猫の毛並み・毛艶が良くなる!キャットフードのランキング

最近、愛猫の毛づやや毛並みが悪い・・・パサついていたり、逆にべたついていたりと気になりますよね。

今回は、猫ちゃんの毛づや・毛並みが良くなると評判のおすすめキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

毛づや、毛並みが良くなるおすすめキャットフードランキング

  1. 優れた栄養バランス
  2. 低アレルギー
  3. 毛並みを良くする栄養素

この3つのポイントを考慮した上で、食いつきの良いおすすめキャットフードをランキングにしました。

第5位:ジャガー

評価 Aランク
価格 ¥4,280
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約384kcal
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月

人間から見ても贅沢なほど、新鮮なお肉や野菜がたっぷり使われているプレミアムキャットフード「ジャガー」。

動物性タンパク質をなんと原材料の80%使用。非常に高タンパクのフードです。(※高タンパクフードは、腎臓や肝臓が弱い猫やシニア猫にはおすすめできません。)

生サーモンやサーモンオイルはDHAが豊富で、血液をサラサラに。血液から皮膚に、皮膚から被毛に良い影響を及ぼします。

ジャガー公式ページはこちら

第4位:NOWフレッシュ

now
評価 Aランク
価格 ¥5,616
1.81kg
カロリー(100gあたり) 約386.2kcal
生産国 カナダ
酸化防止剤 ビタミンE(ミックストコフェロール)
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月

主原料にはターキー(七面鳥肉)を使用。アレルギーに配慮して穀物を一切使用していないグレインフリーキャットフード「NOWフレッシュ」。名前の通り、フレッシュな食材にこだわっています。

猫に必要な栄養バランスはもちろん、毛質・毛並み・皮膚の調子を整える効果があるビタミンAやビオチン配合。オメガ6とオメガ3脂肪酸のバランスが良いフラックスシードオイルとキャノラ油が使われています。

食いつきもよく、毛艶も良くなり、目やにも出にくくなったという嬉しい口コミもあり、信頼して与えることができるフードです。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

第3位:カナガン

kanagan
評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約390kcal
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

新鮮なチキンたっぷり、100%無添加・穀物不使用(グレインフリー)の3拍子がそろった栄養たっぷりのプレミアムフード「カナガン」。

新鮮な鶏肉を60%配合で食いつきもバツグン。アレルギーに配慮してイネ科の穀類は一切使わず、消化・腹持ち共によく、抗酸化作用に優れ、食物繊維を豊富に含むサツマイモを使用しています。

DHA源となるサーモンオイルや、ビタミンAも豊富に配合。オメガ6とオメガ3脂肪酸のバランスも良いことが成分表を見ればわかります。

毛並みが良く成った、毛艶が良く成ったなどの口コミも多く、安心してあげることができるSランクのフードです。

カナガン公式ページはこちら

第2位:シンプリー

symply
評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約380kcal
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

猫に重要な栄養素、動物性タンパク源のサーモンを使用したヘルシーフード「シンプリー」。

主原料のサーモンは、アレルギーの心配も少なく消化吸収に優れているだけでなく、血液をサラサラにする効果のあるDHA(ドコサヘキサエン酸)を含んでいるので、毛づやや皮膚トラブルに効果的です。

「シンプリー」の1番の強みは、健康リスクに配慮した栄養バランス。実際に多くの猫ちゃんが便や、毛並みの改善を実感しています。

シンプリー公式ページはこちら

第1位:ファインペッツ

finepets
評価 Sランク
価格 ¥2,469 ※初回お試し¥540
1kg
カロリー(100gあたり) 約427.2kcal
生産国 オランダ
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 全粒米のみ
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

世界最高品質のヒューマングレード(人間が食べることができる)キャットフード「ファインペッツ」。品質にこだわったアヒル肉&ニシンがメインのSランクフードです。

毛質を整えるビタミンA、ビオチン、そしてオメガ6とオメガ3脂肪酸のバランスがとれた亜麻仁が使われています。

病気持ちの猫ちゃんの体調がみるみる良くなるという口コミも多く、優れた栄養バランスによって自然と健康的な毛並みに導いているのがわかります。

剛毛でぺしゃんとした毛並みが、みるみるフカフカになったという嬉しいコメントも。一度試してみる価値はじゅうぶんにありますよ。

ファインペッツ公式ページはこちら

毛づや・毛並みが良くなるキャットフードを選ぶときのポイント

毛づや・毛並みが良くなるキャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

栄養バランスに優れたものを選ぶ

まずは何よりも栄養バランスに優れたフードを選びましょう。

完全肉食動物の猫にとって、最も重要な栄養素は動物性タンパク源、つまり肉や魚です。

  • 主原料が新鮮な肉・魚(タウリン・アミノ酸)
  • 消化に悪い穀類は少なめ
  • ビタミン・ミネラルを豊富に含む

などなど、原材料をチェックして【高タンパク・低炭水化物】の理想的な栄養バランスのフードを選びましょう。

アレルギーの心配のないものを選ぶ

栄養バランスが悪い上に、アレルギー反応を起こしやすい食材の入ったフードは、毛並みどころか体調まで悪化させてしまいます。

例えば、理想的な【高タンパク・低炭水化物】からかけ離れた、穀類(炭水化物)がメインのフードや、猫に不要な着色料や有害な酸化防止剤などの人工添加物が入ったフードは避けるようにしましょう。

毛並みを良くする栄養素を含んでいるものを選ぶ

猫ちゃんの毛並みを良くする効果のある栄養素を含んでいるのは嬉しいですね。

  • 皮膚の炎症を抑えて毛づやをよくするEPA、DHAなど(オメガ3脂肪酸)
  • 毛質を整えるγリノレン酸など(オメガ6脂肪酸)
  • 毛質・皮膚の改善に役立つビオチン
  • 皮膚の細胞の入れ替えや皮脂の分泌に役立つビタミンA

上のような栄養素をバランスよく含んでいることが大切。(多すぎても少なすぎてもダメ。)

特にオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスがとれた(オメガ3が少なくなりがち)植物性油脂のフラックスオイル(亜麻仁油)や、カノラ(キャノラ)オイルなどは効果的といわれています。

 

是非、キャットフード選びの参考にしてみて下さい!

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。