キャットフードの解析とレビュー

キャトリート キャットフードの解析レビュー|原材料や成分の安全性・口コミ評判

国産で、知名度もそれなりに高い有名ペットフードメーカー・株式会社スマック。

今回の解析は、スマックのキャットフード『プチ贅沢ごはんキャトリート(国産かつお節添え)』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

プチ贅沢ごはんキャトリートの解析

ここに注目!

  • 食べやすい薄型
  • 国産のかつお節使用
  • 試しやすい210gのミニサイズ

総合評価Eランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容原材料 :★☆☆☆☆
安全性 :★☆☆☆☆
コスパ :★★☆☆☆
食いつき:★★☆☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格252g/327円
100gあたり約129円
カロリー350kcal/100g
メイン食材穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、コーングルテンミール、等)
原産国日本
酸化防止剤△(動物性油脂
着色料・保存料✕(赤色102号、黄色4号、青色1号
穀物✕(とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封:18ヶ月
開封後:1ヵ月目安
販売元株式会社スマック
最安値 Rakuten

主原料には猫の体内で上手く消化できない穀類。肉食動物の猫に最も重要な肉類・魚類はミールばかり。そして極めつけは多量の着色料。

これでは、栄養を摂取するどころか、猫ちゃんの身体の負担や害なってしまうかもしれません。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

プチ贅沢ごはんキャトリートの成分と原材料

プチ贅沢ごはんキャトリート(国産かつお節添え)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料穀類(とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、かつお節、フィッシュパウダー)、肉類(ミートミール、 チキンミール、ポークミール)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、ビール酵母、粉末セルロース、たん白加水分解物、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、 ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、pH調整剤着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号)

とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール

完全肉食動物である猫にとって最も重要な栄養素は動物性タンパク源。つまり、穀物ではなく肉・魚そのものです。

猫の身体は人間や犬とは大きく異なり、穀類を上手く消化・吸収することができません。消化不良になったり、猫の身体の負担になってしまうので、穀類が主原料(原材料の1番上)になっているキャットフードはとても栄養バランスが良いとはいえないのです。

特にトウモロコシや小麦はアレルギー発症の危険性が高いとされています。

ミートミール、フィッシュミール

上でも説明した通り、肉食動物である猫に1番重要な動物性タンパク源である肉類。良質なフードには新鮮な肉そのものが使われてる一方で、安価なフードには”ミール”というあいまいな表現が使われています。

ペットフードの”ミール”というのは粉状に砕いて混ぜ合わせたものという意味。食用の肉にできないレンダリングされた低品質肉だったり、死骸や病気の動物の肉が使われている危険性があります。

特に注意すべきなのが、”ミートミール”、”フィッシュミール”という言葉。これではいったい何の動物(魚)なのか全くわからないですよね。都合が悪いことを隠すための総称ともとれます。

ミール・エキス・パウダー・副産物など、これらの言葉が原材料の上位(多く含まれているもの)に入っていたら要注意です。

動物性油脂

ミールに続き、あいまいな表現。これでは何の動物の油脂なのか全くわかりませんよね。

動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。動物性油脂に使われた酸化防止剤は表記の義務がないため、強い合成の酸化防止剤が使われているかもしれません

脱脂大豆、粉末セルロース

脱脂大豆とは、大豆から油を抽出したあとのカス。ほとんど栄養がなく、かさ増し効果です。ペットフードに大豆を使用する時は、ひきわり全脂大豆で高品質でなければなりません。

また、繊維質として使われているセルロースは、糖分を含んだ植物の繊維質素材で、食物繊維としての栄養価はほとんどありません。こちらもかさまし効果程度にしかなりません。

pH調整剤、赤色102号、黄色4号、青色1号

猫がおいしそうだと感じるのは、視覚より圧倒的に嗅覚。着色料なんて使う必要がないどころか、猫の健康を害する可能性もあります。

また、pH調整剤は、食品の腐敗や変色を防ぐ日持ち剤として使われている保存料ですが、複数の成分が配合されたものを一括してpH調整剤と表記しているので、具体的な添加物名がわからないので不安が残ります。

プチ贅沢ごはんキャトリートの口コミ評判

実際にプチ贅沢ごはんキャトリート(国産かつお節添え)を使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

グルメな猫のお気に入り(楽天市場より)
安い!我が家のグルメなわがまま猫ちゃんのお気に入り!

