ミートミールに注意!キャットフード原材料のココをチェック

9

キャットフードの成分や原料を見てみると「ミートミール」という言葉をよく目にします。

「ミート」とは書いてあるけど、肉と同じなのでしょうか?「ミート」言葉に惑わされがちですが、実はこの「ミートミール」、猫に必須な栄養素である肉(タンパク質)とは全くの別物。

今回は、猫業界では要注意の「ミートミール」について。「ミートミール」そのものと、フードを選ぶ上でのチェックポイントをご紹介したいと思います。

[Photo by Phu Thinh Co]

スポンサードリンク

1.ミートミールって何?

まず最初に”ミートミール”とはいったい何なのか。

AAFCO(Association of American Feed Control Officials, アメリカ飼料検査官協会)が定めた定義はこちら・・・

血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。 カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。 ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また精製されたものの中の、ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であること。

[出典:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/9285/Pages/Chapter1/AAFCOdefinition.htm]

コレだけ見ても、なんだかピンとこないですよね。

簡単に言うと、肉そのものではなく、動物の毛や爪といった本来必ずしも食べる必要のないものを含んだ副産物です。肉粉とも呼ばれ、粉状にしたり溶かしたりして混ぜ合わせたものなのですね。

とはいえ、ミートミールは絶対的に猫の身体に悪いのかというとそうでもなく、肉食の猫が、本来獲物を丸ごと食べる時に摂取しているものであり、特に内蔵部分には栄養もたっぷりです。

では、何故こんなにもミートミールが危険視されているのか、次の項目で詳しく説明したいと思います。

2.ミートミールに潜む危険

ミートミールが危険と言われる理由は、このミートミールが実際どのような状態の動物からできているのか、原材料からだけではわからないということです。

4Dミートの危険性!

アメリカの基準で「4Dミート」と呼ばれているものがあります。これは、肉の品質のランクで、霜降り・テンダーカットなどの1ランクに比べて4Dミートは9ランク。7ランク以下は人間が食べることができません。

☑4Dとは・・・

  • Dead 死骸の
  • Diseased 病気の
  • Dying 死にかけの
  • Disabled 障害のある

つまり人間が食べられないもの、廃棄しなくてはならないものをペットフードに使っている可能性があるのです。

どうして4Dミートを使うの?

簡単に言えば、ゴミをペットのご飯に入れているようなものですよね。

これは、メーカー側が原材料の費用を抑えて量を増やしたい、また成分にミートという言葉を入れることにより肉が入っていると思わせたり、見栄えを良くするために行っていると言われています。恐ろしいことですね。

どうすればミートミールが4Dミートだとわかるの?

キャットフードのパッケージを見ただけでは正直わかりません。他の成分と混ざり合い、見た目は着色料などを使えば良い状態に見せることも出来るので、見た目でもわかりません。実際に食べてみたとしてもわからないでしょう。

ただし、そのミートミールが4Dではなかったとしても、ミートミール自体に猫に必要な栄養素はじゅうぶんにありませんよね。ミートミールを主食にしていれば、4Dだろうがなかろうが、いずれは栄養失調や病気を引き起こしてしまうでしょう。

次の項目では、実際にキャットフードを選ぶ時に原材料に「ミートミール」と書かれていたらどのように判断したらいいのか、説明したいと思います。

スポンサードリンク

3.具体的にフードのどこをチェックしたらいいの?

ミートミールは実際に評判の良いキャットフードにも使用されています。そしてミートミールを食べたからといって突然死んでしまうわけでもありません。

もちろん使われていないにこしたことはありませんが、使用の有無以上に問題はミートミールの配分にあります。

では、実際にキャットフードを選ぶ時、原材料のどこをチェックしたら良いのでしょうか。

値段が安すぎるフードに注意!

まずは、1番わかりやすい値段について。安いからといって値段でキャットフードを選ぶのは危険です。値段が安いということは、つまり費用も安く作られているということ。コストを抑えられるミートミールが多く使われていることが多いのです。

ミートミールの配分に着目!

meatmeal

原材料の欄は、必ず使用量の多い順に記載されています。つまり、ミートミールが原材料の上の方に書かれていたら要注意です。

猫の栄養の中でも最も重要なタンパク質である肉(鶏肉・ターキーなど)が主原料にあった上で、その後にミートミールが使われている分にはまだ良いですが、主原料が肉ではなく穀物で、第二原料がミートミールは要注意!

上の画像のフード2つを見てみると、どちらも主原料が穀物。次が肉類ですが、カッコ内にミートミールと記載がありますよね。穀物よりも肉類の方が圧倒的に猫に必要なのに、肝心な肉はミートミールでは、じゅうぶんな栄養とはいえません。

 

ミールがどの動物から出来ているのか、副産物を含んでいるかをチェック

「ミートミール」は肉の総称なので、抽象的で不安ですよね。ただしフードによっては、「チキンミール」や「サーモンミール」のように何の肉(身)なのかを表記しているものもあります。

肉そのものではなくても、内蔵や骨に含まれる栄養素をミールから摂取するというメリットもありますし、粉状にすることで他の材料を混ぜ合わせる時のつなぎとして活用しているメーカーもあります。

そうはいってもやはり「ミートミール」は不安ですね。せめてその「ミート」が「チキン」なのか「サーモン」なのかなどは原材料欄に明記すべきでしょう。

※ちなみに良質なフードに含まれる「チキンミール」は、正体不明の「ミートミール」と一緒にしてはいけません!⇒『チキンミールは良い?悪い?キャットフード成分の見分け方』で詳しくチェック!

まとめ

以上、猫業界では要注意の「ミートミール」について。「ミートミール」そのものと、フードを選ぶ上でのチェックポイントをご紹介しました。

☑ミートミールとは肉ではなく、動物の毛や爪といった本来必ずしも食べる必要のないものを含んだ副産物

☑必ずしも毒ではないが、主食として食べ続けていると栄養失調や病気の原因に

☑「4Dミート」のように本来廃棄しなくてはならないものをペットフードに使っている可能性がある

☑値段がやたらと安いフードは、コストを抑えられるミートミールが多く使われているかも!

☑フードパッケージの原材料欄の上の方(主原料)にミートミールが書かれていたら要注意!

大事な愛猫のために絶対におさえておきたい「ミートミール」についての基礎知識。是非、キャットフード選びの参考にしてみてください!

スポンサードリンク

9

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です