「ANF」のキャットフードの原材料を徹底解析/口コミ評判

44
スポンサードリンク

アメリカで40年以上の歴史を誇る、信頼のブランド『ANF』。

今回は、そんな『ANF』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ANF タミアミ アダルト

[Photo by Paul Harrison]

「ANF」とは?

161
[出典:http://www.maruwa-pet.co.jp/]

参考価格
1,786円(内容量1.5kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1,190円/1kg
1日あたりのコスパ 約71円/日(1日60g換算)
原産国 アメリカ
メイン食材 鶏肉粉
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ○(ひき割り玄米

紹介サイトを見てみると、「ANF」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • チキン、卵、フィッシュの3種類のたん白源
  • 真空パック、ラミネートパック包装で酸化防止
  • 開封後もビタミンE・ビタミンCなどの天然成分で酸化防止
  • 低マグネシウムで尿道結石に配慮

化学薬品を使わない安全な方法での酸化防止や、猫の生態を理解した原材料、そしてもちろんAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が定める栄養基準も満たしており、「ANF」の信頼性は大きそうですね。

次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

ANF タミアミ アダルトの原材料と成分

続いて、「ANF タミアミ アダルト」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:鶏肉ひき割り玄米、鶏脂肪、ビートパルプ、ひき割りオーツ麦、乾燥卵製品、魚、醸造用酵母、天然香料、レシチン、魚油、L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、ユッカエキス、ミネラル類(塩、炭酸カルシウム、塩化カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素酸カルシウム、セレン)、ビタミン類(パントテン酸カルシウム、E、ナイアシン、ビオチン、硝酸チアミン、A、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、B12、アスコルビン酸、D3、葉酸、K)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、アスコルビン酸パルミテート)

anf
[出典:http://www.maruwa-pet.co.jp/]

評価Cランク

合成添加物は一切使わず、酸化防止剤も安全性の高い自然由来のミックストコフェロール、アスコルビン酸パルミテート(ビタミンCのエステル体)、ビタミンEを使っていて安心。ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています。

細かい点としては、やはり主原料の鶏肉”粉”が気になりますね。紹介サイトには”新鮮な鶏肉が主原料”とあるので、副産物は使われていないと思いますが、これが”新鮮な鶏肉”であれば尚良かったです。魚”粉”も同じく、こちらは何の魚か、詳細があればさらに良いですね。

穀類にひき割り玄米が使われていますが、玄米は白米ほど糖分も高くなく、トウモロコシや小麦のようにアレルギー発症の危険性も低いので、比較的安全です。オーツ麦は猫草の一種なので、猫の身体に害はありません。

ビートパルプの使用

ビートパルプとは砂糖大根の搾りカスで、栄養価はほとんどなく、かさまし程度にしかなりません。また、便を固める効果があるので、便秘気味の猫ちゃんは悪化してしまうかも。

食物繊維の役割として配合するなら、新鮮な野菜・果物・海草などの方が好ましいでしょう。

ANF タミアミ アダルトの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ANF タミアミ アダルト」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

なぜかこれが一番大好きなようです。偏らないように、そして毛玉ケアのものなどいくつかの種類を混ぜて与えていますが、これをミックスしないとご不満です。けっこう匂い強めな気がします。あと、大きくて噛みごたえがあるのかも? クオリティも良いようなのでリピしています。(楽天市場より)

よく食べてくれます!ガツガツ、、、
フード自体のニオイも嫌なニオイではないので…ニャンコにも飼い主にとっても、とてもいいフードです。(Amazonより)

大き目の粒ですが薄いのでカリカリと食べてくれています(楽天市場より)

少し粒大き目、穴が一つ空いた三角形のフードです。
色は濃い茶色で、香りは美味しそうな感じです。
まだ与えたばかりで、以前のフードと混ぜて与えてますが
一応このフードから食べています。(Amazonより)

あまり食いつきがよくなかったですね。
食べ残しが多かったので他のフードと混ぜてなんとか消費しました。(楽天市場より)

口コミは食いつき・クオリティー共に高評価が多いですね。

どんなに良い原材料を使っていても食べてくれなければ意味がないので、食いつきの良さはかなり重要です。粒の大きさや食べやすさもポイントのようですね。

他のフードと混ぜたり、ローテーションの1つとして上手く活用している飼い主さんが多いようです。

まとめ

以上今回は、「ANF タミアミ アダルト」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ANF」は、合成添加物不使用・食いつきも良好なキャットフードであることが分かりました。

鶏肉”粉”やビートパルプは気になりますが、かといって特別猫ちゃんの身体に有害なものも入っておらず、比較的安心してあげられるフードだと思います。

食いつきが良ければ、他のプレミアムフードとミックスして使ってみてはいかがでしょうか。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
44

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です