『フッセ キャットフード』の解析|成分と原材料・口コミ評判

ペット保護先進国スウェーデン発のペットフード製造・販売会社のフッセ。

今回の解析は、そんなフッセシリーズからグレインフリーで穀物アレルギー対策バッチリのキャットフード『フッセ(オーパス・リンクス【穀物不使用】)』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

『フッセ・ドライキャットフード』その他のラインナップ

・キトゥン(子猫用)
・エクスクルーシブ・ダイジェスト(高消化)
▶️ オーパス・リンクス(穀物不使用)
・エクスクルーシブ・ラム&ライス(低アレルギー)
・エクスクルーシブ・ステアライズド(去勢・避妊後の成猫用)
・エクスクルーシブ・ライト(体重管理)
・エクスクルーシブ・ユリナリー(下部尿路)
・エクスクルーシブ・アクティブ(行動的な猫用)
・ケロケッター・チキン(ドライフード)
・ケロケッター・フィッシュ(ドライフード)

上記の中で『オーパス・リンクス』以外はアレルギーになりやすい小麦やコーンといった穀類が入っているため、今回は最もおすすめできる『オーパス・リンクス』の解析をお届けします!

スポンサードリンク

フッセ(オーパス・リンクス)の解析

ここに注目!

  • 動物性タンパク質40%
  • グレインフリーで低負担
  • 高タンパク・高脂肪・低炭水化物

総合評価Bランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :★★★★★
安全性 :★★★★☆
コスパ :★★★☆☆
食いつき:★★★☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格 100g/280円
2kg/4,480円
1kgあたり 約2,240円
カロリー 434kcal /100g
メイン食材 チキン
原産国 ベルギー
酸化防止剤 ◎(トコフェロール〔⇒ビタミンE〕
着色料・保存料 ◎(不使用
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヵ月目安
販売元 フッセ・ジャパン
最安値 公式サイト

主原料にはチキンのタンパクをたっぷり90%。フード全体のタンパク源が40%と栄養たっぷりの高タンパクフードなので、育ち盛りや活発な猫ちゃんにおすすめです。

イネ科の穀物は一切不使用のグレインフリーでチキンとポテトをベースに作られています。

全年齢対応ではありますが、高タンパク・高脂肪・高カロリーなので、腎臓が弱っている猫ちゃん(特にシニア)や、肥満気味の猫ちゃんはあげすぎに要注意です。

また、『フッセ』のキャットフードはAmazonや楽天市場での取り扱いはなく、公式サイトか一部の通販サイトでのみの購入となります。

公式サイト問い合わせはこちら

フッセ(オーパス・リンクス)の成分と原材料

フッセ(オーパス・リンクス)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料チキン、ジャガイモ、動物性脂肪(ポーク由来) 、エンドウ豆、加水分解動物性タンパク質、野菜繊維ミックス、サーモン、サーモン・オイル、醸造酵母、ミネラル、フラクト・オリゴ糖(0.3%)、乾燥全卵、レシチン(0.1%)、 ユッカ(125mg/kg)、タジェット、ローズ・マリー、グリーン・ティー

成分:タンパク質40.0%(チキン・タンパク質90%)、脂肪20.0%(ポーク由来)、粗灰分7.5%、粗繊維2.0%、カルシウム1.2%、リン1.0%、マグネシウム0.08%、オメガ3脂肪酸0.3%、オメガ6脂肪酸2.0%、炭水化物24%

チキン

野生のヤマネコの食事を参考にして作られた高タンパク質、高脂質、低炭水化物のフードで、主原料にはチキンをたっぷり使用。

チキン(鶏肉)は、動物性タンパク質であると同時に、【ビタミン】、強い骨や歯をつくる【リン】、免疫力を高める【セレン】など、健康維持に重要な栄養素が豊富に含まれています。

サーモン・オイル

サーモンオイルはDHAが豊富で、血液をサラサラにする効果があります。血液から皮膚に、皮膚から被毛に良い影響を及ぼします。

チキンだけでなく、同じく動物性タンパク源にサーモン(魚)の栄養素が入っているのは嬉しいですね。

フラクト・オリゴ糖

フラクトオリゴ糖を配合することにより、栄養素の健康な消化・吸収に配慮。お腹に優しい成分をプラスしています。

スポンサードリンク

フッセ(オーパス・リンクス)の口コミ評判

実際にフッセ(オーパス・リンクス)を使った人の口コミ情報を集めました。

吐かなくなって毛艶も良好(販売サイトPemilyより)
我が家は2匹猫が居てて、今迄獣医さんに勧められたキャットフードをあげてたんですが、それが高くて高くて。
husseのフードはそれに比べると安いのに高品質でその上、配達してくれて最高です。
1匹の猫が良く吐いてたのもhusseのフードに変えてから全く吐かなくなりましたし、
2匹共びっくりする程、毛艶が良く艶々になって喜んでいます!
これからもずっとhusseのフードを続けます。

**口コミ募集中**

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

WEBサイトで購入できるところが少なく、口コミもあまり見つけられませんでした。

通販サイトにあった口コミでは、比較的リーズナブルな上、愛猫が吐かなくなったと大好評。
嘔吐の原因はいろいろ考えられますが、アレルギーや消化不良の可能性があるなら、グレインフリーで高タンパクの『フッセ』は安心感バツグンでしょう。

また口コミが増え次第、追加していきたいと思います。

公式サイト問い合わせはこちら

フッセ(オーパス・リンクス)に期待できる3つの効果

1.チキンとサーモンのダブルタンパクで健康維持

動物性タンパク源として、チキンとサーモンの2種類を使用

猫にとって親しみやすく食いつきも良いチキンをメインに、消化によくアレルギーの危険性も低いサーモンも配合。

ちなみにサーモンは老化対策にもバッチリの抗酸化効果の高いアスタキサンチンが豊富です。

2.お腹の健康状態をキープ

腸管内の善玉バクテリアが好むフラクトオリゴ糖や、脂質の消化率を高めるレシチン、Lーカルニチンを配合。

そして、猫の体内で消化しづらいイネ科の穀類を一切使わないことで、高消化でお腹に優しいフードとなっています。

3.グレインフリーでアレルギー対策

グレインフリーフードなので、猫の体内で上手く消化できないイネ科の穀類は一切不使用、穀物アレルギー持ちの猫ちゃんでも安心して食べることができます

まとめ:フッセ(オーパス・リンクス)が選ばれる主な理由

  1. 高タンパク・低炭水化物で健康維持
  2. お腹に優しい成分
  3. 穀物アレルギー持ちの猫ちゃんにも安心

結果『フッセ(オーパス・リンクス)』は、高タンパク・高脂肪・低炭水化物で栄養たっぷりのキャットフードであることがわかりました。

まだまだ口コミなどの情報・体験談が少ないのが難点ではありますが、原材料や成分はとてもよく、栄養たっぷりのフードと言えるでしょう。

高タンパク・高カロリーなので、肥満気味の猫ちゃんにはあげすぎ注意。育ち盛りの猫ちゃんにおすすめのフードです。

公式サイト問い合わせはこちら
キャットフードの達人

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。