『ねこはぐ』キャットフードの解析|成分と原材料・口コミ評判

キャットフードの解析

食の安全を誇る日本。「国産なら大丈夫」というイメージがありますが、実はペットフードの世界では国産=安心とは言えないこと、知っていましたか?

無添加で本当に猫ちゃんのからだに良い安心できる国産キャットフードは意外と少ないのが現実。

でも、やっぱり日本に住む猫ちゃんですから、国産で安心安全なキャットフードをあげられたら嬉しいですよね。

今回の解析は、人間も食べられるヒューマングレードの食材のみを使った無添加の国産キャットフード『ねこはぐ』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

ねこはぐの解析

注目ポイント
  • 100%九州産若鶏が主原料
  • ヒューマングレードの食材のみ使用
  • 国産無添加&ノンオイルコーティング

総合評価Aランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :★★★★★
安全性 :★★★★★
コスパ :★★★☆☆
食いつき:★★★★☆
口コミ :★★★☆☆
容量/価格 1.5kg/6,980円(通常)
【毎月お届け】トクトク便の場合⇒3,980円
1kgあたり 4,653円/2,653円(トクトク便)
カロリー 383kcal /100g
メイン食材 鶏肉
原産国 日本
酸化防止剤 〇(不使用
着色料・保存料 ◎(不使用
穀物 〇(大麦・玄米など
対応年齢 子猫~成猫(6ヶ月~)
賞味期限 未開封:約1年
開封後:2~3ヵ月
最安値 公式サイト

人間基準の食材(ヒューマングレード)のみで作られた国産キャットフード『ねこはぐ』。主原料には100%九州産の若鶏をたっぷり使用しています。

一般的な安価な国産キャットフードは人工添加物が入っているものが多いですが、『ねこはぐ』は無添加にとことんこだわっているのがポイント。人工的な風味オイルを使わないノンオイルコーティングでヘルシーかつ食材本来の味で勝負しています。

グレインフリー(穀物不使用)ではないものの、アレルゲンになりやすい小麦は一切使わないグルテンフリー。使用されている穀類も栄養価が高い大麦・玄米などで安心です。

難点としては、やはりお値段がとっても高いこと。定期便は安くなりますが、最初は食いつきなど様子を見るためにも通常版を買うのが良いでしょう。猫ちゃんが気に入ったら、途中からでも定期便に変更することができます。

無添加と賞味期限の注意点
人工添加物一切不使用なのは良いことですが、ナチュラルな分、酸化や腐敗が早いので注意が必要です。
開封後の賞味期限は2~3ヶ月とありますが、なるべく1ヶ月以内に消費できるように調整しましょう。
また未開封であってもたくさん買いだめするのはあまりおすすめできません。消費できる分だけ小まめに買うのがおすすめ。

ねこはぐ公式ページはこちら

ねこはぐの成分と原材料

ねこはぐの原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料鶏肉大麦鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

成分:粗タンパク質 28.5%以上、粗脂肪分16.0%以上、粗繊維質 0.5%以下、灰分 6.5%以下、水分 8.0%以下、代謝エネルギー383kcal/100g

鶏肉・鶏レバー

主原料の鶏肉・鶏レバーは100%九州産の若鶏を使用。

チキン(鶏肉)は、動物性タンパク質であると同時に、【ビタミン】、強い骨や歯をつくる【リン】、免疫力を高める【セレン】など、健康維持に重要な栄養素が豊富に含まれています。

鰹節・煮干し

食いつきの良さに影響しているのが鰹節・煮干しを配合。栄養価たっぷりのヒューマングレード食材です。

鰹節や煮干しは塩分が高いのではと心配される方もいるかもしれませんが、『ねこはぐ』の場合、リンやマグネシウムの値が極端に高くなるほどの配合率ではないので、健康的には心配ありません。

ただ、すでに尿路結石など尿路系の病気経験のある猫ちゃんには不向きでしょう。

青じそ

国産ならではの原材料として青じそが使われているのが魅力的ですね。

青じそは猫が食べても大丈夫な種類のハーブで、ビタミンミネラルが豊富なことに加えて、アレルギーの症状緩和や食欲増進・殺菌などの効果があるのが特徴。

大麦・玄米・米ぬか

イネ科の穀類は猫の体内で消化しづらいとされているので、最近ではグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが増えていますが、『ねこはぐ』には多少の穀類が含まれています。

