jPスタイルのキャットフード『和の究み』を徹底解析&評判

22
スポンサードリンク

開発・原料・製造ともに国産にこだわった日本製キャットフード『jp(ジェーピー)スタイル』。

今回は、そんな『jp(ジェーピー)スタイル 和の究み』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:jp(ジェーピー)スタイル 和の究み トータルボディケア 猫用

[Photo by anaa yoo]

「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み」とは?

ser_jpsCatWkwmTtlBdyCr_l
[出典:http://www.nisshin-pet.co.jp/]

参考価格
750円(内容量1kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約750円/1kg
1日あたりのコスパ 約52円/日(1日70g換算)
原産国 日本
メイン食材 小麦全粒粉
酸化防止剤・保存料 ○(天然成分)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×小麦全粒粉、コーングルテンミール、ホミニーフィード、中白糠、小麦粉

公式サイトを見てみると、「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 主原料国産/国内製造
  • 厳しい安全基準をもとにした品質管理
  • 無香料、無着色、天然由来酸化防止剤使用

“日本のペットのライフスタイルを究めたプレミアムキャットフード”『jpスタイル 和の究み』。

国内での研究・開発、国内製造、主原料国産にこだわったフードの原材料・成分はどのようになっているのでしょうか。次の項目で詳しく見ていきましょう。

jp(ジェーピー)スタイル 和の究みの原材料と成分

続いて、「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み トータルボディケア 猫用」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料小麦全粒粉、チキンミールでんぷん、削り節ミール、ビーフオイル、馬鈴薯たんぱく、コーングルテンミールビートパルプホミニーフィード中白糠粉末セルロース、フィッシュパウダー、フィッシュオイル、小麦粉、イソオリゴ糖、β-グルカン、ユッカ抽出物、有胞子性乳酸菌、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、フマル酸、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、コリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

粗たん白質30%以上、粗脂肪12%以上、粗繊維5%以下、粗灰分9%以下、水分10%以下

評価Dランク

多くの国産フードに添加物が使われている中、無香料・無着色は安心できますね。また、フードの酸化防止剤として、自然由来成分のローズマリー抽出物が使用されているのも好感がもてます。

しかし、その反面気になるのは、穀類の多使用。そして肉食動物の猫に最も重要な動物性タンパク源(肉や魚)がチキンミールのみということ。しかも”ミール”では、新鮮な肉がどこまで配合されているのかわかりません。

これでは、猫が本来必要とする栄養素が、どこまでカバーできるのか心配です。

穀類の多使用

穀類は、完全肉食動物の猫の体内で消化しづらく、アレルギー発症の危険もあるので、重要度は低いとされています。

特に、トウモロコシと小麦はアレルギー発症の危険性が高いのが特徴ですが、『jpスタイル 和の究み』には、主原料に小麦、トウモロコシの副産物であるコーングルテンミールやホミニーフィードなど、アレルギー発症の危険性がある食材が多く使われています。

また、猫の体内では炭水化物を上手く消化することができないので、でんぷんなどは肥満の原因にも。

人間と猫はそもそも身体のつくりも必要な栄養素も異なります。穀物の配分がここまで多いのは、猫にとってバランスの良い食事とは言えません。

ビートパルプ・セルロースの使用

ビートパルプ・セルロースに関してもあまり好ましくないですね。

食物繊維の役割として使われていますが、ビートパルプは砂糖大根の搾りカス、セルロースは糖分を含んだ植物の繊維質素材で、栄養価はほとんどないと言われています。

ビートパルプには便を固める効果があるので、便秘の猫ちゃんは症状を悪化させてしまうかも。

jp(ジェーピー)スタイル 和の究みの口コミ評判

それでは最後に、実際に「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み トータルボディケア 猫用」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

歯の健康を考えると小粒なので心配要素ありですが、喜んで食べている姿を見て、食材としては安心しています。神経質な猫で、好き嫌いがはっきりしています。他メーカーでは食べない場合もありますので、助かります。(Amazonより)

安心なプレミアムフードというだけじゃなく、しかも国産というところがポイント高いです。
外国産も良いフードは勿論あるのですが、国内産業を応援するという意味でもこれで今後もいきます。
まずは一度あげてみて下さい。よく食べるとと思います。(Amazonより)

国産品なので安心して利用できる。と思い購入。ねこの食いつきは、まあまあいいです。ただ、うんち臭がいままでのよりします。ここが改善されれば、ずっとリピートなのですが・・・(楽天市場より)

においもなかなかいいし、色はいまいちだけど、良く食べます。吐く回数も減っていますし、いいのかなと思います。(楽天市場より)

2匹飼っているのですが、他のキャットフードは全部きれいに食べるのに、
同じ量あげると2匹とも必ず1/3ほどのこします。
うちの子達には合わないようです。(Amazonより)

国産フードとしての信頼は厚いようで、安心できるという口コミが多い印象です。

ただしペットフード業界に関しては必ずしも”国産=安心”というわけではありません。特にお米が主食の日本人の食事と、猫の食事は全く違うということを理解した上で、愛猫のフードを選ぶ必要があります。

『jpスタイル』に関しては、有害な添加物を使用していないという安心感はありますが、主原料の栄養バランスを考えたら、穀物が多すぎるので毎日の食事としてはおすすめできません。

まとめ

以上今回は、「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み トータルボディケア 猫用」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「jp(ジェーピー)スタイル 和の究み」は、穀物多使用の国産キャットフードであることが分かりました。

どんなに良い食材を使用していても、有害な添加物を使用していなくても、猫に必要な栄養分が食事からじゅうぶんに摂取できなければ、体調不良や病気の原因になってしまいます。

“完全肉食動物”である猫の生態、必要な栄養素をしっかり理解して、原材料や成分を今一度チェックしてみましょう。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
22

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です