目的別キャットフード

魚メインのおすすめキャットフード5選|サーモン・白身魚を使用した猫の餌は?

まや
まや
こんにちは、愛猫家のまやです!
この記事では、魚を使用したフードの選び方やおすすめのキャットフードを紹介します。

日本は魚の消費量が多いことから、猫の好物のイメージとしても定着しています。

猫に美味しく食べてもらうために、魚を使用したキャットフードを探している飼い主さんも多いのではないでしょうか。

「魚がメインのフードはどれがおすすめ?」
「魚はどんな猫に合うの?」
「魚と肉はどちらを与えたら良い?」

そんな疑問をお持ちの方は、この記事を参考にしてみてください。

当サイトに掲載しているキャットフードは、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

今すぐ魚使用の
おすすめ
キャットフードを見る

魚のみのキャットフードは珍しい

実は、「魚がメイン」「魚がベースになっている」というフードは多くありますが、「魚のみ」を使用しているキャットフードは珍しいです

魚だけでタンパク質を補給しようとすると、非常に多くの魚が必要になり、灰分(ミネラル)も多くなってしまうからです。

灰分を調整するために魚の量を少なくしたり、チキンやターキーなど他の肉類を使用したりします。

その結果、他の肉類を使用せず、魚だけで構成されたキャットフードは珍しいと言えるのです。

魚を使用したキャットフードの特徴

魚を使用したキャットフードには以下のような特徴があります。

  • 消化吸収が良い
  • 低アレルギー
  • タウリンが豊富
  • オメガ3脂肪酸が豊富

以下、それぞれ詳しく解説します。

消化吸収が良い

猫にとって魚は、消化吸収に優れた食材です

猫はもともと肉食なので、腸が短く、動物性タンパク質が消化しやすいのです。

特に、サーモンは消化に負担をかけにくいとされています。

低アレルギー

魚は、猫にとってアレルゲンになりにくいとされています

肉類にアレルギーがある場合、代わりに魚を多く使用したキャットフードを選ぶと良いでしょう。

タウリンが豊富

魚には、猫の必須アミノ酸であるタウリンが豊富に含まれています

タウリンは目や心臓・肝臓の健康を維持するのに欠かせませんが、猫の体内でつくり出せないため、食事から摂取する必要があります。

特にアジやイワシ、サンマなどの青魚に多く含まれています。

オメガ3脂肪酸が豊富

また、魚にはオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)も豊富に含まれています

オメガ3脂肪酸は血液の循環を良くして血脳神経を活性化させたり、コレステロールを下げて中性脂肪を減らしたりします。

また、抗炎症作用もあるため、健康的な皮膚や美しい毛並みにも役立ちます。

魚を使用したフードがおすすめの猫

魚を使用したキャットフードは以下のような猫におすすめです。

  • シニア猫
  • 肥満気味の猫
  • アレルギー体質の猫
  • 毛並みが気になる猫

以下、それぞれ詳しく解説します。

シニア猫

魚を使用したフードは、7歳以上のシニア猫におすすめできます

魚は高タンパク低カロリーなので、運動量や代謝の低下するシニア期にはぴったりの食材です。

また、オメガ3脂肪酸が血液をサラサラにすることで腎臓への負担が減ります。

猫は腎臓病にかかりやすいので、シニア猫の日頃のケアとしても向いているでしょう。

シニア猫(7歳以上)におすすめキャットフード5選!高齢猫用にいつから切り替える? 猫の7歳は、人間の年齢で44歳にあたります。 食欲や消化機能が落ちるなど、体の変化はどうしようもないことですが、元気で長生...

肥満気味の猫

魚を使用したフードは、肥満気味の猫にもおすすめです

魚はチキンなど他の肉類に比べるとヘルシーなので、ダイエットに向いています。

肥満対策!ダイエットにおすすめのキャットフードランキング最近ちょっと太り気味になってきた、元気なのは良いけど食べ過ぎ、運動せずに寝てばっかりで太りそう・・・そんな愛猫への悩みを抱える飼い主のみ...

アレルギー体質の猫

魚は低アレルギーなので、アレルギーに敏感な猫にもおすすめです

他の肉類でアレルギー症状が出てしまったら、魚がメインのフードに変えると改善する可能性があります。

ただし、魚を使用したフードに他の肉類が含まれているかしっかり確認しましょう。

猫のアレルギー対策におすすめのキャットフード4選|症状・対処法は? この記事では、猫の食物アレルギーの症状や対処法を解説したうえで、アレルギー対策におすすめのキャットフード4選を紹介します。 今...

