安心で安い!コスパ◎のおすすめキャットフードランキング

9
スポンサードリンク

「キャットフードに高いお金はかけられない」「けど、できるだけ良いものをあげたい」、そんな風に考えている飼い主さんも多いでしょう。

今回は、格安フードを選ぶときのポイントと、1日あたりのコスパが50円前後のおすすめキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by Hisashi]

安い価格のキャットフードを選ぶときのポイント

安い価格のキャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

安いのに主原料はしっかり肉

完全肉食動物である猫にとって最も重要なのは、動物性タンパク源(肉や魚)を主原料にたっぷり使った食事。

安いフードは穀物が主原料のものが多いですが、その中でも主原料に高品質な肉が使われているのは重要なポイントです。

大容量なのに安い

多頭飼いや寄付のためのキャットフードに嬉しいのが、大容量で激安。猫をたくさん飼っている家庭や施設では、キャットフードもスグに数キロ消費してしまいますよね。

大容量でも安い、またはたくさんまとめ買いするほどオトクなものがおすすめです。

猫に不要・有害な着色料無添加

視覚より、嗅覚が優れている猫にとって、着色料は全くもって不要。不要どころか発がん性がある有害なものもあります。最低限、着色料が無添加なものを選びましょう。

1日のコスパ50円前後の安くておすすめのキャットフードランキング

  1. 主原料が肉
  2. 大容量なのに安い
  3. 着色料無添加

この3つのポイントに「価格」や「みんなの評判」も考慮したおすすめキャットフードをランキングにしました。

第5位:ユーカヌバ

eukanuba
  • ランク:Dランク
  • 1日あたりのコスパ:¥68

高品質な食材のみを使用し、日々厳しいチェックも行っているプレミアムペットフード『ユーカヌバ』。動物病院でもすすめられているキャットフードです。

主原料には鶏肉を使用。着色料無添加。酸化防止剤も安全性の高い自然由来のローズマリー抽出物が使われています。値段は50円より少し上がって¥68ですが、比較的安い方だといえるでしょう。

穀類にトウモロコシが使われているので穀物アレルギー体質や、消化器官が弱い猫ちゃんは要注意です。

第4位:ファーストチョイス

1st-choice
  • ランク:Cランク
  • 1日あたりのコスパ:¥64

素材にこだわり、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアした健康管理フード「ファーストチョイス」。

化学保存料は一切使わず、主原料にはチキンが使われています。着色料無添加。ビタミンE由来のトコフェロールなど天然成分の酸化防止剤が使われているのも好ましいですね。

食いつきの良さなど口コミでも高評価が多く、楽天やAmazonでは1.4キロ、¥1,000~¥1,600ほどで購入できてお財布にも優しいフードです。

気になる点は、かさまし効果の高い繊維質、ビートパルプやセルロースの使用。また、穀物にコーンが使われているので穀物アレルギーの猫ちゃんは要注意ですが、猫に有害な原材料・添加物はないので安全性は高いでしょう。

第3位:ピュリナ ワン

purina-one
  • ランク:Cランク
  • 1日あたりのコスパ:¥36

栄養バランスと食いつきを考慮したプレミアムフードの「ピュリナワン」。

主原料に新鮮なチキンを使用。猫にとって不要かつ有害な合成着色料や香料は無添加。酸化防止剤には安全性の高い自然由来の「ミックストコフェロール」が使われています。

肉が主原料の無添加プレミアムフードで1日のコスパ¥36はかなり助かりますね。実際、他のプレミアムフードに比べて、食いつきが良く、値段的にも手の届きやすいという点でも口コミの評価も高いです。

穀類にトウモロコシや小麦が含まれているので穀物アレルギーの猫ちゃんは要注意です。ローテーションの1つとしておすすめ。

第2位:コストコ カークランド

kirkland
  • ランク:Cランク
  • 1日あたりのコスパ¥20

アメリカ発の会員制倉庫型店『コストコ』から、アメリカらしい大容量で割安な「カークランド」のキャットフードがおすすめです。

11.34kgの大容量もネットで買えば¥4,000弱、コストコで買えば¥2,000程度。1kgあたり¥175~¥350、1日あたり¥20前後と驚異の安さです。

主原料は鶏肉、着色料無添加、穀物にもアレルギー発症の危険性が高くない白米や玄米が使われています。これだけ激安の割には、猫のからだのことを考えてくれているありがたいフードです。

こちら、11.34kgとかなり大容量のものしかないので、多頭飼いや業務用、保健所への寄付用などに最適です。必ず、開封後1か月で使い切れるかどうか確認してから購入しましょう。

単頭飼いの場合は、近所の猫を飼っている家庭とシェアするなど、大容量を上手く活用して、酸化してしまう前に使い切りましょう。(※酸化したフードを食べさせる方が猫にとってよっぽど有害です。)

第1位:ファインペッツ

finepets
  • ランクSランク
  • 1日あたりのコスパ初回¥21 

人間が食べられる品質の原材料のみを使用した世界最高品質のヒューマングレードキャットフード「ファインペッツ」。

新鮮な鶏肉を主原料に天然由来のビタミン・ミネラル配合。穀類も米や大麦など栄養価の高いものを使用し、アレルギーを引き起こしやすいといわれる小麦やトウモロコシは一切使用していません。

化学合成の酸化防止剤や添加物、重金属類や残留農薬が混入した原材料も一切不使用です。

「ファインペッツ」の嬉しい特徴は、1kgを初回限定で¥540(税込)で試せること。ヒューマングレードの無添加フードがこの価格で試せるのは飼い主さんにとっても助かりますよね。コスパの面でもおすすめできるフードです。

さらに、お試し用で猫ちゃんが気に入ってくれれば、オトクな定期便でお届け回数に合わせた割引を受けることができます。(長く続けて購入すればするほど割引率が上がっていきます。)

4kg以上購入で送料が無料になるので、多頭飼いにもってこいのキャットフードです。

スポンサードリンク
9

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です