失敗しないキャットフードの選び方|5つのポイントを徹底解説

キャットフードを選ぶうえで、次のような不安を感じる飼い主さんが多いのではないでしょうか。

キャットフードの種類が多すぎて、
どれが一番いいのかがわからない…
ネットでおすすめされているフードは
本当に信頼できるのだろうか…

このような悩みをもつ方のために、この記事では、失敗しないキャットフードの選び方について解説します。

猫の食事にはキャットフードが最適

まず前提として、猫には「キャットフード」を与えましょう

手作りのご飯を与えるという選択肢もあるものの、キャットフードのほうがより安心・安全です。

キャットフードには、1粒1粒に必要な栄養がバランスよく含まれているからです。

そのため、猫の食事にはキャットフードを選びましょう。

キャットフード選びのポイント

当サイトでは、失敗しないキャットフードの選び方として、5つのポイントを挙げています。

  1. 危険な原材料のないフードを選ぶ
  2. 栄養成分に過不足ないフードを選ぶ
  3. 安全性が高いフードを選ぶ
  4. 買い求めやすい価格のフードを選ぶ
  5. 利便性の高いフードを選ぶ

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

①危険な原材料のないフードを選ぶ

キャットフード選びの1つ目のポイントは、危険な原材料や添加物が入っていないものを選ぶという点です。

「害のある原材料が使われていないかどうか」ということは、キャットフード選びにおいて最も重要な部分です。

危険な原材料が入っていると、悪い物質が猫の体内にたまり、病気などの問題につながってしまうからです。

下記のような成分は、体害のある原材料の例です。

体に良くない原材料の例
ミートミール 低品質な肉の可能性あり
危険な消毒剤が入っていることも
ミートエキス
とうもろこし (とうもろこしの含有量が多いフードの場合)
糖質過多になる可能性があり
小麦 アレルゲンになりやすい
グルテンが消化に悪い
表記が曖昧な動物性油脂 何の油を使っているか明記していないため、粗悪な油が使われている可能性あり
体に良くない添加物の例
エトキシキン 酸化防止剤で毒性がある
BHA
BHT
赤色2号 単に見栄えを良くするためだけの着色料であるため、健康被害が出る可能性あり
青色2号
黄色5号

キャットフード選びでは、上記のような危険な原材料や添加物が含まれないものを選ぶことが大切です。

②栄養成分に過不足ないフードを選ぶ

キャットフード選びの2つ目のポイントは、栄養成分に過不足ないフードを選ぶという点です。

猫の食事には、必要な栄養素と量が決まっています。

必要な栄養素(目安)
タンパク質 成猫:26%以上
子猫:30%以上
脂肪 15~29%
繊維 3~10%
灰分 5%

猫の成長段階によって、成分が多すぎたり、不足しすぎたりしないフードを選ぶことが必要です。

③安全性が高いフードを選ぶ

キャットフード選びの3つ目のポイントは、安全性が高いフード・販売会社を選ぶという点です。

どこで作られているかよくわからないフードや、過去に問題があったフードを買うのは、猫の健康にとって心配ですよね。

以下のように安全が担保されたフードであれば、安心して猫に与えることができます。

  • おもな原材料の産地を明記している
  • 獣医師の監修・推奨がある
  • 製造工場の場所が明らかである
  • 過去にリコールなどの問題が起きていない

④買い求めやすい価格のフードを選ぶ

キャットフード選びの4つ目のポイントは、買い求めやすい価格のフードを選ぶという点です。

キャットフードは毎日与える消耗品です。

そのため、継続して購入していける値段のフードを選ぶことも重要になってきます。

「価格が安い」という理由だけでキャットフードを購入すると、低品質なフードを選んでしまう可能性があります。

そのため、猫の健康のためには、値段だけでなく、原材料や成分も必ず確認しましょう。

⑤利便性の高いフードを選ぶ

5つ目のポイントは、利便性の高いフードを選ぶという点です。

購入方法が豊富なフードや、オプションがあるフードなど、便利なものを選ぶと継続もしやすいです。

具体的には、下記のようなメリットがあるキャットフードは利便性が高いです。

  • 買える場所が多い
    (公式サイト、Amazon、楽天、店舗など)
  • 初回割引がある
  • お試しパックがある
  • 定期購入ができる
  • お客様相談室の連絡先が公開されている
  • 返金・返品保証がある
  • 重さの種類がある
  • 送料無料オプションがある…etc

まとめ

以上、この記事では、キャットフードの選び方について解説しました。

ポイントをおさらいしましょう。

  1. 危険な原材料のないフードを選ぶ
  2. 栄養成分に過不足ないフードを選ぶ
  3. 安全性が高いフードを選ぶ
  4. 買い求めやすい価格のフードを選ぶ
  5. 利便性の高いフードを選ぶ

上記の点を参考にキャットフードを比較し、愛猫に最適な商品を見つけましょう。