一切不使用、自然の栄養と美味しさをそのまま全部キープするために調理法にもこだわっているというのは、嬉しい情報ですね。

また、新鮮な食材使用、栄養素は変わらず、3種類の味のラインナップがあるのもポイント。「ワイルド・プレイリーキャット」が好みでなければ、魚肉の「パシフィカ」やラム肉の「グラスランド」も合わせて試してみては?

高タンパクで栄養たっぷりなので、若くて活発な猫ちゃんにおすすめできるキャットフードです。

キャットフードの達人
スポンサードリンク

14

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です