キャットフード「ゴールデンネックス」を解析!口コミ評判も

1
スポンサードリンク

ペットフード公正取引協議会の定める総合栄養食の基準を満たしている『ゴールデンネックス』のドライフード。

今回は、そんな『ゴールデンネックス』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ゴールデンネックス カツオマグロMIX ヘアボールコントロール

「ゴールデンネックス」とは?

y4906295066959
[出典:http://www.soukai.com/]

参考価格
410円(内容量1.9kg)※爽快ドラッグ参考
1kgあたりの価格 約215円/1kg
1日あたりのコスパ 約15円/日(1日70g換算)
原産国 タイ
メイン食材 豆類
酸化防止剤・保存料 △(油脂類)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×とうもろこし小麦ふすまコーングルテンミール等)

紹介サイトを見てみると、「ゴールデンネックス」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 栄養素をバランスよく配合した総合栄養食
  • 無着色
  • 小粒で食べやすい
  • 食物繊維配合で、毛玉の排出をサポート

約2キロで400円前後と激安の「ゴールデンネックス」。お財布には優しいですが、果たして原材料は何を使っているのでしょうか。

次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

ゴールデンネックスの原材料と成分

続いて、「ゴールデンネックス カツオマグロMIX ヘアボールコントロール」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:豆類(大豆ミール等)、小麦ふすま、タピオカ、とうもろこし、油脂類(チキンオイル、パームオイル、サーモンオイル)、ミートボーンミールコーングルテンミールフィッシュミールチキンミール、植物繊維(セルロース)、動物性たんぱく加水分解物、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、コリン)、ミネラル類(硫酸第一鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、酸化亜鉛、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ化カリウム)、塩化ナトリウム、かつお・まぐろエキス、アミノ酸類(タウリン)、保存料(プロピオン酸)、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)

goldennex
[出典:http://www.soukai.com/]

評価Eランク

主原料には豆類、その後には猫にとって重要度の低い穀類が並び、最も重要な動物性タンパク源の肉類はミールばかり。また、繊維質として使われているセルロースは、糖分を含んだ植物の繊維質素材で、食物繊維としての栄養価はほとんどありません。

食物繊維食品の保存料または香料として使用される”プロピオン酸”など、本来猫の食事に不要なものも含まれています。

値段が格安なので、お財布には優しいかもしれませんが、猫の身体にはとても優しいとはいえないです。これでは、栄養がかたよるどころか、健康体を維持することも難しいでしょう。

大豆ミールの使用

主原料として使われている大豆ミール。身体に良いイメージが大きい大豆ならミール(粉)にしてもいいじゃないかと思うかもしれませんが、これが大間違いなんです。

大豆ミールとは、大豆から有用な成分を搾り取ったあとのカス。栄養がない上に消化不良の原因になってしまう可能性もあります。

ペットフードに大豆を使用する時は、“ひきわり全脂大豆”で高品質でなければなりません。

穀類の多用

小麦ふすま(小麦粒の表皮部分)、とうもろこし、コーングルテンミール(とうもろこしの副産物)などの穀類は、完全肉食動物の猫にとって重要度が低く、体内で上手く消化することもできません。

特にとうもろこしや小麦はアレルギーを引き起こす危険性が高いと言われています。

肉類は全てミール

猫にとって最も重要な栄養素となる動物性タンパク源(肉・魚)がミールばかりは好ましくありません。

特に、ミートボーンミール(肉骨粉)は、肉そのものではない上、なんの肉の骨が使われているのかもわかりません。

安価なフードに含まれている”ミール”は、人間の食材として適さない、本来廃棄すべき動物の肉や骨を使っている危険性もあるので要注意です。

ゴールデンネックスの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ゴールデンネックス カツオマグロMIX ヘアボールコントロール」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

1.9kgで400円前後とお得なキャットフード。
開封したてはとても食いつきが良いです。
大袋で保存も下手なのか最後の方はやや食いつきが悪くなってしまいます。
それでも近所の猫がこのフードを狙って我が家に侵入しますので、それなりに美味しいのだと思います。
毛玉対応で栄養的にも問題無し。粒が小さいので、我が家の歯の欠けた猫ちゃんも食べやすいようです。(楽天市場より)

室内飼いなのでヘアボールは気になります。エサ選びはまずヘアボール対応かどうか。今回ももちろんそれで探しました。レビューに反してよく食べます。というより、一緒に買った懐石シリーズより食いつきが良いです(;^ω^) にゃんこの好みなのでしょうが、ものは試しで購入されてもいいと思います。このお値段だしー。(楽天市場より)

安いけど猫よく食べます。また安ければ、購入しようと思います。(Amazonより)

そんな決してグルメでもないお安い一般食を食べて暮らしている猫ですが、このフードは本当お見事に好きではないようです。
捨てるのも惜しく、時にいつも与えているような他のフードと混ぜて与えているのですが、よく混ぜないうちに皿を出したら、寄ってきた猫が「えー、またこれー?」ってな感じで鳴いたんですよね。笑っちゃいました。(楽天市場より)

ものすごい勢いで食べますが、添加物のことを考えると、先々、健康には良くないような気がします。
将来この子が病気になったとき、フードのせいにしたくないので・・・(個人ブログより)

食いつきに関してはバラつき有り。お値段が安いという点と、毛玉対応という点での高評価が多かったです。

しかし、最後の口コミにもあるように、原材料や添加物のことを考えたら、このまま与え続けるのは躊躇するはず。また、猫自身も、肉食動物としての本来の食事とあまりにもかけ離れていたら、そりゃあ食いつきも悪くなるでしょう。

まとめ

以上今回は、「ゴールデンネックス カツオマグロMIX ヘアボールコントロール」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ゴールデンネックス」は、不要・不安な原材料が多い激安キャットフードであることが分かりました。

安い、小粒で食べやすい、着色料無添加など良い言葉を並べても、猫にとって本当に栄養価のあるフードかどうかは原材料を見ないとわかりません。

肉食動物である猫の生態をしっかりと理解して、必要な栄養バランスのとれたフードを選びましょう。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
1

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です