『アーガイルディッシュ』は猫にどう?評判&成分徹底解析

0
スポンサードリンク

日本人が日本の愛犬、愛猫の生活環境や食習慣を考慮し作った、日本生まれ、オーストラリア育ちの「有機認証ロゴ」付きオーガニックペットフード『アーガイルディッシュ』。

今回は、そんな『アーガイルディッシュ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:アーガイルディッシュ ワトル・キャット

「アーガイルディッシュ ワトル・キャット」とは?

argyle_dishes
[出典:http://www.argyledishes.com.au/]

参考価格
4,665円(内容量2kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約2,332円/1kg
1日あたりのコスパ 約163円/日(1日70g換算)
原産国 日本/オーストラリア
メイン食材 カンガルー肉
酸化防止剤・保存料 ◎(なし)
着色料 ◎(未使用)
穀物 △(玄米)

アーガイルディッシュ公式サイトによると・・・

  • 私達が口にする食材と同等の安全性の高い原料を使用
  • 「猫」のための良質なたんぱく
  • オーガニック原材料(有機)
  • 低アレルギー素材を使用

オーガニック認定を受けているフードというだけあって、新鮮で安全な素材を自信を持って使っているようですね。

次の項目で、原材料・成分について詳しく見ていきましょう。

アーガイルディッシュ ワトル キャットの原材料と成分

続いて、「アーガイルディッシュ ワトル キャット」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:カンガルー肉、ラム肉、オーストラリアンマッカレル(サワラ)、テイラー(アミキリ)、じゃがいも、玄米、キヌア、アマランサス、チアシード、りんご、パセリ、ひまわり種子、亜麻仁油、ブルーベリー抽出物、乾燥昆布粉、クリーバーズ、スィートフェンネル、カモミール、ユッカ、クロレラ、ビタミン&アミノ酸キレートミネラル(*1)

(*1)

ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1B6B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン、DL-メチオニン)、タウリン、イオウ、クエン酸

argyledish
[出典:http://www.argyledishes.com.au/]

評価Bランク

オーストラリアならではといったカンガルー肉をベースに、栄養バランスに優れたサワラやアミキリなどの魚類など、肉食の猫に合わせて第4原材料までを動物性を採用。猫に必要なタンパク質をたっぷり含んでいるのがわかります。

また、アレルゲンになりにくい穀類、野菜の組み合わせでアレルギー持ちの猫ちゃんや、アレルギー発症に配慮しています。

ただし、オーガニックフードならではの難点、生産性の問題や賞味期限の短さが利便性に影響すること。さらに穀物である玄米が入っていることも合わせて、Bランクにさせて頂きました。

以下、詳細を見ていきましょう。

フィトケミカルを持つりんご、パセリ、ユッカ、昆布

抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善につながると言われているフィトケミカル。このフィトケミカルが含まれるりんごやパセリなどが原材料に入っています。

ただし、こちらのフィトケミカルの効果はまだはっきりとどのように効果があるのかはわかっていません。今後の研究が期待されます。

栄養バランスに優れたオーガニックチアシードを配合

最近、ジワジワとペットフードへの使用も増え始めたオーガニックチアシード。抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸がかなり豊富に含まれています。

このオメガ3系の脂肪が不足して、バランスが悪くなってしまうと、アレルギーがひどくなったりすることがあるのです。アレルギーにしっかりと対応していますね。

酸化しにくい植物性脂肪を使用

酸化しやすく、酸化防止剤が必須の動物性脂肪は使われておらず、その代わりに植物性の亜麻仁油でカバーしています。

脂肪分を通常より10-15%ほど減

脂肪分の少ない赤身のカンガルー肉と魚、そしてラム肉を配合することで、脂肪の摂りすぎを調整できます。避妊・去勢して太りやすい猫や、室内飼いの運動量の少ない猫にもおすすめ

玄米の使用

穀類の玄米が使われているのは少し残念ですね。玄米は白米に比べて糖分は高くないものの、猫にとっては消化不良の原因になってしまうかもしれません。

オーガニックならではの生産頻度と賞味期限

もうひとつの難点としては、この「アーガイルディッシュ」、年3~4回の限定生産となっていること。必要な時に手に入らないというのは、日常の食事として厳しいものがありますよね。

また他のフードに比べて賞味期限が短く、製造後6カ月となっています。

アーガイルディッシュ ワトル キャットの口コミ評判

それでは最後に、実際に「アーガイルディッシュ ワトル キャット」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

【食いつき】◎
【栄養バランス】◎
【安全性】◎
【価格】○
【保存期間】△
【香り】○
【その他】
お腹が弱いうちの猫に。(楽天市場より)

季節の変わり目になると、たまに血便をしてたので
繊維質が比較的高めのこちらで改善されるかどうか
試してみました。
結果、我が家の猫にはすごく良いです。(楽天市場より)

最初便がやわらかめになりましたが、今では良い便が出てます。食いつきもよいです。(たまのおねだりより)

お腹の弱い猫のために、いろいろなフードを試したどり着きました。
うちの子は、繊維が多めのフードが合うようなので、チアシード入に惹かれました。
前回2kgを試して良かったので、リピートです。
小粒ですが、少し硬めなので慣れるまでは戸惑ったようです。
災害時のためある程度、まとめ買いしておきたいのですが、製造日が決まっているようなので、まとめ買いが難しいですね。
大袋を買って真空パックにしようと思いますが、減り方のリズムを掴めるまでは困るかも。(楽天市場より)

食物アレルギーを持つ猫のために購入しました。
たくさんの食材にアレルギーがあり、なかなかアレルギー症状の出ない
フードが見つかりませんが、現在はこのフードがかろうじて食べられます。
主なタンパク源がカンガルーなせいか、食いつきはあまり良くありませんが
拒否せずに食べているのでこのまましばらくは続ける予定です。
ただ、食べ物に好き嫌いのある猫は食べないかも知れません。(我が家でも5匹中2匹は
食べません。)良いフードだと思うので、残念です。(楽天市場より)

アレルギー体質のようでこれしか食べられません。慢性下痢が治ってうれしいです。高価ですが。。。(楽天市場より)

アレルギー持ち、お腹が弱い猫ちゃんを中心に人気、効果的のようですね。ただし、食いつきに関しては、カンガルー肉では好みもはっきりと分かれるようですね。

やはり、消費者側としても、製造頻度と賞味期限からまとめ買いや必要な時にちょうど良い分を買えないという点が難点ですね。オーガニックで、良いものを使っているからこそなので、新鮮なうちに食べきれるよう計算しての購入を心がけましょう。

まとめ

以上今回は、「アーガイルディッシュ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「アーガイルディッシュ ワトル キャット」は、アレルギー持ちの猫ちゃん向けの完全オーガニックフードであることが分かりました。

健康で活発な猫ちゃんというより、アレルギー持ち、お腹が弱い、下痢気味、また脂肪分をおさえているので、避妊・去勢して太りやすい状態にある猫におすすめしたいキャットフードです。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
0

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です