アレルギー対策に最適!おすすめキャットフードのランキング

31

毎日のご飯によって、どの猫ちゃんにも起こり得る食物アレルギー発症。

かゆみをともなう湿疹ができる皮膚炎、ひっかき傷、脱毛、下痢、嘔吐などの症状が見られる場合は、アレルギーを発症している可能性があります。

今回は、そんな辛いアレルギーから愛猫を守るために、アレルギー対策フードを選ぶポイントとおすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by Hisashi]

スポンサードリンク

アレルギー対策のキャットフードを選ぶときのポイント

アレルギー対策用のキャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

肉の種類で選ぶ

キャットフードに含まれる肉がアレルゲンとなっている場合があります。牛肉や鶏肉メインのフードを食べさせてアレルギー症状が出たら、比較的低アレルギーとされるラム肉などのフードに変えてみましょう。

また、魚メインのフードも低アレルギーなので、サーモンなどを主原料に使ったフードに変更してみても良いですね。

グレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶ

猫のアレルギー発症の大きな原因の1つは穀類の摂取とも言われています。特にトウモロコシや小麦を多く含んだフードはアレルギー発症の危険性が高いので注意が必要です。

穀類が主原料の安価なフードでアレルギー発症させてしまった場合は、すぐにグレインフリー(穀物不使用)フードに変えてあげましょう。

無添加のものを選ぶ

フードに含まれる人工の着色料や酸化防止剤によってアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

着色料多使用、BHT・BHAなどの強い合成の酸化防止剤が含まれているキャットフードは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

アレルギー対策におすすめのキャットフードランキング

  1. 肉の種類
  2. グレインフリー
  3. 無添加

この3つのポイントに「価格」や「みんなの評判」も考慮したおすすめキャットフードをランキングにしました。

第5位:ジウィピーク

ziwipeak
  • ランク:B
  • 1日あたりのコスパ:¥321
  • メイン食材:ラム肉

主原料には、比較的低アレルギーのラム肉を使用。穀物由来の炭水化物一切不使用のグレインフリーキャットフード「ジウィピーク」。

動物性タンパク源であるラム肉を原材料のなんと90%以上も配合したプレミアムフードです。アレルギー発症の危険性のある穀類は一切不使用、有害な着色料や合成酸化防止剤も無添加で安心です。

「ジウィピーク」は普通のカリカリとは違うジャーキーのような見た目と食感なのが特徴。お値段はだいぶ高めですが、アレルギー持ちだけでなく、成長期、痩せ気味、消化不良気味など、多くの猫ちゃんにおすすめできます。

第4位:NOW フレッシュ

now
  • ランク:A
  • 1日あたりのコスパ:¥155
  • メイン食材:ターキー

主原料に動物性タンパク源であるターキー(七面鳥)を使用し、アレルギーに配慮し一切の穀物を使用していません(グレインフリー)。鶏肉にアレルギーのある猫ちゃんでも、試してみることができますね。

かなり小粒のため食べやすさは猫によるようですが、下痢を解消した、毛艶も良くなった、目やにも出にくくなったという嬉しい口コミも多いです。

主原料の100%フレッシュミートのターキーに加えて、果物や野菜なども新鮮なものを厳選。ココナツオイルやキャノーラ油などの油も、高熱処理をせずフレッシュなまま使用しています。

第3位:アーテミス オソピュア

osopure
  • ランク:A
  • 1日あたりのコスパ:¥147
  • メイン食材:フレッシュサーモン

消化吸収のよいサーモンを第1原料から第3原料までたっぷりと使用している「アーテミス オソピュア」。サーモンはアレルギーを引き起こす可能性も低く、獣肉アレルギー持ちの猫ちゃんでも安心して食べることができますね。

また、猫本来の消化機能に着目し、穀物を一切使用しないグレインフリーのキャットフードなので、穀物アレルギーの猫ちゃんにもおすすめです。

高タンパク・低炭水化物の魚メインフードなので、子猫や活発な猫に最適。特に、子猫のうちからアレルギー発症のリスクを抑えた食事ができるのは嬉しいですね。

第2位:カナガン

kanagan
  • ランクS
  • 1日あたりのコスパ:¥132
  • メイン食材:新鮮なチキン

100%無添加・お肉たっぷり・グレインフリー」と三拍子揃った、全ての種類・年齢の猫に安心して食べてもらえるキャットフードです。

主原料には食い付きの良い鶏肉をたっぷり60%配合。消化器官の異常や皮膚トラブルなど、猫のアレルギーを引き起こしやすいと言われている穀物は一切使用せず(グレインフリー)、不要・有害な人工添加物も一切不使用の100%無添加フードです。

年齢・活動量・代謝・住環境などに応じて、適切な給与量を調節することで、子猫からシニアまで一生をかけて付き合えるキャットフードです。

第1位:シンプリー

symply
  • ランクS
  • 1日あたりのコスパ:¥158
  • メイン食材:乾燥サーモン

アレルギーの心配が少ないサーモンメインで低カロリー、そして猫にありがちな疾患・トラブル予防も含んだプレミアムキャットフード「シンプリー」。

穀類である米は使っているものの、公式サイトで「高タンパクかつ低炭水化物のキャットフード」を徹底して謳っています。不要な脂肪分は使っておらず、低カロリーなので肥満気味の猫ちゃんやシニア猫にもおすすめのフードですよ。

アレルギー対策でありながら、尿路結石や毛玉トラブル、関節ケアにも配慮した原材料を厳選しているのは嬉しいですね。

実際に「シンプリー」を食べてから、健康のトラブルを解消したという口コミも多いです。一度試してみる価値アリですよ。

スポンサードリンク

31

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です