【Q&A】キャットフードを選ぶうえで知っておきたい知識まとめ

キャットフードを選ぶ時、「専門用語が多くてよくわからない」と感じることも多いですよね。

そこで、この記事では、キャットフードを選ぶうえで知っておきたい知識をまとめています。

キャットフードの種類

分類①目的

キャットフードは目的ごとに4つのタイプに分類されます。

まず、1つ目は「総合栄養食」そのフードと水だけで健康を維持できるので、主食の役割を果たします。健康な猫にはこれを与えましょう。

2つ目は「間食」。いわゆるおやつで、猫とコミュニケーションをとったり、ご褒美として与えたりします。必ずしも与えなくて良いものですが、与える場合は1日に必要なカロリーの20%以内に抑えるのが理想的です。

3つ目は「療法食」。特定の疾患にアプローチするためのフードです。獣医師の指導のもと与えるもので、自己判断で与えてはいけません。

最後に、4つ目は「一般食」。特定の栄養素の補給として、補助的な役割を果たします。おかずタイプやサプリメントなどがありますが、これだけで健康を維持することはできません。

分類②ライフステージ

キャットフードは、年齢(ライフステージ)によって成分が異なります。

大きく分けて「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」と、すべての年齢に合わせた「全年齢用」の4つがあります。

時期食事
子猫哺乳期
(生後3週間まで)
子猫用ミルク
離乳期
(生後8週間まで)
子猫用ミルク
おかゆ状のスープ
子猫用フード
成長期
(生後8週間〜)
全年齢用フード
子猫用フード
成猫成長期
(1歳〜4歳)
全年齢用フード
成猫用フード
維持期
(4歳〜7歳)
全年齢用フード
成猫用フード
シニア猫7歳以上全年齢用フード
成猫用フード
シニア猫用フード

分類③タイプ

キャットフードは、水分含有量によって以下のように分けられます。

キャットフードの水分量
多い

  • ウェットタイプ
  • 半生タイプ(セミモイスト、ソフトドライ)
  • ドライタイプ

少ない

ドライタイプが水分含有量10%程度なのに対し、ウェットタイプは水分含有量75%程度です。

基本的には、総合栄養食ならどれを選んでもOK。猫の好みに合わせましょう。

ウェットタイプは水分量が多いため生肉の成分に近く、好む猫が多いようです。ただし、ウェットタイプはすぐに使い切らないと腐敗が進んでしまうので、置きっぱなしの餌には向いていません。

キャットフードの与え方

猫の健康のために知っておきたい基本!猫の餌の量と回数 猫の健康にとても大切な食事。栄養バランスのとれた食事をあげていても、あげすぎたり、少なすぎたりしたら猫の健康や成長に大きく影響します。 ...

キャットフードの保存方法

どうやって保存する?

キャットフードを適切に保管しよう!おすすめの保存容器7選キャットフードを新鮮で美味しく保存するためには、保存方法がとても大切です。 せっかく良いフードを買っても、しっかりと良い状態で保存...

賞味期限はいつまで?

賞味期限切れのキャットフードの危険性|未開封・開封後に分けて解説!寄付はできる? 未開封のままキャットフードの賞味期限が切れてしまい、使うか捨てるか迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。 賞味期...

キャットフードの原材料

キャットフードの原材料の家禽(かきん)とは?詳細と危険性キャットフードの原材料欄を見てみると、家禽(かきん)とかいてある時がありますよね。家畜の一種?考えたこともなかった!そもそも難しくて読め...
ディハイドレイテッドチキンは低温で脱水した鶏肉!生肉・乾燥肉との違いは?キャットフードに見慣れない原材料が書いてあると、「安全かな?」と心配になりますよね。 ディハイドレイテッドチキンは、時間をかけて脱水し...
チキンミールは良い?悪い?キャットフード成分の見分け方『ミートミールに注意!キャットフード原材料のココをチェック』の記事でも説明したように、「ミートミール」は、食用の肉ではなく手品質の屑肉の...
ミートミールに注意!キャットフード原材料のココをチェックキャットフードの成分や原料を見てみると「ミートミール」という言葉をよく目にします。 「ミート」とは書いてあるけど、肉と同じなのでし...
キャットフードの「コーングルテンミール」とは?猫の餌に使用する目的を解説キャットフードの原材料に、「コーングルテンミール」と書かれているのを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 聞き馴染みが...
猫にどんな影響?キャットフードに含まれるビートパルプとはキャットフードの原材料の中に「ビートパルプ」というものを見つけたことがある方もいるのではないでしょうか? ビタミン、ミネラル、脂肪...
猫にはどっちが良いの?動物性油脂と植物性油脂の違いと詳細猫にとって、油脂はエネルギー源や必須脂肪酸を摂取するためにとても大切。 とはいっても、油脂であればなんでも良いわけではありません。...

