キャットフードの解析とレビュー

アカナ パシフィカの口コミ評判・解析レビュー|カナダ産天然魚が豊富なキャットフード

ACANA(アカナ)は、カナダの天然魚をふんだんに使用したグレインフリーのキャットフードです。

当サイトでは、以下のような猫や飼い主さんにアカナをおすすめします。

こんな猫におすすめ
魚が好き
どのフードも食いつきが悪い
穀物アレルギーがある
こんな飼い主さんにおすすめ
穀物不使用のフードを探している
色んな味でローテーションしたい
手に取りやすい価格のフードが欲しい

この記事では、アカナを独自の観点から徹底的に解析しました。加えて、良い口コミや悪い評判、取扱店舗もまとめています。

まや
まや
この記事では、アカナの中でも「パシフィカ」について解説しています。

他にも、「ワイルドプレイリー」「グラスランド」「ランチランド」があります。

当サイトに掲載しているキャットフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。また、この記事は2021年12月時点の情報です。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)の解析結果

総合評価4.40
Aランク(S〜Eランクで評価)
フードの評価基準を見る
メリット穀物不使用で安心
ヒューマングレード
手に取りやすい価格
デメリット獣医師の推奨がない
少量サイズのお試しがない
高タンパクなぶん、高カロリー

アカナは、原材料の75%に魚類、25%にフルーツや野菜を使用したフードです。カナダ西部の海で獲れたニシンやイワシが主原料で、自然に近い高タンパクなレシピになっています。

ちなみに、2017年4月と2021年4月に原材料・成分・パッケージがリニューアルされました。

まやの見解
まやの見解
高タンパク、そして高カロリーのフードです。子猫や運動量の多い猫におすすめできます。

Amazonでは猫用の新しい種類も販売されていますが、公式サイトでは猫用のフードは4種類しか記載がありません。ちなみに、オリジン」と同じ製造元です。


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

原材料の解析結果を見る
まや
まや
好ましい食材ばかり使われているため、満点の5.00点です!

アカナ(パシフィカ)の原材料は以下の通りです。(当サイトの基準で好ましい食材は緑文字心配な食材は赤文字判断できない食材は太字で表記しています。)

新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%), 新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%), 新鮮丸ごとアブラカレイ(8%), 丸ごとニシンミール(8%), 太平洋タラミール(8%), 丸ごとシロガネダラミール(8%), 丸ごとグリンピース, 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごと緑レンズ豆, タラ油(6%), 新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%), 新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%), 丸ごとピント豆, 丸ごとイエローピース, コールドプレスヒマワリ油, 日干しアルファルファ, 乾燥ブラウンケルプ, 新鮮カボチャ, 新鮮バターナッツスクワッシュ, 新鮮パースニップ, 新鮮グリーンケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮カブラ菜, 新鮮ニンジン, 新鮮レッドデリシャスリンゴ, 新鮮バートレット梨, フリーズドライタラレバー(0.1%), 新鮮クランベリー, 新鮮ブルーベリー, チコリー根, ターメリックルート, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ,フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存)

添加栄養素:ビタミンE、K、コリン、亜鉛、銅

食材名詳細
ニシン、イワシ、
カレイなど魚類
主原料は猫の食いつきが期待できる新鮮な魚肉です。
新鮮クランベリークランベリーに含まれるキナ酸は、尿路結石の原因となる尿のphの値を酸性に変えて安定させるため、尿結石の予防に効果的です。
チコリー根チコリはハーブの一種で、老廃物の排出を助けます。

なお、アカナには発がん性などのある危険な添加物は含まれていません。

成分の解析結果を見る
まや
まや
全ての基準を満たしているため、満点の5.00点です!

アカナ(パシフィカ)の成分は以下の通りです。(当サイトの基準値を満たしている数値は緑文字満たしていない数値は赤字で表記しています。)

アカナ
(パシフィカ)
AAFCOの基準値当サイトの基準値
粗たんぱく質37%以上26.0%以上40%未満
粗脂肪20%以上9.0%以上10%以上
〜30%未満
粗繊維3%以下6%未満
粗灰分7.5%以下6%以上
〜10%以下
水分10%以下
エネルギー393.0kcal
/100g
オメガ6脂肪酸2%以上オメガ3脂肪酸2.2%以上
カルシウム1.5%以上リン1.1%以上

アカナは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たした「総合栄養食」です。そのため、フードと水だけで十分に健康を維持できます。

安全性の解析結果を見る
まや
まや
やや安全性に欠けるため、3.50点となりました。
安全性のプラス面
原材料は人も食べられる品質
アメリカにある自社キッチンで製造
リコール歴なし
安全性のマイナス面
獣医師の監修・推奨なし

