アズミラのキャットフードを徹底解析!気になる評判チェック

9
スポンサードリンク

FDA(米国食品医薬局)と USDA(米農務省)の優良製品製造指針に基いて製造されている数少ないナチュラルペットケア製品メーカー『Azmira(アズミラ)』。

今回は、そんな『アズミラ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:アズミラ クラシックキャットフォーミュラ

「アズミラ クラシックキャットフォーミュラ」とは?

51TT0uUnVEL (1)
[出典:http://www.azmira-japan.co.jp/index.htm]

参考価格
2,322円(内容量1kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約2,322円/1kg
1日あたりのコスパ 約162円/日(1日70g換算)
原産国 アメリカ
メイン食材 チキンミール
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ✕(玄米、小麦、コーン)

アズミラ公式サイトによると・・・

  • 健全な素材。増量材も副産物も一切使用していない
  • 脂肪酸、食物繊維、ハーブと抗酸化物質の供給源
  • ミックストコフェロールとバリアパッケージで品質保持
  • 必須ビタミン、ミネラル含有
  • 人工着色料、人工香料不使用。化学保存料不使用。砂糖、塩、イーストを添加なし

プレミアムフードと言われ、オールナチュラルを売りにしています。AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準も満たしていると言われていますが、原材料・成分はどのようなものを含んでいるのでしょうか。

次の項目で詳しく見ていきましょう。

アズミラ クラシックキャットフォーミュラの原材料と成分

続いて、「アズミラ クラシックキャットフォーミュラ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:チキンミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン、鶏脂肪(ミックストコフェロールにて保存)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、 ビタミン(塩化コリン)、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンC、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸、イノシトール、ビタミンD、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12サプルメント)、フラックスシード、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、乾燥乳清、チコリー(根)、DL-メチオニン、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、 タンパク質化合銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)、塩化カリウム、タウリン、 乾燥パセリフレーク、ケルプミール、ユッカシディゲラ抽出物、ベジタブルオイル、クエン酸、レシチン、
ローズマリー抽出物
*リノール酸とリノレン酸はオメガ6とオメガ3脂肪酸の供給源です。

azmira2
[出典:http://www.azmira-japan.co.jp/index.htm]

評価:Cランク

主原料がチキン”ミール”で気になりますが、プレミアムフードというだけあって、副産物は一切使用していないとのこと。

そうはいっても、自然の猫の食事に近付けて健康を保つのであれば、食材そのものから栄養を摂取できる新鮮な鶏肉やターキーなどを使ってもらいたいですね。

公式サイトで「新鮮で優れた蛋白(タンパク)源」を謳っているわりには、主原料の「ミール」という言葉が残念です。

動物性油脂の鶏脂肪が使われていますが、カッコ付けで天然型の酸化防止剤「ミックストコフェロール」の記載があるので問題ないでしょう。

しかし、やはり気になるのは主原料のあとに続く穀物類。公式サイトには「穀物のそれぞれの部分は、有益な食物繊維、自然のビタミンやミネラルの付加をもたらします。」とあります。ひとつひとつ順番に詳しく見ていきましょう。

全粒ひきわり玄米

白米よりは糖分も高くなく、猫ちゃんへのダメージも少ない玄米。

公式サイトには「より多くの玄米を使用することでコーンの使用料を減らしたことも嗜好性を高め、消化を助ける要素」とありますが、それは、消化を助けるユッカやパセリの力を借りているのもあるかもしれません。

穀物を食べたネズミを丸飲みしていた野生の猫の食生活に準じているのは理解できますが、それにしても原材料の上の欄にこれだけ穀物が陳列(玄米、小麦、コーンと・・・)しているのは疑問です。

全粒ひきわり大豆

※キャットフードの穀物はイネ科の植物をさすので、大豆は穀物としてはカウントされません。

購入前に要チェック!キャットフードに含まれる危険な原材料』の記事でも説明しましたが、大豆は長い時間をかけて調理されてはじめてよい食物となります。

アズミラで使われている大豆は、キャットフードに入れることができる「高品質のひきわり全脂大豆」なので、ここは問題ありません。動物性蛋白質と植物性蛋白質の理想的なバランスを作り出しています。