毛並みが気になる猫

魚を使用したフードは、毛並みが気になる猫に与えるのも良いでしょう

魚に含まれるオメガ3脂肪酸が皮膚の健康をサポートし、美しい被毛につながります。

毛玉ができやすい長毛種の猫のケアにも適しています。

猫の毛並み・毛艶を良くするおすすめキャットフード5選|綺麗にする対策も解説 猫の毛並み・毛艶は健康状態も反映されるので、重要なサインです。 特に、メインクーンやラグドールなどの長毛種の猫は日頃のお手入れ...

魚を使用したフードの選び方

魚を使用したキャットフードを選ぶ時には、以下の4つのポイントを抑えましょう。

選び方のポイント 目的
①魚の品質が高い 消化に負担をかけにくくする
安全性を確保する
②青魚が過剰でない 不飽和脂肪酸の過剰摂取を防ぐ
③穀類不使用または少なめ 消化機能の低下を防ぐ
高血糖を防ぐ
肥満を防ぐ
④人工添加物不使用 免疫低下や内臓疾患のリスクを下げる

以下、それぞれ詳しく解説します。

①魚の品質が高い

消化に負担をかけにくくするために、魚の品質が高いフードを選びましょう

品質が不明だと、消化しにくかったり、猫の健康に害を及ぼしたりする恐れがあります。

  • フィッシュミール
  • フィッシュエキス
  • 魚粉

上記のような原材料は、「いつ、どこで獲れたどんな魚か」が不明です。

より消化しやすくするために、「新鮮サーモン」「日本海で獲れたカツオ」など品質が明らかになっているフードがおすすめです。

関連記事:ヒューマングレードのおすすめキャットフード
関連記事:オーガニック認証ありのキャットフード

②青魚が過剰でない

不飽和脂肪酸を過剰摂取しないために、青魚を多用していないフードを選びましょう

青魚にはオメガ3脂肪酸などの「不飽和脂肪酸」が多く含まれています。

猫が不飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、「イエローファット(黄色死亡症)」という病気を引き起こしてしまいます。

そのため、どんな魚を使用しているのかまで確認し、青魚が過剰にならないように注意することが大切です。

青魚 白身魚
特徴 不飽和脂肪酸が豊富 鉄分が豊富
アジ
イワシ
サバ
サンマ
ニシン
マグロ
カレイ
サーモン/サケ
タイ
タラ
ヒラメ
フグ

③穀類不使用または少なめ

消化機能の低下を防ぐために、穀物不使用(グレインフリー)のフード、または少量しか使用していないフードを選びましょう

小麦やトウモロコシといった穀物には炭水化物が多く含まれています。

「40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすことがある」と報告されているため、摂り過ぎないことが望ましいです。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすことがあると報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

[引用:三鷹獣医科グループ]

関連記事:グレインフリーのおすすめキャットフード

④人工添加物不使用

健康的な成長のために、危険な人工添加物が含まれていないフードを選びましょう

危険性が高い 危険性が低い
香料
着色料
BHT、BHA
香料(天然由来)
酸化防止剤(ローズマリー抽出物など天然由来)

天然由来でない添加物は、種類によっては発がん性などのリスクがあるほか、免疫が低下したり、内臓疾患を起こしたりします。

関連記事:危険性のある人工添加物

魚使用のおすすめキャットフード5選

魚を使用したおすすめのキャットフードをまとめると以下のようになります。

フード名 原材料の魚
モグニャン 白身魚65%
カナガンキャットフード サーモン 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%
GRANDS(グランツ)サーモン成猫用 フレッシュサーモン(25.00%)、脱水サーモン(21.77%)
アカナ パシフィカ 新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%)、新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%)、新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、太平洋タラミール(8%)、丸ごとシロガネダラミール(8%)、新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%)、新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%)
オソピュア フレッシュサーモン、ドライサーモン

青文字は青魚です。

まや
まや
フード名をクリックすると、詳細に飛びます!

モグニャン

パッケージ
商品名 モグニャンキャットフード
価格 ■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
2〜5個:3,366円(税込3,702円)
6個以上:3,168円(税込3,484円)
100gあたり 233円〜290円
対象 全猫種・全年齢
原産国 イギリス カロリー 379kcal
/100g
目的 主食 タイプ ドライフード
主原料 白身魚65%
賞味期限 未開封:18ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:5〜6mm

販売元 株式会社レティシアン
https://laetitien.co.jp/

モグニャンは、ヒューマングレードの白身魚を65%使用したキャットフードです。製造工場はFEDIAFの基準をクリアしており、獣医師による推奨も受けているため安全性が高く、定期購入できるため利便性も高いと言えるでしょう。

