肥満対策!ダイエットにおすすめのキャットフードランキング

7
スポンサードリンク

最近ちょっと太り気味になってきた、元気なのは良いけど食べ過ぎ、運動せずに寝てばっかりで太りそう・・・そんな愛猫への悩みを抱える飼い主のみなさん。

デブ猫も可愛いですが、肥満を放っておくと心臓や関節の負担となり、 様々な病気のリスクを高めることになってしまいます。

今回は、ダイエット用キャットフードを選ぶときのポイント、そして肥満猫におすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by CaptainBagpuss]

ダイエット用のキャットフードを選ぶときのポイント

ダイエット用のキャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

低脂肪・低カロリーのものを選ぶ

運動不足や高カロリーの食事が原因で肥満体質になってしまった猫ちゃんには、低脂肪・低カロリーのフードでこれ以上余計な脂肪をつけてしまうのを防ぎましょう。

魚メインのフードは比較的低カロリーで吸収が良く、ダイエットフードとして使われています。

低炭水化物のものを選ぶ

炭水化物を多く含むフードを食べ続けていると、体重は太ってなくても、皮下脂肪・内臓脂肪となって体内に蓄積してしまっている可能性があります。

完全肉食動物である猫にとって炭水化物は体内で消化しづらく、余分な脂肪となって身体に残ってしまいます。猫の生態に配慮した【低炭水化物】を徹底したフードがダイエットにおすすめです。

体重管理機能のあるものを選ぶ

消化に良い食材や、中性脂肪になりにくい原材料を使った体重管理・減量を目的としたフードも多く発売されています。

猫に必要な栄養素をカバーし、有害な添加物を使っていないBランク以上のフードの中から、体重管理機能のあるものを選んでみましょう。

ダイエット中の肥満猫におすすめのキャットフードランキング

  1. 低脂肪・低カロリー
  2. 低炭水化物
  3. 体重管理機能

この3つのポイントに「価格」や「みんなの評判」も考慮したおすすめキャットフードをランキングにしました。

第3位:ナチュラルバランス リデュースカロリー

natural_balance_reduce
  • ランク:Bランク
  • 1日あたりのコスパ¥97

米国USDAの承認を受けた原材料のみを使ったプレミアムキャットフード『ナチュラルバランス』。

肥満気味の猫ちゃんのダイエットフードとしておすすめなのが、「ウルトラプレミアムリデュースカロリーフォーミュラドライキャットフード」です。

主原料にはチキンの乾燥肉を使用。タンパク質と脂肪をバランス良く配合してカロリーを抑えたリデュースカロリーは減量フードの中でもレベルの高い商品。嗜好性と体重管理を兼ね備えたキャットフードです。

第2位:NOWフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント

now_senior
  • ランク:Aランク
  • 1日あたりのコスパ:¥155

ターキー(七面鳥)を主原料に使い、アレルギーに配慮して穀物は一切不使用(グレインフリー)のナチュラルキャットフード『NOWフレッシュ』。

そんな『NOW』の「シニアキャット&ウェイトマネジメント」は、バランスの良いタンパク質と脂質で体重管理に役立ちます

健全な消化を助けるプレバイオティクス、プロバイオティクス配合。中性脂肪になりにくいココナツ油を採用した、肥満猫に嬉しいキャットフードです。

第1位:シンプリー

symply
  • ランクSランク
  • 1日あたりのコスパ:¥158

アレルギーの心配が少ないサーモンメインで低カロリーのヘルシーキャットフードといえば「シンプリー」。カロリーを抑えながら、猫に多く見られる尿路結石や毛玉トラブルの予防ができる原材料が全てバランス良く含まれているスーパーフードなのです。

「高タンパクかつ低炭水化物のキャットフード」を徹底。不要な脂肪分は使っておらず、カロリーも357kcalと低カロリーで、肥満気味の猫ちゃんでも安心して食べられます。

肥満猫にはもちろん、獣肉アレルギー持ちやシニア猫にもおすすめです。

スポンサードリンク
7

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です