『ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)』の解析|成分と原材料・口コミ評判

ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。

今回の解析は、猫種別おすすめフードの1つ『ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

スポンサードリンク

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)の解析

ここに注目!

  • 長毛種の毛並みの健康維持
  • 複数の食物繊維で毛玉ケア
  • アーモンド型キブル(粒)を特別採用

総合評価Dランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :★★☆☆☆
安全性 :★★☆☆☆
コスパ :★★★☆☆
食いつき:★★★☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格 2kg/2,280円
1kgあたり 1,140
カロリー 413kcal /100g
メイン食材 家禽ミート
原産国 フランス
酸化防止剤 ✖(BHA、没食子酸プロピル
着色料・保存料 ◎(不使用
穀物 ✖(米、とうもろこし、とうもろこし粉、コーングルテン
対応年齢 成猫
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヵ月目安
販売元 ロイヤルカナン ジャポン合同会社
最安値 Rakuten

被毛が長く、独特な顔の形を持つペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの成猫のためにつくられたドライフードです。

主原料に動物性のタンパク質(鶏肉・七面鳥肉)を使用。長い被毛に配慮して、食物繊維を豊富に含むことで毛玉ケアも兼ねている、長毛猫ちゃんに嬉しい設計です。

栄養素や、ギブル(粒)などはよく考えられていますが、穀類の多使用&強い合成の酸化防止剤の使用はかなりのマイナスポイント。毎日のご飯にとてもおすすめはできません。

↓ペルシャ系の猫ちゃんにおすすめのキャットフードはこちら!

栄養満点で病気予防!ペルシャ猫におすすめのキャットフード5選

2017.01.25

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)の成分と原材料

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料家禽*ミート、動物性脂肪、植物性分離タンパク**、とうもろこし、植物性繊維、とうもろこし粉、加水分解動物性タンパク、コーングルテン、チコリパルプ、魚油、サイリウム、大豆油、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

*鶏、七面鳥
**超高消化性タンパク(消化率90%以上)

たんぱく質 28.0 %以上
脂質 20.0 %以上
粗繊維 5.7 %以下
灰分 8.1 %以下
水分 6.5 %以下

動物性脂肪

“動物性油脂”という総称では、いったい何の動物の油脂なのか全くわかりません。あいまい表現は信用できませんよね。

また、動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。実際、BHA、没食子酸プロピルといった強い合成の酸化防止剤が使われているのは、動物性油脂に対してかもしれません。

米、とうもろこし、とうもろこし粉、コーングルテン

肉食動物の猫にとって、イネ科の穀類は重要度が低い上、穀物由来の炭水化物は体内で消化しづらいとされています。

また、アレルギー発症の危険性が高いとされるトウモロコシが多く使われているのも心配です。(同じくアレルゲンになりやすい小麦が使われていないのは良いですね)

アレルギー持ちの猫ちゃんはもちろん、これからアレルギーを発症させてしまうかもしれません。全ての猫ちゃんに安心して食べてもらえるという点では、グレインフリー(穀物不使用)のフードがおすすめです。

BHA、没食子酸プロピル

添加物で気になるのは何と言ってもBHA、没食子酸プロピルなどの合成の強い酸化防止剤。特にBHAは発がん性があることがわかっています。

健康に影響を及ぼす量ではないことは「ロイヤルカナン」側でも説明がされていますが、毎日の食事で自然と体に堆積していくので、愛猫の体調に異変を感じた時は使用を避け、獣医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)の口コミ評判

実際にロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)を使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

ふわふわの毛並みです(楽天市場より)
毛艶が良くなるようにあたえています。食物繊維も入っているので
安心です。いつもなでてフワフワを楽しんでいます。

体質に合っている(Amazonより)
この商品は、少なくとも我が家のキャッツには体質的にあっているようで、
他のカリカリを上げてる時の消化不良(軟便)や反芻(毛玉吐き)は無いので重宝してます。
(というかこれ以外は換えが効かない)
ロット間で、色艶(油分が多い/少ない?)や色味(水分量?)ばらつきはあるものの
キャッツの体調もかわりないので満足してます。
値段もかなり安く、配送もプライム対応しており、ずーっと愛用していきたいです。

悪い口コミ評判

よく吐くようになった(Amazonより)
この餌を食べると、よく吐くようになった。
毛玉ケアのせいかな?
うちの子には合わなかったようだ。

パサパサうんちに・・・(Amazonより)
この餌にしてから毎日1回は、吐いてしまいます。うんちも、パサパサうんちになります。

コレステロール値が上がってしまった(楽天市場より)
これを食べ始めてて二か月後ワクチンと共に健康診断をしたところ、
尿路系は異常なかったのですが、やはり脂っぽさの関係か
コレステロールが基準をちょっと上回っていました。
獣医さんからのコメントでも、このフードは脂質が多いのでこれが原因と思われるとのことでした。
個体差はあると思いますが、うちはニュートロに戻すことにしました。

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

愛猫に合っているという口コミもあれば、合わなかった・食い付きが悪かったという意見もありました。

このフードのおかげで嘔吐や軟便は改善したという口コミがある一方、逆にコレを食べさせてからよく吐いてしまうという猫ちゃんも。消化に悪く、アレルゲンになりやすい穀類や、添加物が影響している可能性もあるので、穀物不使用や無添加のものを試してみると良いでしょう。

また粒の大きさは、同じ猫種でも食べやすい食べにくいと意見が割れているので、一概に全てのペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの猫ちゃんに適しているわけではなさそうですね。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

まとめ:ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)が選ばれる主な理由

  1. 長毛種にあった粒
  2. 毛玉や毛並みケア
  3. 値段がお手頃

結果『ロイヤルカナン(ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン)』は、長毛の猫ちゃんの体質には配慮していますが、穀類や添加物に関しては不安が残るキャットフードであることが分かりました。

猫種に合わせたキャットフードは選びやすいですが、だからといってこれさえ与えていれば安心というわけではありません。原材料をしっかりチェックしておけば、愛猫の体調に異変があった時に、アレルギーや消化不良などの原因がわかるきっかけとなるでしょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中
 

↓ペルシャ系の猫ちゃんにおすすめのキャットフードはこちら!

栄養満点で病気予防!ペルシャ猫におすすめのキャットフード5選

2017.01.25
キャットフードの達人

▶️その他、「ロイヤルカナン」の情報はこちら

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。