魚の特徴

当サイトで最もおすすめするキャットフードです。原材料のうち、人間も食べられる品質の白身魚が65%を占めます。

また、「愛猫家が選ぶ 人気NO.1キャットフード」「愛猫家が選ぶ 愛猫に与えたいキャットフードNO.1」を獲得しているので、話題性のあるフードを選びたい飼い主さんにおすすめです。

\定期コースなら最大20%OFF!/

公式サイトはこちら解析記事

カナガンキャットフード サーモン

パッケージ
商品名 カナガンキャットフード サーモン
価格 ■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
2〜5個:3,366円(税込3,702円)
6個以上:3,168円(税込3,484円)
100gあたり 233円〜291円
対象 全猫種・全年齢
原産国 イギリス カロリー 398kcal
/100g
目的 主食 タイプ ドライフード
主原料 生サーモン
賞味期限 未開封:18ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:約5〜10mm(円形)

販売元 株式会社レティシアン
https://laetitien.co.jp/

カナガンは、魚を60%以上配合し、タウリンも豊富に含まれているキャットフードです。製造工場はFEDIAFの基準をクリアしており、獣医師による推奨も受けているため安全性が高いと言えるでしょう。

魚の特徴

サーモンやニシン、白身魚など数種類の魚を合計60%以上使用しています。

高タンパクなだけにカロリーも高めなので、肥満には注意しましょう。

\定期コースなら最大20%OFF!/

公式サイトはこちら解析記事

GRANDS(グランツ) サーモン成猫用

パッケージ
商品名 GRANDS(サーモン成猫用)
価格 ■通常価格
1.5kg(500g×3袋):
3,900円(税込4,290円)
■ごちそう定期便
初回:3,510円(税込3,861円)
2回目:3,431円(税込3,774円)
3回目:3,355円(税込3,690円)
4~5回目:3,275円(税込3,603円)
6~7回目:3,237円(税込3,561円)
8~9回目:3,199円(税込3,519円)
10~11回目:3,158円(税込3,474円)
12回以上:3,120円(税込3,432円)
■お試しサンプル
500g:500円(税込550円)
100gあたり 110円〜286円
対象 全猫種・1歳〜
原産国 フランス カロリー 361kcal
/100g
目的 総合栄養食 タイプ ドライフード
主原料 フレッシュサーモン
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:約1ヶ月
粒の形

直径:8mm

販売元 株式会社リブアンドカンパニー(LiB&Co. Inc.)

グランツは、原材料のうちサーモンが48%以上を占める無添加キャットフードです。人工着色料・保存料・香料は一切使用しておらず、猫の消化に負担をかけないように穀物も不使用です。

魚の特徴

新鮮なサーモンと、低温でじっくり水分を飛ばしたサーモンを組み合わせています。

チキンファットやチキンプロテインも加えることで、栄養バランスを整えています。

\税込550円で500g試せる/
※大好評により品薄となっているため、一部商品の販売を一時停止しています。
(2022年2月時点)

公式サイトはこちら解析記事

アカナ パシフィカ

パッケージ
商品名 ACANAレジオナル 猫用 パシフィカ
価格 340g:1,718円(税込1,890円)
1.8kg:3,727円(税込4,100円)
4.5kg:7,122円(税込7,834円)
※Amazonの価格
100gあたり 174円〜555円
対象 全猫種・全ライフステージ
原産国 カナダ カロリー 393.0kcal
/100g
目的 総合栄養食 タイプ ドライフード
主原料 新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%)
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月
粒の形

直径:約1cm

販売元 製造:チャンピオンペットフーズ社
https://www.acana.com/en-US/homepage
販売:株式会社トランペッツ
https://trumpets-shop.jp/

アカナは、原材料の75%に魚類、25%にフルーツや野菜を使用したフードです。カナダ西部の海で獲れたニシンやイワシが主原料で、自然に近い高タンパクなレシピになっています。

魚の特徴

ニシンやイワシなどの青魚と、カレイやタラミールなどの白身魚をバランス良く使用しています。

魚だけでも高タンパク高カロリーなので、子猫や運動量の多い猫におすすめです。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

解析記事

オソピュア

パッケージ
商品名 オソピュアグレインフリー
フィーライン サーモン&ガルバンゾー(猫用)
価格 900g:2,415円(税込2,656円)
1.8kg:4,042円(税込4,446円)
4.5kg:8,378円(税込9,216円)
100gあたり 204円〜295円
対象 全猫種・全年齢
原産国 アメリカ カロリー 386.1kcal
/100g
目的 総合栄養食 タイプ ドライフード
主原料 フレッシュサーモン
賞味期限 未開封:14ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:約8mm
厚み:約5mm

販売元 製造:アーテミス社
販売:株式会社ケイエムテイ
https://kmt-dogfood.com/

オソピュアは、穀物を使用せず、栄養豊富なガルバンゾー豆(ひよこ豆)を配合したキャットフードです。じっくり低温で調理するHIT製法によって栄養素を閉じ込めています。

魚の特徴

主原料に、猫の食いつきが期待できる新鮮なサーモン生肉を使用しています。

同じシリーズに缶詰タイプもあるので、ドライフードの食いつきが悪い猫におすすめです。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみるxn--u9jxgqcuaf5exexjs94xjdzh.com/artemis-osopure

解析記事

よくある質問

魚を使用したキャットフードを選ぶ時に、よくある質問をまとめました。

魚を使用したフードのデメリットは?