アカナに使用している野菜と果物は、全て人間も食べることができるヒューマングレードです。また、アメリカにある自社キッチンは、米国農務省(USDA)やアメリカ食品医薬品局(FDA)の基準をクリアしています。

アカナはリコール歴がありませんが、アカナと同じ製造元のフード「オリジン」では2008年11月にリコールが起きました。このリコールは放射線照射殺菌が原因であり、フード自体が原因ではありませんでした。

価格の解析結果を見る
まや
まや
著しく安くはないため、4.00点となりました。
価格100gあたり
340g税込1,890円555円
1.8kg税込4,100円227円
4.5kg税込7,834円174円

※2021年12月時点、Amazonの価格です。

アカナは、100gあたり174円〜555円です

キャットフードの相場を100gあたり250円〜300円だとすると、相場よりも安く、手に取りやすい価格です。

利便性の解析結果を見る
まや
まや
やや利便性に欠けるため、3.00点となりました。
利便性のプラス面
Amazonと楽天市場で取扱あり
Amazonに定期便あり
開封口にジッパー(チャック)付き
利便性のマイナス面
少量サイズのお試しなし

アカナは開封口にジッパー(チャック)が付いているため、簡単に密封でき、開封の手間も減ります。

また、Amazonでは定期便が注文できますが、割引はありません。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)の基本情報と特徴

パッケージ
商品名ACANAレジオナル 猫用 パシフィカ
価格340g:1,718円(税込1,890円)
1.8kg:3,727円(税込4,100円)
4.5kg:7,122円(税込7,834円)
※Amazonの価格
100gあたり174円〜555円
最安値 Amazon Rakuten
対象全猫種・全ライフステージ
原産国カナダカロリー393.0kcal
/100g
目的総合栄養食タイプドライフード
主原料新鮮丸ごと太平洋ニシン(16%)
賞味期限未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月
粒の形

直径:約1cm

販売元製造:チャンピオンペットフーズ社
https://www.acana.com/en-US/homepage
販売:株式会社トランペッツ
https://trumpets-shop.jp/

アカナはカナダ・チャンピオンペットフーズ社が製造するブランドのひとつです。日本では、株式会社トランペッツが総輸入代理店として販売しています。

アカナの特徴
  • 魚の含有率は75%
  • 天然魚を新鮮なまま加工
  • 低GIで体にやさしい

特徴①魚の含有率は75%

原材料のうち、75%に魚を使用した高タンパクフードです。

地元を中心に調達したニシンやイワシ、カレイやタラなどの魚類を豊富に使用することで、猫の食欲を刺激します。

特徴②天然魚を新鮮なまま加工

アカナの主原料は、カナダ西部の海で獲れる天然魚です。

海で獲られた後は1日以内にキッチンまで運ばれるため、鮮度を損なわないままフードに加工できます。

特徴③低GIで体にやさしい

本来肉食である猫にとって、穀類などの炭水化物は消化に負担がかかりやすいです。

血糖値が上がりにくい低GIのカボチャやバターナッツスクワッシュを使用することで、猫の体に配慮しています。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)の口コミ

アカナ(パシフィカ)の口コミをまとめると以下のようになります。

良い口コミ
食いつきが良い
体調が良くなった
小粒で食べやすそう
悪い口コミ
食いつきが悪い
便の調子が悪くなった

良い口コミ

まず、以下のような良い口コミがあります。

食いつきが良い

日本製のフードはたいていマグロやカツオが入っているので、試しに入っていないこちらのフードを購入してみましたところ、大丈夫でした。魚種によるのだと確認できたので、ひと安心です。生物濃縮が心配な大型魚を使っていないところも安心です。また、乳酸菌が入っているので、サプリを買わずにすみますし、ウェットをかけなくても食いつきがいいです。

(2021年7月に投稿)
[出典:楽天市場]

体調が良くなった

よく食べ、毛並みがフワフワツヤツヤになり、目ヤニもなく、ウンチも良い感じです。
ウンチを固める為のビートパルプや、元来肉食のネコに不要な穀物が入っておらず、このまま継続しようと思います。

(2017年2月に投稿)
[出典:Amazon]

小粒で食べやすそう

我家の愛猫は水頭症による重い癲癇の発作持ちなため、強い薬を毎日飲んでいます。その関係で餌はとにかく安全で質の良いものだけを与えています。アカナは粒も小さいし食べやすいと思います。

(2021年1月に投稿)
[出典:Amazon]

