便臭軽減!うんちの臭いを抑えるキャットフードランキング

最近、愛猫のうんちの臭いがやたらくさい、少しでも臭いを抑えたい・・・。

今回は、そんな悩める猫ちゃんと飼い主さんにおすすめの、便臭が抑えられたという口コミ評判のあるキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

ウンチが臭くなるのは何故?

まず最初に、ウンチは身体に不要な排泄物ですから臭いのは当たり前。人間も猫も同じですよね。

でも同じ臭さでも、強烈なニオイの時とそうでもない時があるのではないでしょうか。いつも以上にウンチが臭いときは、お腹に合わないものを食べたり、消化不良を起こしている可能性があります。

  • 穀類が多いフードを食べさせている
  • 栄養のバランスが悪い/偏っている
  • 身体に負担となる添加物が入っているフードを食べさせている

上のような心当たりがあってウンチが異常に臭い場合は、今あげているフードを見直す必要があるでしょう。

便臭が気になる猫ちゃんにおすすめのキャットフードランキング

  1. 主原料が肉・魚
  2. 穀類が控えめ
  3. 腸に優しい成分配合

この3つのポイントを考慮した上で、おすすめのキャットフードをランキングにしました。

第5位:ティンバーウルフ セレンゲッティ

Serengeti
  • ランク:Bランク
  • 1日あたりのコスパ¥222

チキンをベースに、穀類一切不使用のグレインフリーフード「ティンバーウルフ セレンゲッティ」。消化に悪いイネ科の穀類の代わりに、栄養価の高い豆類、さつまいも、海藻、そして新鮮な野菜と果物をたっぷり配合しています。

また、腸の動きを活発にする発酵生成物が多く含まれているので、腸内環境を整えると共に便秘などの改善の効果もありそうですね。


Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

第4位:ジャガー

jaguar
評価 Aランク
価格 ¥4,280
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約384kcal
メイン食材 骨抜きチキン生肉
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月

主原料にはチキンをはじめとした数種類の肉や魚のタンパク源を使用。さらに、マルベリーや朝鮮ニンジンといったスーパーフードが入っている贅沢素材のキャットフード「ジャガー」。

食物繊維が豊富で消化吸収に優れたさつまいもや、お腹に優しいプロバイオティクス配合で、便のニオイを軽減し、健康的な便通を促します。

ジャガー公式ページはこちら

第3位:シンプリー

symply
評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約380kcal
メイン食材 骨抜き生サーモン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

サーモンのタンパク質たっぷり「シンプリー」。健康維持フードとして獣医さんも自信を持っておすすめしています。

消化吸収に優れたサーモンを主原料に、猫の身体に負担になる穀類一切不使用のグレインフリー。【高タンパク・低炭水化物】のバランスもバッチリですね。

食物繊維が豊富でお腹に優しいさつまいもやオリゴ糖を使用し、便の調子を整え便臭を抑えてくれます。

シンプリー公式ページはこちら

第2位:モグニャン

評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約374kcal
メイン食材 白身魚(スケトウダラ)
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

白身魚のスケトウダラをメインにたっぷり使った「モグニャン」。

消化吸収に優れた白身魚を主原料に、食物繊維が豊富で健康的な便通を促すさつまいも、かぼちゃ、ひよこ豆などのヘルシーな食材が並びます。

猫の消化に悪いイネ科の穀類は一切不使用(グレインフリー)で、消化だけでなくアレルギー予防にも役立ちます。

モグニャン公式ページはこちら

第1位:カナガン

kanagan
評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約390kcal
メイン食材 乾燥チキン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

“お肉たっぷり・穀物不使用・100%無添加”のプレミアムキャットフード「カナガン」。

原材料がとても良いので、便の調子がバツグンに良くなった、便のニオイが気にならなくなったという口コミ多数。

主原料には新鮮な鶏肉をたっぷり使用。イネ科の穀物は一切使わず(グレインフリー)、代わりに消化・腹持ち共によく、抗酸化作用に優れ、食物繊維を豊富に含むサツマイモを使用しています。

腸内の善玉菌を成長させ、活性化する作用のあるフラクトオリゴ糖配合で、お腹にも優しいフードです。

カナガン公式ページはこちら

便臭が気になる猫ちゃんへのキャットフードを選ぶときのポイント

キャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

便のニオイを抑える効果がある専用のフードはなかなかないですが、栄養バランスのとれたフードなら自然とニオイも軽減されますよ。

肉・魚などのタンパク質がメインのフードを選ぶ

完全肉食動物である猫にとって最も重要な栄養素は“動物性のタンパク質”、つまり肉や魚です。猫の身体に必要な栄養をバランスよく摂取するためにも、主原料が肉・魚のフードを選ぶのは基本中の基本。

新鮮な肉・魚をメインにたっぷり使っているものを選びましょう。低アレルギーで消化吸収に優れたものならサーモンがおすすめ。

穀類が控えめのものを選ぶ

穀類は、肉食動物の猫の体内では上手く消化できず、消化不良の原因になりやすいです。さらにトウモロコシや小麦はアレルギー発症の危険性も高いので、なるべく穀類が入っていないフードを選びましょう。

お腹(腸)に優しい成分が入っているものを選ぶ

便臭を少しでも軽減するために、何はともあれ腸の働きを活発にすることが大切。お腹に優しい乳酸菌抗酸化作用のある食材を含んだものを選びましょう。

猫の身体に有害な添加物が入っていないことは、もちろん大前提です。

 

是非、キャットフード購入の参考にしてみて下さい!

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。