“食べ過ぎ”には要注意!猫の身体に与える猫草のこんな影響

21
スポンサードリンク

猫草が大好きな猫もいれば、全然興味がない猫もいる。

猫草の本当の効果はまだ解明されておらず、猫草を食べなくても特に体調や健康に影響を及ぼさないことから、猫にとって「食べられるけど、だからといって特別体にいいわけではない」ものとして位置付けられています。

猫草を食べなくても問題ないことは『猫草を食べないのは大丈夫?猫にとっての影響と必要性』の記事でもご説明しましたが、逆に猫草が大好きで食べ過ぎてしまう猫はどうなのでしょう?

今回は、猫草の食べ過ぎは大丈夫なのか、猫の身体への影響や事例を交えてご紹介したいと思います。

[Photo by Adam Jefferson]

1.猫草の影響と注意点

まず最初に、猫草の食べ過ぎによる猫への影響と注意点、対処法を見ていきましょう。

嘔吐のしすぎによる体調不良

猫草は嘔吐を促します。この嘔吐により、お腹の中に溜まっていた毛玉も出てスッキリすれば良いですが、逆に嘔吐のしすぎで体調を崩してしまう猫もいます。

特に子猫や高齢猫など、消化能力が弱まっていたり、胃腸の調子が悪い猫が猫草を食べ過ぎると、嘔吐で体調悪化の原因に。

消化不良

嘔吐を促す理由は、この消化不良にあります。毛玉などと一緒に猫草も吐き出してくれればいいですが、体内に残ってしまうと、猫は草類を消化することが出来ないので、最悪の場合内蔵系に負担をかけたり病気の原因になります。

刺激で胃腸壁を傷つける

基本的に、獣医さんなどの専門医の方が猫草の摂取を勧めることはあまりありません。胃や食道、ノドの粘膜が荒れるから与えない方がよいという意見が多いです。

 

⇒気付くと猫草を食べてしまっている猫は、食べ過ぎの可能性があります。1日で食べる量を決め、数本切り取って食事と一緒にあげるなど、摂取量をコントロールしましょう。

2.猫草を食べ過ぎると・・・

適度に食べる分には全く問題ない猫草ですが、食べ過ぎることにより引き起こす事例をいくつか見てみましょう。

猫草が腸内で詰まって出てこなかったら開腹手術

消化の悪い猫草を食べ過ぎて飲み込んだまま、腸に詰まってしまい、病院に連れていった事例。

“入院中はバリウムを飲んだり、レントゲンを撮ったりして詰まったものの動きを確認していました。”

“腸内を移動してはいるもののまだ排出されず。でも体の下の方に行き、楽になったのか元気が出てきて少しずつエサも食べるように。”

“そして退院してきた次の日、なんかそれっぽいものを猫トイレで発見! 確証は持てなかったのですが、その後よくエサを食べるようになり、一気に元気になったので詰まっていたものが排出された模様。”

“今回は腸内でなんとか動いてくれたので自然排出となりましたが、無理そうならば開腹手術ということでした。”

[出典:http://www.icoro.com/201310057391.html]

思いがけず、こんなこともあるようです。勢いよく食べ、あまり噛まずに飲み込んでいたことも原因のようですね。いくら猫草大好きな猫でも、勢いよく食べたり、大量のものを一気に食べていたら要注意です。

まとめ

以上、猫草の食べ過ぎは大丈夫なのか、猫の身体への影響や事例を交えてご紹介しました。

猫草の食べ過ぎは・・・

☑嘔吐のしすぎによる体調不良

☑草類の消化ができない猫は食べ過ぎると消化不良に

☑刺激で胃腸壁を傷付けてしまう

適量を楽しむのには問題ない猫草ですが、食べ過ぎにはじゅうぶんに注意しましょう。猫に必須ではない猫草が原因で開腹手術になってしまったら、猫も飼い主も相当ショックですよね。

猫草の活用の豆知識として、参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
21

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です