【要注意】危険な原材料や添加物

キャットフードのチェックポイント!猫に危険な添加物まとめキャットフードの成分を見てみると、無添加のものもあれば、見た目は良くても添加物モリモリのものもありますよね。 添加物入りのフードだ...

キャットフードのよくある質問

猫に犬用フードを与えても良い?

猫に犬用おやつをあげても大丈夫?注意点は?ドッグフードはNG!犬猫兼用おやつも紹介猫と犬をどちらも飼っている飼い主さんの中には、「猫が犬用おやつを食べてしまったけど大丈夫?」「うちの猫は犬用おやつしか食べないのだけど…...

猫がご飯を食べない時はどうすれば良い?

猫は偏食なことが多く、同じ食事ばかりだと飽きてしまうことも多いです。

体調に異常がないのに食べない場合は、工夫して食べやすくしてみましょう。

  • 細かく砕いて、食べやすい大きさにする
  • 電子レンジで温めて、香りを強める
  • ぬるま湯でふやかして、噛み砕きやすくする

また、生肉に近い食感で飲み込みやすいウェットフードにするのもひとつの手です。

猫がフードを吐いてしまう…

猫がキャットフードを吐くのはどうして?原因と対策まとめいつも元気な猫だけど、食事のあとによく吐いている。猫を飼っているとそんな光景よく目にしますよね。そのあとはケロッとして元気だけど、それな...

キャットフードの用語解説

ここでは、ペットフード業界でよく使われる用語を解説します。

グレインフリー・グルテンフリー

グレインフリーとは、グレイン(穀物/穀類)を使用しないことです。

一方、グルテンフリーとは、グルテン(麦に含まれるタンパク質)を使用しないことです。

グレインフリーとグルテンフリーの違いとは?猫に穀物・小麦は不要?キャットフードを探していると、「グレインフリーがおすすめ」「グルテンフリーなので安心」といった文章を見かけますよね。 「メリットや...

プレミアムフード

プレミアムフードとは、動物の健康に配慮し、安全性が高く、価格も高めに設定されているフードです。

明確な定義はないため、製造元が「この商品はプレミアムフードです」と言ってしまえば、プレミアムフードということになります。

主に、安価なフードと差別化するために使われる用語です。

猫のプレミアムフードとは?安価なフードとの違いや特徴・商品の例も紹介キャットフードを探していると、見慣れない言葉がたくさん出てきて、混乱してしまう方も多いのではないしょうか。 「プレミアムフード」も、具...

ペット先進国

ペット先進国は、ひとことで言うと「ペットに関する法律が整備されている国」です。

「犬や猫などのペットにも人間と同じ権利がある」という考えのもと、ペットに関する法律の制定や、ペットと暮らしやすい環境の整備を行なっている国を指します。

ペット先進国の定義とは?ランキング上位はどこの国?法律や日本との違いも解説キャットフードを探している時、「ペット先進国」と見かけ、どんな国なのか疑問に思った方も多いのではないしょうか? 日本は、ペットに関...

おまけ:便利アイテム

おすすめの計量カップ

キャットフード60gはどれくらい?おすすめの計量カップやスプーン・代用品も紹介キャットフードをあげる時、「いちいちフードを量るのが面倒くさいな…」と思ってしまうことはありませんか? また、計量カップによっては「c...

おすすめの自動給餌器

猫もビックリ!自動でキャットフードが出てくる便利アイテム6選ペット用品もどんどん新しい商品が発売され、猫もビックリするほど便利なアイテムもたくさんあります。 その中でも、自動でキャットフード...

キャットフードに関する書籍

猫の健康のために!キャットフードを学べるおすすめの本5選猫を飼うなら知っておきたいキャットフードのこと。猫を飼ったらまずは適切な食事を与えることが大切ですよね。でも、たくさんのメーカーがたくさ...

おすすめの通販サイト

人気おしゃれな猫グッズが揃ってる!おすすめ通販サイト6選可愛い愛猫にそろえてあげたい、オシャレな猫グッズ。今回は、人気の猫グッズがそろうおすすめの通販サイトを6つご紹介したいと思います。 ta...

◎参考
一般社団法人ペットフード協会「ペットフードの種類」
環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」