ロイヤルカナン猫用『糖コントロール』を解析!口コミ評判も

15
スポンサードリンク

ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。

今回は、そんな『ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ

[Photo by allen watkin]

「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」とは?

rc-diabetic
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

参考価格
3,700円(内容量2kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1,850円/1kg
1日あたりのコスパ 約102円/日(1日55g換算)
原産国 フランス
メイン食材 肉類(鶏、七面鳥)
酸化防止剤・保存料 ×BHA没食子酸プロピル
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×コーングルテン、小麦、(大麦))

公式サイトを見てみると、「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 糖吸収速度の遅い炭水化物として大麦を使用
  • 高タンパク質・低脂肪・低炭水化物
  • 低カロリー設計

糖尿病の猫のために特別に調製された食事療法食「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」。次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

※療法食は、獣医師の指導が必要となります。獣医さんの指示に従い、個体差や活動量に応じて与えましょう。

ロイヤルカナン 糖コントロール ドライの原材料と成分

続いて、「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:肉類(鶏、七面鳥)、大麦、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、タピオカ、大豆分離タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、チコリー、魚油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、大豆油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-アルギニン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

rc-diabetic2
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

評価Dランク

糖尿病になってしまった猫の身体に配慮したキャットフードとして、糖吸収速度の遅い炭水化物(大麦)やお腹の調子を整える可溶性食物繊維のサイリウムやフラクトオリゴ糖を配合。

主原料には、完全肉食動物の猫に最も重要な栄養素である肉類(鶏、七面鳥)が使用されており、タンパク質をたっぷり配合しています。

成分表を見るとわかる通り、タンパク質は47.6%とかなり高く、その分脂肪と炭水化物を控えめに設定しています。

 

療法食として、糖吸収速度の遅い大麦使用や、高タンパク・低カロリー、豊富な食物繊維など理想的なバランスは整っているものの、心配な点もいくつか。以下、詳しく見ていきましょう。

アレルゲンとなる危険性のある穀類

猫にとって重要度が低い穀類。グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードも増えてきていますよね。

栄養価も高く、糖コントロールフードに欠かせない大麦は良いですが、その他に使われている小麦やコーングルテン(とうもろこしの副産物)は、アレルギー発症の危険性が高いとされる食材です。

グルテンフリー(小麦不使用)、グレインフリー(穀物不使用)の方が猫ちゃんの身体への負担は断然減るでしょう。

強い化学合成の酸化防止剤

添加物で気になるのは何と言ってもBHA、没食子酸プロピルなどの合成の強い酸化防止剤。特にBHAは発がん性があることがわかっています。

健康に影響を及ぼす量ではないことは「ロイヤルカナン」側でも説明がされていますが、毎日の食事で自然と体に堆積していくので、愛猫の体調に異変を感じた時は使用を避け、獣医師に相談しましょう。

動物性油脂について

“動物性油脂”という総称では、いったい何の動物の油脂なのか全くわかりません。あいまい表現は信用できませんよね。

また、動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。実際、BHA、没食子酸プロピルといった強い合成の酸化防止剤が使われているのは、動物性油脂に対してかもしれません。

ロイヤルカナン 糖コントロール ドライの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

うちのネコちゃんは、若年性の糖尿病ですが、元気に1才を迎えられました。一時は死にかけた事もあり、どうなる事かと心配しましたが、インシュリンとエサとで、とても元気になりました。(楽天市場より)

糖尿病療法食ですが、美味しいようで、以前のフードよりくいつきが良いです。
ただ、粒が少々大きいので、高齢になると食べにくいかなぁと思います。(楽天市場より)

好き嫌いが結構あり、とにかく飽きっぽいので、1匹で4キロはいきなり量が多いかと、ちょっと心配しましたが、とても気に入ったようで、カリポリと飽きずに食べていて、減りも早く、大量袋の心配は解消です。(Amazonより)

我が家の猫が糖尿を患い、医師の勧めでこのフードを与えていますが成分には炭水化物の表記もありますが、他に選択肢はほとんどないため、これがベストな選択と信じて使用しています。(Amazonより)

膵炎からくる糖尿病のため、ガリガリなのでこれで少し体重が戻るといいのですが。
ただ、粒が大き目なのが残念です。うちの子は口が小さいので、食べずらそうです。(楽天市場より)

療法食にしては食いつきがよく、糖尿病持ちの猫ちゃんに嬉しいフードですね。実際に食事療法で症状が改善してきたという口コミもありました。

難点としては、口コミのいくつかにもあるように、粒が大きめなところ。口が小さい猫ちゃんや高齢の猫ちゃんにとっては食べづらいので、食べやすく砕いてあげる必要があるかもしれません。

また、原材料についても穀物アレルギーや添加物の影響を忘れずに、異変があればすぐに獣医師に相談しましょう。

まとめ

以上今回は、「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ」は、糖尿病に効果的な原材料を使用した高タンパクフードであることが分かりました。

糖尿病の療法食として効果は出ているようですが、アレルゲンになりやすい穀類や、いくら少量といえども強い人工添加物(酸化防止剤)が使われていることは覚えておきましょう。

症状が治まるまでの療法食として活用したいですね。

▶️その他、「ロイヤルカナン」の情報はこちら

スポンサードリンク
15

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です