悪い口コミ

次に、以下のような悪い口コミがあります。

食いつきが悪い

リニューアルしたばかりで賞味期限も長く楽しみにしてましたが、あまり食べてくれませんでした。
オリジンの6fishのほうが好みの様です。

(2021年5月に投稿)
[出典:楽天市場]

オリジンはそれなりに食べるので同じメーカーなのでこちらも試してみましたが、にしんの臭いがキツくあげるのもためらいますが、猫二匹もあまり食いつきが良くないので、リピートは
難しいです。
ふりかけを混ぜれば食べるので
騙し騙しあげています。

(2017年11月に投稿)
[出典:Amazon]

便の調子が悪くなった

食い付きの悪いドライフードにも数粒加えるだけで、香りが強いせいか完食してくれます。
ただ、1匹の方には合わないようで、便が緩くなってしまい、今はもう1匹がトッピングとして食べています。

(2020年11月に投稿)
[出典:Amazon]


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)の取扱店舗

アカナは、全国の実店舗、Amazon、楽天市場で取扱があります。

公式オンラインショップでは販売していません。

Amazon

楽天市場

340g
税込1,890円税込855円〜
1.8kg
税込4,100円税込3,853円〜
4.5kg
税込7,834円税込7,152円〜
送料0円0円〜
※ショップにより異なる
当サイトでは、「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」における販売状況を調査しています。そのため、「Yahoo!ショッピング」や、その他のペット商品を取り扱う通販サイトでも購入している可能性があります。

お試し/サンプルはなし

アカナには、有料・無料を問わず、お試しセットや少量のサンプルはありません

そのため、食いつきを確かめたい場合でも、通常の商品を購入する必要があります。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)の与え方

1日の給与量は?

アカナ(パシフィカ)の給与量は以下の通りです。

[出典:楽天市場]

※給与量はあくまで目安です。年齢や運動量、健康状態、飼育環境によって調整しましょう。

通常体型で5kgの場合、1日あたりの給与量は80gです。

1.8kg(税込4,100円)の商品を購入して1日に80g与えると、22.5日間で使い切る計算になります。

つまり、1日あたりの価格は約182.2円です。

切り替える時の方法は?

アカナに限らず、新しいキャットフードに切り替える時は、時間をかけて新しいフードに慣れさせることが大切です

突然、食器いっぱいに新しいフードを載せてはいけません。1週間〜10日程度かけて、従来のフードよりも新しいフードの配分を多くしていきましょう。

少しずつ新しいフードの配分を多くすることで、猫にストレスを与えずに新しいフードを慣れさせることができます。

切り替えにかける期間と配分は、フードによって異なります。パッケージに記載されていることもありますので、参考にしましょう。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

アカナ(パシフィカ)のよくある質問

対象年齢は?

飼い主さん
飼い主さん
アカナは子猫やシニア猫に与えてもいいの?
まや
まや
はい。アカナ(パシフィカ)は全ライフステージ用のフードです

そのため、子猫から成猫・シニア猫まで、猫の年齢に問わず与えられます。

賞味期限は?

飼い主さん
飼い主さん
アカナの賞味期限は?
まや
まや
アカナの賞味期限は、公式サイトに記載がありません。パッケージの裏などに記載されている可能性があります。

ドライフードのため、開封後は1ヶ月を目安に使い切りましょう。

保存方法は?

飼い主さん
飼い主さん
アカナの保存方法は?
まや
まや
アカナは高温多湿を避け、直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう

開封口にジッパー(チャック)が付いているため、開封後はしっかり閉めて密閉しましょう。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

まとめ

以上、この記事では、アカナの評価に加えて、口コミや購入方法、与え方を紹介しました。

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

パッケージ
商品名ACANAレジオナル 猫用 パシフィカ
価格340g:1,718円(税込1,890円)
1.8kg:3,727円(税込4,100円)
4.5kg:7,122円(税込7,834円)
※Amazonの価格
最安値 Amazon Rakuten
販売元製造:チャンピオンペットフーズ社
https://www.acana.com/en-US/homepage
販売:株式会社トランペッツ
https://trumpets-shop.jp/

食いつきや体調を見ながら、愛猫にぴったりのフードを探しましょう。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

おすすめフードはこちら!
こんな記事もおすすめ
キャットフードの解析とレビュー

ロイヤルカナン(猫用)消化器サポートの口コミ評判・解析レビュー|原材料や成分の安全性

2016年5月24日
キャットフードの達人
ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。 今回は、そんな『ロイヤルカナン 消化器サポート …
キャットフードの解析とレビュー