むしろ『ねこはぐ』では、完全なグレインフリーよりも少量の穀物は必要だと謳っており、栄養価が高く、食物繊維が豊富な穀類を厳選しています。

アレルギーの危険性が高いコーンや小麦は一切使われていないグルテンフリーは徹底しているので健康面での害は一切ありませんが、すでに穀類アレルギー持ちの猫ちゃんは要注意です。

ねこはぐの口コミ評判

実際にねこはぐを使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

食欲が増しました!(公式サイトより)
おなかの調子も良いようで以前より食欲が2倍増しです!! 添加物不使用で安心安全だし、これからも続けていきます。

体調が良さそうです(公式サイトより)
「ねこはぐ」にしてからとても体調が良さそうです!材料が体に合っていたのでしょうか。嬉しい限りです。

ごまかしがきかない(公式サイトより)
香り付きのオイルでコーティングもせず、原材料そのままでというのは自信があるからこその形だと思います!

鰹節のいい匂いが気に入ったみたい(個人ブログより)
うちの猫ちゃんがキャットフードねこはぐを食べるようになって1週間。どうやら、鰹節のいい匂いが気に入ったみたいで、ご飯の時間になると、飛びついてくれるようになりました。

悪い口コミ評判

粒が薄くて食べづらそう(個人ブログより)
味は気に入ったようです。
ただ、粒が薄いのでちょっと食べづらそう…。
なかなか口に入らず、入ってもこぼれてしまう~。

無添加ならではの注意点も(公式サイトより)
添加物がなく良い一方、フレッシュさを保つために保管だったりきちんと気を付けないといけないですね!

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

無添加のキャットフードは体に良いことは大前提としても、食いつきが良いか、食べてくれるかどうかが心配な点ですよね。
口コミを見る限りでは、粒の食べやすさ、食べづらさはあるものの、食いつき自体は良いと好評です。
人工の風味オイルではなく、自然の鰹節の香りで食いつきが良いのは安心ですね。

ただ、最後の口コミにもあるように、無添加だからこそきちょんとした保管が大事。余計な添加物が入っていないのは良いですが、酸化したり腐敗したフードはそれ以上に毒となってしまいます。
『ねこはぐ』自体、ジッパー付きの袋ですが、さらにふた付きの密閉容器に入れたり、乾燥剤を近くに置いておくとより安心です。

ねこはぐ公式ページはこちら

ねこはぐに期待できる3つの効果

①栄養たっぷりのヒューマングレード食材で健康維持

『ねこはぐ』に使われている食材はすべて国産&ヒューマングレード。主原料のチキンはもちろん、鰹節、野菜、雑穀米などもすべて安心の食材です。

安価な国産フードは、穀類が主原料だったり品質の悪い食材が使われている危険性がありますが、『ねこはぐ』は品質・栄養価共に非常にこだわっているので、食材本来の栄養を摂取することができます。

②グルテンフリーでアレルギー予防

穀類の中でもアレルゲンになりやすいとされる小麦を一切使わないグルテンフリー

グルテンフリー×無添加の組み合わせで、穀類からの栄養は取りつつ、アレルギー予防に効果的です。

③ノンオイルコーティングでヘルシーに食いつきアップ

香り付けや食いつきアップのために、キャットフードの多くは人工の風味オイルを粒にコーティングしています。

一方、『ねこはぐ』はオイルコーティングを一切せず、食材本来の香りや風味で食いつきの良さに繋げています。

特にコーティングのオイルは酸化しやすいので、不要なオイルコーティングは無いに越したことはありません。

まとめ:ねこはぐが選ばれる主な理由

  1. 国産&人工添加物無添加で安心
  2. グルテンフリーでアレルギー対策ができる
  3. 人間も食べられる安全な食材のみを使用

結果『ねこはぐ』は、無添加にとことんこだわった、栄養たっぷりの国産キャットフードであることがわかりました。

通常価格だと6,980円(1.5kg)と非常に高額なのが難点ではありますが、食材や成分に関しては信頼できるでしょう。1度試してみて愛猫が気に入ったらお得な定期便(3,980円)に変更してみては?

家族みんなで無添加のナチュラルフードでヘルシーな食生活を送りたい方や、愛猫のご飯を毎回手作りするほどこだわりがある方に、一度試してみてほしいキャットフードです。

ねこはぐ公式ページはこちら
キャットフードの達人
スポンサードリンク