『ゴールデンネックス』の解析|成分と原材料・口コミ評判

ペットフード公正取引協議会の定める総合栄養食の基準を満たしている『ゴールデンネックス』のキャットフード。

今回の解析は、『ゴールデンネックス(お魚味とお肉味ミックス)』です。原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

スポンサードリンク

ゴールデンネックス(お魚味とお肉味ミックス)の解析

ここに注目!

  • カツオ味&マグロ味&チキン味
  • 無着色
  • 食べやすい小粒

総合評価Eランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :★☆☆☆☆
安全性 :★☆☆☆☆
コスパ :★☆☆☆☆
食いつき:★★☆☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格 2kg/780円
1kgあたり 390
カロリー 342kcal/100g
メイン食材 豆類(大豆ミール等)
原産国 タイ
酸化防止剤 △(油脂類
着色料・保存料 ◎(不使用)
穀物 ✕(小麦ふすま、とうもろこし、コーングルテンミール
対応年齢 成猫用
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1~3ヵ月目安
販売元 IACL(イトウ&カンパニーリミテッド)
最安値 Rakuten

主原料には豆類、その後には猫にとって重要度の低い穀類が並び、最も重要な動物性タンパク源の肉類はミールばかり。

値段が格安なので、お財布には優しいかもしれませんが、猫の身体にはとても優しいとはいえないです。これでは、栄養がかたよるどころか、健康体を維持することも難しいでしょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

ゴールデンネックスの成分と原材料

ゴールデンネックス(お魚味とお肉味ミックス)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料:豆類(大豆ミール等)、小麦ふすま、タピオカ、とうもろこし、チキンミール、油脂類(チキンオイル、パームオイル、サーモンオイル)、ミートボーンミールコーングルテンミール、動物性たんぱく加水分解物、フィッシュミール、かつお・まぐろエキス、塩化ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、C、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、コリン)、ミネラル類(硫酸第一鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、酸化亜鉛、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ化カリウム)、アミノ酸類(タウリン)、保存料(プロピオン酸

成分:粗たんぱく質27.0%以上、粗脂肪9.0%以上、粗繊維7.0%以下、粗灰分9.0%以下、水分10.0%以下

大豆ミール

主原料として使われている大豆ミール。身体に良いイメージが大きい大豆ならミール(粉)にしてもいいじゃないかと思うかもしれませんが、これが大間違いなんです。

大豆ミールとは、大豆から有用な成分を搾り取ったあとのカス。栄養がない上に消化不良の原因になってしまう可能性もあります。

ペットフードに大豆を使用する時は、ひきわり全脂大豆で高品質でなければなりません。

小麦ふすま、とうもろこし、コーングルテンミール

小麦ふすま(小麦粒の表皮部分)、とうもろこし、コーングルテンミール(とうもろこしの副産物)などの穀類は、完全肉食動物の猫にとって重要度が低く、体内で上手く消化することもできません。

特にとうもろこしや小麦はアレルギーを引き起こす危険性が高いと言われています。

ミートボーンミール

猫にとって最も重要な栄養素となる動物性タンパク源(肉・魚)がミールばかりは好ましくありません。

特に、ミートボーンミール(肉骨粉)は、肉そのものではない上、なんの肉の骨が使われているのかもわかりません。

安価なフードに含まれている”ミール”は、人間の食材として適さない、本来廃棄すべき動物の肉や骨を使っている危険性もあるので要注意です。

プロピオン酸

食物繊維食品の保存料または香料として使用されるプロピオン酸など、本来猫の食事に不要なものも含まれています。

スポンサードリンク

ゴールデンネックスの口コミ評判

実際にゴールデンネックス(お魚味とお肉味ミックス)を使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

安くて食いつきも良い(Amazonより)
安くて良く食べてくれるので助かってます。なくなったらまた購入します。

量が多くてオトク感(Amazonより)
量が多いので香りが段々落ちて、不味く成るのが心配です、現在、三分の一残っていますが、初めと変わらず食べています、四キロはお得感が有ります。

悪い口コミ評判

不人気でした(Amazonより)
うちの公認猫にも、どこからともなくやってくる人の家の猫にも不人気でした

このフードだけ残す(Amazonより)
このお品だけで食べてくれる子はほとんどいません。
他のフードに混ぜ合わせたりして与えますが、このフードだけ上手に残して食べています。

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

食いつきに関してはバラつき有り。お値段が安いという点と食いつきが良いという点で高評価が多かったです。

しかし、原材料や添加物のことを考えたら、このまま与え続けるのは躊躇するはず。また、猫自身も、肉食動物としての本来の食事とあまりにもかけ離れていたら、そりゃあ食いつきも悪くなるでしょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

まとめ:ゴールデンネックスが選ばれる主な理由

  1. 大容量でお値段が格安
  2. 食いつきが良い
  3. 無着色

結果『ゴールデンネックス』は、不要・不安な原材料が多い激安キャットフードであることが分かりました。

安い、小粒で食べやすい、着色料無添加など良い言葉を並べても、猫にとって本当に栄養価のあるフードかどうかは原材料を見ないとわかりません。

肉食動物である猫の生態をしっかりと理解して、必要な栄養バランスのとれたフードを選びましょう。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中
キャットフードの達人

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。