カナガンキャットフード チキンの口コミ評判・解析レビュー|チキン60%使用で高タンパク

2016年3月25日
キャットフードの達人
カナガンキャットフード チキンは、原材料の60%にチキンを使用したグレインフリーのキャットフードです。 総合評価 4.55 Sランク( …
キャットフードの解析とレビュー

GRANDS(グランツ) サーモン成猫用の口コミ評判・解析レビュー|新鮮な魚使用のキャットフード

2021年8月19日
キャットフードの達人
GRANDS(グランツ)のサーモン成猫用は、「猫を愛する国」ともいわれるフランス産の無添加グレインフリーキャットフードです。 当サイトでは …
キャットフードの解析とレビュー

ナチュラルバランス(猫用)の口コミ評判・解析|動物栄養博士たちが開発したキャットフード

2016年4月1日
キャットフードの達人
ナチュラルバランスは、元AAFCOの検査官や獣医博士たちが開発したアメリカ発のキャットフードです。 「お試しはあるの?」「安全性は大丈夫? …
キャットフードの解析とレビュー

ナウフレッシュ(アダルトキャット)の口コミ評判・解析レビュー|新鮮食材が豊富なキャットフード

2016年4月1日
キャットフードの達人
NOW FRESH(ナウフレッシュ)のアダルトキャットは、100%新鮮な肉や魚を使用したグレインフリーのキャットフードです。 当サイトでは …
キャットフードの解析とレビュー

ELMO(エルモ)の口コミ評判・解析レビュー|イタリア産の高品質キャットフード

2021年10月27日
キャットフードの達人
ELMO(エルモ)は、原材料が全てヨーロッパ産で獣医も推奨するイタリア産のキャットフードです。 「口コミや評判は?」「ペットショップで定期 …

POSTED COMMENT

  1. Odatch より:

    うちの猫たちはチキンより魚の風味が好き、でもフィッシュ4キャットのように煮干しのような強い魚臭は嫌いなようだったので、こちらはブレンドしながらですが、食い付き良く食べてくれていました。
    また、時々はチキン中心の方やオリジンなどにも変えて食べさせていましたが、ふと気づくと食べさせ始めて1ヶ月目くらいから急激にオシッコ量が増え水を飲む量も増え、腎臓病の兆候が始まったので、色々口コミを調べたところ、因果関係ははっきりしないものの、犬でも猫でも良質の高タンパクフードを食べてから腎臓や肝臓が悪くなる事例が少なからずあるような事が分かってきました。推測の話ですが、日本の室内猫室内犬の運動量では高すぎるタンパク量が負担になってしまうのではという声がいくつか出ていました。
    非常に考えられた良い食品と思うのですが、それを信じた結果、グレインが負担ではなく高タンパクが負担になり内臓を悪くする犬猫もいるということは、非常にショックでしたし、食の安全を検討されるこちらのサイトでも、ぜひもう少し調査していただけたら幸いです。我が家ではいまはタンパク量が30%程度を目安にしています。

    • MioCat より:

      Odatch様
      こんにちは!この度は「キャットフードの達人」にコメントを下さり、誠にありがとうございます。
      貴重な体験をシェアして頂き、感謝致します。

      仰る通り、猫にとって動物性のタンパク質は非常に重要ですが、腎臓や肝臓が弱っている状態の猫に高タンパクのフードを与えるのは逆効果ですね。
      タンパク質の取りすぎによって
      ・余分なタンパク質をエネルギーに変える段階でアンモニアが発生し肝臓に負担をかける原因に
      ・体内で上手く分解されずに残ってしまったタンパク質は老廃物となり、腎臓機能をさらに悪化
      このようなことが起こるということは聞いたことがあります。

      しかし、今回のように健康な状態から高タンパクフードによって腎臓が悪くなるという事例は私も情報不足でございました。
      Odatch様の猫ちゃんは年齢はどれくらいでしょうか?老化によって否応なく腎臓や肝臓機能が低下するので、シニア猫への高タンパクフードも負担になってしまうかもしれません。
      特に、「アカナ」や「オリジン」は良質ではあるものの、野生の猫用、つまり通常の室内猫よりも運動量が格段に多い猫用に作られているので、仰っているのは非常に的を得たご指摘だと感じました。

      この貴重な情報を記事にも反映させ、過剰なタンパク摂取についての項目も追加させて頂きたいと思います。
      実体験に基づいた貴重なコメント、誠にありがとうございました。

      猫の健康を考えたキャットフード情報をお伝えできるよう、精進してまいります。今後とも「キャットフードの達人」を何卒宜しくお願い致します!