『ねこ姫 キャットフード』の解析|成分と原材料・口コミ評

グルメな猫ちゃんをも満足させる美味しいキャットフードといわれる『ねこ姫』。

今回の解析は、キャットフード『ねこ姫(小魚&かつお節添え)』です。原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

スポンサードリンク

ねこ姫(小魚&かつお節添え)の解析

ここに注目!

  • 焼津産かつお節使用
  • フィッシュコーラゲン配合
  • 合成着色料不使用

総合評価Eランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :☆☆☆☆☆
安全性 :★☆☆☆☆
コスパ :★★☆☆☆
食いつき:★★☆☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格 300g/300円
1kgあたり 999
カロリー 380kcal/100g
メイン食材 穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉)
原産国 日本
酸化防止剤 △(動物性油脂
着色料・保存料 △(クロレラ、紅麹
穀物 ✕(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦
対応年齢 成猫用
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1~3ヵ月目安
販売元 コジマ
最安値 Amazon Rakuten

肉食動物の猫にとって重要度が低く、消化にも悪い穀類が主原料。さらに最も重要な動物性タンパク源である肉類・魚類はミールばかり。

これでは毎日食べさせるご飯として、とても栄養バランスがとれているとはいえません

また、クロレラと紅麹は確かに有害な合成着色料ではないですが、そもそもペットフードに着色料は必要ありません。猫は視覚よりも嗅覚が優れているので、着色料に関しては使われていないにこしたことはないでしょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

ねこ姫(小魚&かつお節添え)の成分と原材料

ねこ姫(小魚&かつお節添え)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉)肉類(ミートミール、チキンミール)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、まぐろエキス、かつおエキス、小魚、焼津産かつお節、えびエキス、マリンコラーゲン)、豆類(おから)、卵類(全卵粉末)、藻類(こんぶ)、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(クロレラ、紅麹)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

成分:たんぱく質: 37.0%以上、カルシウム:1.0%以上、脂質:14.0%以上、リン:0.8%以上、粗繊維:3.0%以下、ナトリウム:0.4%以上、粗灰分:9.0%以下、タウリン:0.1%以上、水分:10.0%以下

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、菓子粉

肉食動物の猫にとって穀類の重要性は低く、体内でも上手く消化することができません。

特に、トウモロコシや小麦はアレルギーを引き起こす危険性が高いと言われています。

『ねこ姫』の主原料に含まれる穀類は、トウモロコシ、コーングルテンミール(トウモロコシの副産物)、小麦粉とよりによってアレルギー発症が心配されるものばかり。毎日の食事にはおすすめできません。

ミートミール、フィッシュミール

ペットフードの”ミール”というのは粉状に砕いて混ぜ合わせたものという意味。そしてそのミールには毛や爪など本来食べるべきではない副産物や、死骸や病気の動物の肉が使われている危険性があります。

特に注意すべきなのが、”ミートミール”、”フィッシュミール”という言葉。これではいったい何の動物(魚)なのか全くわからないですよね。都合が悪いことを隠すための総称ともとれます。

ミール・エキス・パウダー・副産物など、これらの言葉が原材料の上位(多く含まれているもの)に入っていたら要注意です。

動物性油脂

ミールに続き、あいまいな表現。これでは何の動物の油脂なのか全くわかりませんよね。

また、動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。

動物性油脂に使われた酸化防止剤は表記の義務がないため、フード全体に使われている自然由来の酸化防止剤とは別に、強い合成の酸化防止剤が使われているかもしれません

スポンサードリンク

ねこ姫(小魚&かつお節添え)の口コミ評判

実際にねこ姫(小魚&かつお節添え)を使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

残さずペロリ(楽天市場より)
袋を開けたとたん、2階から駆け下りてきました。
食べっぷりも良く、残さずペロリです。

美味しいらしいです(楽天市場より)
混ぜカリカリを食べない子の定番ご飯用に。魚派なので、こちらのは美味しいらしいです(笑)小袋なので、すぐになくなってしまうので、大袋タイプがでてくれると良いなぁ…。

悪い口コミ評判

安っぽい味?(楽天市場より)
安いので試しに購入。
味的に安っぽいのか、うちの猫の食いつきが少し悪かったです。

食べませんでした(楽天市場より)
うちの猫は食べてくれませんでした。猫を飼っている友達にあげましたが、友達の家の子も食べなかったそうです。

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

口コミに関しては、食い付きによる評価が多く、原材料などの中身に触れている人はあまりいませんでした。

肝心の食い付きに関してはかなりバラつきがある様子。大好きですぐにペロリと食べてしまう猫ちゃんもいれば、一切口もつけないという猫ちゃんもいるようで、大量買いするには向きませんね。

いずれにせよ穀類が主原料のフードは毎日のご飯としてはおすすめできません。購入前に必ず原材料欄をチェックしてみましょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

まとめ:ねこ姫(小魚&かつお節添え)が選ばれる主な理由

  1. 値段がお手頃
  2. 食いつきが良い
  3. 小魚入り

結果『ねこ姫』は、天然成分の保存料・添加物を使ってはいるものの、肝心の主原料が穀物のキャットフードであることが分かりました。

せっかく、化学合成ではなく安全性の高い天然成分の保存料を使っていても、肝心の主原料が穀類やミールだらけでは、猫にとって理想的な栄養が摂取できません。

猫に本当に必要な栄養素を理解して、原材料・成分をしっかりチェックするクセをつけてみましょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中
キャットフードの達人

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です