ただ、やはり気になるのは原材料の割合。いくら高品質のひきわり全脂大豆であっても、動物性タンパク質(肉そのもの)のサポート的な役割としてのみ使用可能といわれています。主原料が”ミール”ではちょっと不安が残りますよね。

全粒ひきわり小麦・全粒ひきわりコーン

小麦やトウモロコシ(コーン)は猫にとって消化に悪いだけでなく、アレルギーを引き起こしやすい穀物です。しかも、玄米、大豆を第2、第3原料として使っているのに、さらに穀類をプラスしているのはよろしくないですね。

 

⇒以上を踏まえ、認定プレミアムフードといわれるからにはSランクレベルを期待していたのですが、原材料の割合に疑問があったので、今回はCランクとさせて頂きました。

高タンパクを謳っているのに主原料はミール、その後に続く続々と穀類が上がるのはおすすめできないですね。

アズミラ クラシックキャットフォーミュラの口コミ評判

それでは最後に、実際に「アズミラ クラシックキャットフォーミュラ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

去勢手術をしてから急激に食欲が激増して、体重がどんどん増えてしまいローカロリーのものを探していましたが、ヒューマングレードで副産物も遺伝子組み換えも使わず、マグネシウムやリン、カルシウムの量も私には不安材料とにならず、正規品の印もついていて満足です。(Peppyより)

添加物等に反応してアレルギーを起こしている可能性が指摘されていて、
おすすめフードに「アズミラ」と記載されていたので、半信半疑で購入。
すると、アズミラに変えた途端、全く吐かなくなりました!!
嬉しすぎて思わずレビュー書いてます。
食い付きもよくて安心しました。(Amazonより)

【食いつき】とてもいいです
【栄養バランス】いいと思います
【安全性】いいと思います
【価格】プレミアムなので高めです
【保存期間】まあまあです
【香り】開けたてが最高です
【その他】アズミラじゃないと納得しないというくらい大好きです。ご飯もおやつもアズミラでいいという感じです。6ヶ月の子も1歳の子も、おなかを壊すことなく良く食べてます。(楽天市場より)

実際にこちらを与えている期間は、
フケ症の子のフケが落ち着き、
涙目の子の目も落ち着き、
特にウンチの状態がてき面にとてもよくなります。
(ビートパルプ等の添加物が入っていないのに!)
お値段は少々高めですが、
猫たちの健康のためにはとても優れたフードだと思います。(Amazonより)

アズミラは評判を聞いて気になっていて、今回初めて注文したのですが、食いつきはまあまあ、香りも良いし、カロリーもほどほどで、バランス的には良いと思いました。
ただ、お値段の割には穀物や??な配合も色々あり、小麦もアレルギーが気になるので、どうなのかな~、と。
実は6歳の子が、最近耳と目の上を痒がって、かき壊しのようになってしまい、もしかしたらアレルギー?と思い、エボに変えたらおさまりました。(楽天市場より)

カルシウム結石症であれば問題ないのですがストルバイト結石であれば確実に悪化します というより1週間たらずで悪化しました、
もしphコントロール1に飽きているようであれば
消化器サポート(可溶性繊維)phケアをおすすめします。(Amazonより)

プレミアムフードで知名度もあり、口コミの評価もかなり高いですね。

安心と食いつきの良さはバツグンのようですね。多くの猫が喜んで食べているようです。プレミアムフードというだけあってお値段は少々高めなのは否めませんが・・・。

ただ、値段の割に穀物の配合が・・・と原材料をしっかり見ている人には疑問になるようです。アレルギー反応が実際に起こっている事例をみると、やはり心配です。また結石症の猫にも注意が必要のようですね。

まとめ

以上今回は、「アズミラ クラシックキャットフォーミュラ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「アズミラ」は、良質な素材は使っているが、完全肉食の猫にとってのプレミアムフードであるかは疑問であることが分かりました。

良質な食材を使用していたとしても、やはり穀物を多く使用しているのは気にかかります。実際にアレルギー症状が出てしまってからでは大変ですからね。

健康で何も問題なければいいですが、アレルギー反応や消化不良などの変化が見られた時は、他のフードに変えた方が良いでしょう。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
9

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です