アーテミス『フレッシュミックス 猫用』!徹底解析&口コミ

11
スポンサードリンク

世界25カ国以上で愛されているアメリカ生まれのプレミアムフード『ARTEMIS(アーテミス)』より、ヒューマングレード(人間が食するものと同じ)のペットフード『FRESH MIX(フレッシュミックス)』。

今回は、そんな『ARTEMIS FRESH MIX(アーテミス フレッシュミックス)』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:フレッシュミックス フィーライン

「アーテミス フレッシュミックス フィーライン」とは?

freshmix
[出典:http://www.kmt-dogfood.com/artemis/top.html]

参考価格
1,979円(内容量1kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約1,979円/1kg
1日あたりのコスパ 約168円/日(1日85g換算)
原産国 アメリカ
メイン食材 フレッシュチキン
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 △(大麦)

アーテミス公式サイトによると「フレッシュミックス」は・・・

  • 私たち人間が口にできる厳選された新鮮素材だけを使ったフード
  • 幼猫から成猫、妊娠期・授乳期に対応
  • 複数の動物性タンパク質をベストバランスで配合
  • 必要な栄養素をあますことなく網羅
  • 栄養成分の吸収効率をあげる独自の製法

新鮮な素材にこだわり、猫に必要な栄養素のバランスがよく考えられたフードのようですね。

次の項目で、原材料・成分について詳しく見ていきましょう。

アーテミス フレッシュミックスの原材料と成分

続いて、「アーテミス フレッシュミックス」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:フレッシュチキン・ドライチキン・えんどう豆・大麦・米糠・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・チキンスープ(天然風味料)・ドライ魚肉・フラックスシード・硫酸水素ナトリウム・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L‐カルニチン・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ・ラクトバチルスアシドフィルス・サッカロミセス発酵溶解物・乾燥麹菌発酵エキス・亜鉛タンパク質・ビタミンE・ナイアシン・マンガンタンパク質・銅タンパク質・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・チアミン硝酸塩・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸塩ナトリウム・ビタミンD・葉酸

freshmix2
[出典:http://www.kmt-dogfood.com/artemis/top.html]

評価Aランク

公式サイトで言われている通り、必要な栄養素をまんべんなく取り入れていますね。食材から摂取できる栄養を理解し、有害なものは排除しています。

エキス系が多いのは少し気になりますが、猫に有害なものはありません。

成分表を見ると、高タンパク・高脂肪・高カロリーであることがわかります。成長期の幼猫、活発な成猫、妊娠期・授乳期の母猫にぴったりですね。

大麦の効果

イネ科の大麦が入っているので、グレインフリーではないですが、消化が悪かったり、アレルギー反応を起こす可能性がある小麦、トウモロコシ、大豆は一切使用していません。

大麦と小麦は名前は似ていても全く別の植物です。大麦は食物繊維、ビタミンに加えて、カルシウム・鉄分などのミネラルが含まれています。

食材に含まれる豊富な天然ビタミン&ミネラル

アミノ酸をバランス良く含んでいるタンパク源のチキン。米糠(ぬか)には、ビタミンB類・カルシウム・アミノ酸・鉄分などの豊富な栄養素が含まれています。

また、えんどう豆はイネ科ではないので、グレインフリーに含まれ、食物繊維が豊富ながらも消化率が高いのが特徴です。

肉類(タンパク質)をベースにしながらも、厳選された新鮮な野菜や果物もバランス良く使用されていますね。

天然の保存料を使用

鶏脂肪を使用していますが、保存料には天然の酸化防止剤である混合(ミックス)トコフェロールが使われています。これは、合成のものより安心できると言われていますね。

また、原材料のローズマリーエキスも抗酸化作用があり、天然の保存料として使われています。ビタミンEも脂肪の酸化を防ぐ効果があります。

猫の消化酵素のための製造方法

猫の体内の重要な成分である「消化酵素」は加熱すると効力が低減してしまいます。「フレッシュミックス」はフードを一度製造しながら過熱し、その後常温に覚ましてから消化酵素を加える方法を採用しています。

アーテミス フレッシュミックスの口コミ評判

それでは最後に、実際に「アーテミス フレッシュミックス フィーライン」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

飼い始めた時からこの餌を与えています。
人間が食べられるレベルの材料で作られた餌なので、
体に悪いわけがないと思います。
毛並みもツヤツヤ、骨格もとてもよく引き締まっています。(ねこきちのキャットフード専門店より)

毛並みがとても良くなった。
今まではガツガツ一瞬で食べ終わってたけど、これにはあまりガツガツしない。
初めはあんまり食べたくないのか心配したけど、結局食べてしまうので、いい食べ方が出来るようになったのだと思う。(Amazonより)

猫のご飯は犬に比べて無添加が少なくて選びにくいのですが、そのなかでもアーテミスのフィーラインはコスパがよくてウンチの匂いも少なく最終的にこれで落ち着いています。(ねこきちのキャットフード専門店より)

生後2ヶ月程で保護し、既に乳歯も生え揃った離乳後の仔猫用です。
そのままでも食べられますが、まだちょっと食べにくそうなのでウェットと一緒にあげてます。
仔猫の時期に食べた物がこれからの一生を左右するので、原材料や原産国が怪しそうな安いフードの味は覚えさせないようにしています。(楽天市場より)

好き嫌いの激しいネコでも食べてくれます。久しぶりに買いましたが、美味しいみたいでよく食べます。毛玉ケアなのも嬉しい。ただ、よく噛まないで食べる子は、吐いてしまう事がたまにあります。 我が家では、ローテーションの1つです。(楽天市場より)

もうすぐ一歳になる猫2頭です。現在、他のメーカーのプレミアムフードを与えていますが、慣れてくると飽きるのか、残す事が増えてきたので、色々調べた結果、このフードにしてみました。家の子達は、喜んで食べてました。臭いも少なく、色は薄い茶色で、粒は小さめです。袋にチャックができるのがいいです。ただ、色んな成分が入っているのが気になりました。私が素人だから解らないだけかもしれませんが…だから、今までのフードとローテーションで与えようと思っています。(UG pet.comより)

原材料が新鮮で安心できるという面で、ポジティブな口コミが多いですね。毛並みがよくなったという口コミも目立ちました。

高カロリー・高タンパクなので、成長期の子猫用にも最適ですね。食べづらそうだったら、口コミにもあるようにウェットフードやお水、お湯でふやかしたり、砕いて食べやすくしてあげましょう。

やはり原材料に気を使っている人が選ぶという印象が強いですね。心配なこと、わからないことがあれば直接メーカーや販売店で聞いてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

以上今回は、「アーテミス フレッシュミックス フィーライン」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「アーテミス フレッシュミックス」は、栄養価が高く、猫の成長・健康に良いキャットフードであることが分かりました。

人間が同じように食べられるという基準を満たした食材選びは、飼い主としてもとても安心できますよね。これなら、成長盛りの子猫が長く愛用するフードとしてもおすすめできそうです。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
11

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です