かつお節の良い香り(楽天市場より)
鰹節の良い香りがしますよ。
ねこも寄って来ます。

悪い口コミ評判

まぁまぁな食いつき(楽天市場より)
まぁまぁな食い付きです。定番食の飽き防止に購入してみました。

『キャットフードの達人』管理人の見解

れんげ
れんげ

口コミに関しては食いつきが良いので、気に入っているという高評価が多かったです。

かつお節の香りで猫を誘う効果はあるかもしれませんが、原材料を見る限り、猫ちゃんの健康を保つ栄養とはかけ離れているものばかり。特に着色料や保存料が多用されているものは品質に信頼を持てません。

猫ちゃんの食いつきだけにとらわれず、中身もしっかりと購入前にチェックしましょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

まとめ:プチ贅沢ごはんキャトリートが選ばれる主な理由

  1. 国産で有名
  2. 値段が安い
  3. 食いつきが良い

結果『キャトリート』は、着色料・保存料多用の穀物メインキャットフードであることが分かりました。

完全肉食動物である猫の生態を本当に考慮していたら、消化しづらい穀物を主原料にしたり、有害な着色料や保存料を使うことはないハズです。

売り文句や食いつきに惑わされず、猫本来の健康に見合ったフードを選びましょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中
全ランク一覧はこちら

おすすめフードはこちら!
こんな記事もおすすめ
キャットフードの解析とレビュー

キアオラ(Kia Ora)キャットフードの口コミ評判・解析レビュー|カンガルー肉使用のヘルシーフード

2021年12月22日
キャットフードの達人
Kia Ora®(キアオラ)は、オーストラリアの広大な自然で育ったカンガルー生肉を使用したキャットフードです。 当サイトでは、以下のような …
キャットフードの解析とレビュー

【2023年最新】フッセ キャットフード オーパス・リンクスの解析とレビュー|評判や安全性について徹底調査しました

2017年8月22日
キャットフードの達人
フッセは野生のヤマネコの食事を参考につくられた「高タンパク質・高脂質・低炭水化物」のキャットフードです。 「口コミや評判は?」「お試しはあ …
キャットフードの解析とレビュー

パーフェクトフィット キャットフードの解析レビュー|原材料や成分の安全性・口コミ評判

2016年4月16日
キャットフードの達人
高品質・高機能で、愛猫の個性にフィット するキャットフードを世界20カ国以上で展開している『パーフェクトフィット』。 今回の解析は、『パー …
キャットフードの解析とレビュー

プリスクリプション・ダイエット c/dの口コミ評判・解析|猫の尿ケアに配慮したキャットフード

2016年4月23日
キャットフードの達人
プリスクリプション・ダイエット c/dは、猫の尿ケアに特化した療法食です。 「口コミや評判は?」「s/dと何が違うの?」そんな疑問をお持ち …
キャットフードの解析とレビュー

ロイヤルカナン 腎臓サポート ドライの口コミ評判・解析|腎臓に疾患のある猫向けキャットフード

2016年5月23日
キャットフードの達人
猫ちゃんにあげるご飯、何を選べば良いのかわからず悩んでいませんか? ロイヤルカナン(腎臓サポート ドライ)は、腎臓病のケアをするための療法 …
キャットフードの解析とレビュー

ナチュラリーフレッシュの解析レビュー|成分と原材料・口コミ評判

2017年5月11日
キャットフードの達人
2016年に新しく発売された『ナチュラリーフレッシュ』のキャットフード。名前の通り、ナチュラル(自然)で、フレッシュ(新鮮)なペットフードを …