飼い主さん
飼い主さん
魚を使用したキャットフードのデメリットはありますか?
まや
まや
デメリットは、「成長期にはカロリーが足りない」「イエローファットのリスクがある」「価格が高め」の3点です。

まず、魚を使用したフードは低カロリーであることが多いので、多くのエネルギーが必要な成長期の子猫はエネルギー不足になってしまうことが考えられます。

また、青魚が多いフードばかり与えていると、不飽和脂肪酸の過剰摂取になってしまい、イエローファットのリスクが高まります。

最後に、原材料の供給ルートの関係から、肉類がメインのフードよりも価格が高いことが多いです。

以上、3つのデメリットはあるものの、猫の健康を害することではありません。

魚と肉はどちらがおすすめ?

飼い主さん
飼い主さん
魚と肉、どちらがメインのフードを与えれば良いですか?
まや
まや
魚も肉も、それぞれメリットとデメリットがあるため、一概には言えません。

魚は比較的肉よりもヘルシーなので、シニア猫や肥満気味の猫におすすめです。

一方、肉は高タンパク高カロリーなので、成長期の子猫や運動量の多い猫に向いているでしょう。

猫の好みにもよるので、様々な種類を与えてみて、どちらが良いか判断しましょう。

子猫に魚を使用したフードをあげて良い?

飼い主さん
飼い主さん
魚がメインのキャットフードはカロリーが低いので、子猫にはあげないほうが良いですか?
まや
まや
いいえ。子猫にも、魚がメインのキャットフードをあげて大丈夫です

魚がメインでも、肉を混ぜることで高カロリーになっているフードもあります。

また、子猫はフードの好き嫌いを決める重要な時期です。肉も魚もバランス良く与えることで、成猫になった時の好みの幅が広がるので、積極的に様々なフードをあげましょう。

まとめ

以上、この記事では、魚を使用したおすすめのキャットフードを紹介しました。

まや
まや
最後におすすめのフードをおさらいしましょう!
フード名 原材料の魚
モグニャン 白身魚65%
カナガンキャットフード サーモン 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%
GRANDS(グランツ)サーモン成猫用 フレッシュサーモン(25.00%)、脱水サーモン(21.77%)
アカナ パシフィカ 新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%)、新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%)、新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、太平洋タラミール(8%)、丸ごとシロガネダラミール(8%)、新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%)、新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%)
オソピュア フレッシュサーモン、ドライサーモン

青文字は青魚です。

フード選びの参考にしてくださいね。

おすすめフードはこちら!
飼い主さん
飼い主さん
愛猫に合ったキャットフードを選びたいけど、種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…

そんなお悩みをお持ちの方には、以下のフードをおすすめします。

おすすめフード5選
モグニャンキャットフード
カナガンキャットフード チキン
カナガンキャットフード サーモン
ジャガーキャットフード
GRANDS(チキン&サーモン全年齢用)

どれも「危険な添加物不使用」「グレインフリー」「お得な定期コースあり」です。

おすすめフード5選を見る

猫種から選ぶ場合はこちら!

アビシニアン アメリカンショートヘア アメリカンカール
エキゾチックショートヘア サイベリアン シャルトリュー
シンガプーラ

スコティッシュフォールド スフィンクス
ソマリ ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア
ペルシャ猫 ベンガル猫 マンチカン
メインクーン ラグドール ロシアンブルー
こんな記事もおすすめ
目的別キャットフード

成猫用(1歳〜6歳)おすすめキャットフード5選|本当に安全なのは?選び方も解説!

2017年9月1日
キャットフードの達人
一般的に、猫は1歳を目安に子猫から成猫になります。 子猫の時期とは必要なエネルギー量が異なるため、だんだんと成猫用(アダルト用)のフードに …
目的別キャットフード

鹿肉(ベニソン)使用のおすすめキャットフード5選!高タンパク低カロリーで鉄分も豊富

2016年5月19日
キャットフードの達人
鹿肉といえば、狩猟で得た食材を使った「ジビエ料理」をイメージする方が多いのではないでしょうか。 鹿肉は高タンパクでありながら低脂肪・低カロ …