カナガンのキャットフードを徹底解析!原材料&口コミ評判

5
スポンサードリンク

イギリス最高級のグレインフリー(穀物不使用)キャットフード『CANAGAN(カナガン)』。

今回は、そんな『CANAGAN(カナガン)』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:CANAGAN(カナガン)キャットフード(ドライ)

「CANAGAN(カナガン)」とは?

kanagan
参考価格
3,960円(内容量1.5kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約2,640円/1kg
1日あたりのコスパ 約132円/日(1日55g換算)
原産国 イギリス
メイン食材 乾燥チキン
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

公式サイトによると、CANAGAN(カナガン)のキャットフードは・・・

  • 最高レベルな美味しさとベストな栄養バランス
  • 全ライフステージに対応
  • 穀物完全不使用(グレインフリー)レシピ採用
  • 人工添加物不使用
  • カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材を厳選
  • 栄養たっぷりの動物性原材料 70% / ビタミンとミネラル豊富な野菜&ハーブ 30%

消費者(猫)が気になる重要なポイントをすべて押さえてますね。

獣医師も認める3つのおすすめポイント「動物性タンパク質が豊富」「グレインフリー」「全猫種・ライフステージ対応」が全て備わった、安心安全のキャットフードと言えるでしょう。

CANAGAN(カナガン)の原材料と成分

続いて、「CANAGAN(カナガン)キャットフード」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

canagan2
[出典:https://www.canagancatfood.co.jp/]

評価Sランク

完全肉食動物である猫の生態を考慮した上で、非常に栄養バランスが良いフードであることが原材料・保証成分表から見てもわかります。

もちろん、猫に不要・有害な人工添加物は一切使われていない、100%無添加フードですよ。

猫が本来必要とする栄養素を完備

肉食動物として猫に本当に必要な栄養バランスを見直し、肉の配合比率を従来のキャットフードよりも高めています。上の原材料欄の肉の比率をみてみると、60%以上に鶏肉(チキン)が使われていますね。

また、新鮮な野菜やハーブを配合することで、食材からビタミン・ミネラルを豊富に摂取することができます。

ヒューマングレードの健康的で新鮮な食材

人間が食べられる高品質で新鮮な原材料を使用しています。

  • 動物性タンパク源の大部分を占めるチキンは、新鮮な生肉を贅沢に使用
  • 消化・腹持ち共によく、抗酸化作用に優れ、食物繊維を豊富に含むサツマイモ使用
  • ミネラルを豊富に含む海藻を使用
  • 免疫力向上(マリーゴールド)、ビタミンCで尿路結石予防(クランベリー)、ストレス軽減(カモミール)

無駄なものはなく、材料ひとつひとつにしっかりと役割があるのがわかりますね。

国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造しており、品質管理も徹底しています。

全ての猫が安心のグレインフリー

消化器官の異常や皮膚トラブルなど、猫のアレルギーを引き起こしやすいと言われている穀物。すでにアレルギー持ちの猫ちゃんもいますよね。穀物使用の多くはコスト削減などメーカー側の事情です。

猫は人間とは違い、炭水化物ではなくタンパク質からエネルギーを得る生き物。『カナガン』のキャットフードは穀物を一切使用せず(グレインフリー)、全ての猫が安心して栄養を摂取できるものだけを厳選しています。

子猫からシニアまで全ライフステージに対応

カロリーやタンパクの量から、意外と全ライフステージに対応しているキャットフードは少ないのが現実。

『カナガン』は年齢・活動量・代謝・住環境などに応じて、適切な給与量を調節することで子猫からシニアまで一生をかけて付き合えるキャットフードなのです。

値段は高い?長い目で見たコスパの良さ

・・・とは言っても実際気になるのはお値段。栄養分や原材料にこだわっていれば、それだけ値段が上がるのは避けられません。

しかし『カナガン』の場合、1粒にぎっしりと栄養が詰まっているため、与える量は他のキャットフードに比べて少なくても良いのがポイント。キャットフードの減りが抑えられて経済的、しかも全ライフステージ対応なので、長い目で見たらコスパも良いのです。

さらに「定期コース」なら最大20%割引が受けられますよ。

CANAGAN(カナガン)の口コミ評判

それでは最後に、実際に「CANAGAN(カナガン)キャットフード」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

canagan

[以上、カナガン公式サイトお客様の声より]

原材料や成分分析値を見る限りでは良いフードだと思っています。
特に栄養バランス、タンパク質:脂肪の比率、低糖質であること、
糖質源が低GI食材メインであること、タウリンの含有量が高いこと。
このあたりを高評価します。
個人的には海藻を使っているのも良いなあ(ミネラルとヨウ素)(Yahoo知恵袋より)

カナガンを食べだして5ヶ月に成りますが、良かったところは
毛並みが良く成った、毛艶が良く成った、便が綺麗に出る、体重が605g減った、運動量が増えた、体の動きがシャープになって動きが早いですね、
今のところリスクは有りません。(Yahoo知恵袋より)

とっても、食いつきがいいです。匂いが強めなのですが、猫にとっては食欲をそそる匂いのようで
開封した途端、走ってきました(笑)食べ終わったらお水を飲んで、満足そうに顔を洗っていました。(ブログより)

原材料に関する信頼はバツグンに厚く、「便の調子」が良くなったとの高評価がほとんど。

食いつきの良さは実際バラつきがあるようですが、根気よく食べさせていけば適応してくれる猫が多いようです。

グレインフリー・全ライフステージ対応なので、アレルギー持ちの猫ちゃんがいる家庭や多頭飼いの家庭で愛用されています。

口コミからも、多くの飼い主さん&猫ちゃんが満足しているのがわかりますね。

まとめ

以上今回は、「CANAGAN(カナガン)キャットフード」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「CANAGAN(カナガン)」は、猫のことをよくわかった上でつくった、安心安全・栄養たっぷりのキャットフードであることが分かりました。

これなら、どの猫ちゃんにも自信を持っておすすめできます。健康な猫はもちろんですが、アレルギー持ちでなかなかフードが合わない、便の調子が悪い、など悩みがある時こそ、一度『カナガン』を試してみてください!

スポンサードリンク
5

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です