『ブリスミックス』キャットフードの解析|成分と原材料・口コミ評判

キャットフードの解析

今回の解析は、人間が食べられるヒューマングレードの食材を使った、口腔内環境にも優しいキャットフード『ブリスミックス』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

スポンサードリンク

ブリスミックスの解析

ここに注目!

  • 新鮮なチキンがメイン
  • グルテンフリーでアレルギー対策
  • 口腔内善玉菌K12で口内の健康維持

総合評価Bランク
(全ランク解析一覧はこちら)

評価内容 原材料 :★★★★☆
安全性 :★★★★☆
コスパ :★★★★☆
食いつき:★★★☆☆
口コミ :★★★★☆
容量/価格 1kg/2,138円
1kgあたり 2,138円
カロリー 352.9kcal /100g
メイン食材 フレッシュチキン
原産国 アメリカ
酸化防止剤 ◎(混合トコフェロール⇒ビタミンE)
着色料・保存料 ◎(不使用)
穀物 △(玄米・白米)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヵ月目安
最安値 Amazon Rakuten

新鮮なチキンを主原料にたっぷり使用した『ブリスミックス』。

猫にとって消化に悪くアレルギーにもなりやすい小麦・とうもろこし・大豆は一切使っていないグルテンフリーのフードです。

ただし、玄米や白米といったイネ科の穀類が使われているので、すでに穀物アレルギーの猫ちゃんは要注意

お口の状態を整えてくれる口腔内善玉菌K12、アガリクス茸・乳酸菌EF2001・グルコサミン・コンドロイチンなど健康にこだわった成分を贅沢に配合しています。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

ブリスミックスの成分と原材料

ブリスミックスの原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料フレッシュチキンドライチキン玄米・えんどう豆・白米・えんどう豆粉・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・チキンスープ(天然風味料)・フラックスシード・塩化コリン・塩化カリウム・タウリン・グルコサミン塩酸塩・ケール・チアシード・パンプキン・ブルーベリー・キヌア・ドライケルプ・ココナッツ・ほうれん草・人参・パパイア・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウムアニマリス・キレート亜鉛・エンテロコッカスフェカリスEF2001アガリクス・ストレプトコッカスサリバリウスK12(口腔内善玉菌)・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・コンドロイチン硫酸・硫酸銅・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ビタミンD・葉酸

成分:粗タンパク質 30.0%以上, 粗脂肪 12.0%以上, 粗繊維 4.0%以下, 水分 10.0%以下, オメガ6脂肪酸 3.3%以上, オメガ3脂肪酸 0.5%以上, グルコサミン 300mg/kg以上, コンドロイチン 100mg/kg以上, カルシウム 1.4%, リン 1.1%, ナトリウム 0.33%, マグネシウム 0.1%

フレッシュチキン・ドライチキン

チキン(鶏肉)は、動物性タンパク質であると同時に、【ビタミン】、強い骨や歯をつくる【リン】、免疫力を高める【セレン】など、健康維持に重要な栄養素が豊富に含まれています。

また『ブリスミックス』の原材料は冷凍ものを使わず、すべて冷蔵保存されたものを使用。風味を損なわず、高い嗜好性を保てています。

エンテロコッカスフェカリスEF2001

まるで呪文のような名前ですが、「乳酸菌EF2001」の正式名称です。

乳酸菌の一種で、生菌ではなく死菌にすることで活性率を高める効果あり。日本はもちろん国際的にも評価されています。

アガリクス

ブラジル産「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という名の茸(キノコ)です。

他のキノコとは違い、βグルカン(免疫アップ成分)を多く含むため、人間用でもサプリメントとしても使用される健康的な食材ですよ。

玄米・白米

残念なのが玄米や白米といったイネ科の穀類の使用。

とはいっても、アレルギーの危険性が高い小麦やとうもろこしは使われていないので、安全性は高いと言えるでしょう。

玄米は栄養価が高く評価されていますが、白米は糖分が高いので要注意。

肥満気味の猫ちゃんの場合、小麦・とうもろこし・白米などの血糖値上昇の値が高い炭水化物源が入っていないフード(グレインフリー)がおすすめです。

スポンサードリンク

ブリスミックスの口コミ評判

実際にブリスミックスを使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

歯周病に良い成分がありがたい (Amazonより)

遠方の大型店でたまたま購入しましたが、ネコが大好きみたいです。家から遠いのでなかなか行けないと思っていたのですが、ネットで購入することができ大変助かっています。歯周病に良い成分が入っているみたいなので、ありがたいと思います。

口内炎持ちにも安心 (楽天市場より)

我が家の元野良猫3歳がキャリア持ちのため 免疫力が弱く口内炎も酷くフードを探していたところ SNSで教えて頂きこのフードにたどり着きました。とても良いもので作られていてうちの子にピッタリで安心して食べさせてあげれます。粒も小粒で口内炎で痛みがある時でも丸呑みして食べています。口溶けも良いと書いてありました。効果はあるのか わかりませんが酷くはなっていません。コロコロうんちがしっかりとしたうんちになってます。

よく食べてくれます (楽天市場より)

口内炎が酷くてまだ8歳なのに片側の歯が全部抜けてしまい、口が痛い時は全く食べない仔に、ペット用のプロポリス、ペット用の口腔内の乳酸菌サプリに加えてこのフードをあげています。
まだ食べ始めたばかりですが、調子が良いのか、よく食べてくれます

悪い口コミ評判

米類が気になる (Amazonより)

玄米と白米が入っているのが気になるため☆4。でもコンセプトは良いと思います。

うちの猫たちには不評 (楽天市場より)

とても良さそうなフードだったのですが、6歳と7歳のうちのネコ達は残念ながらほとんど食べてくれませんでした。

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

る口腔内善玉菌K12配合を売りにしているだけあって、愛猫の口内炎や歯周病が気になるオーナーさんたちから好評です。

口内の不調や痛みは猫ちゃんの食欲やフードの食べづらさに影響するので非常に重要。食いつきも良いようで試してみる価値はありそうですね。

マイナスの口コミには玄米・白米といった穀類の使用が指摘されていますが、玄米などは栄養価も高い上に、米自体は有害ではないので、比較的安心して食べさせられるご飯だと思いますよ。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

ブリスミックスに期待できる3つの効果

①ヒューマングレードの素材で栄養たっぷり

人間が食べても大丈夫なヒューマングレードで栄養たっぷりの素材を使用したキャットフードです。

『ブリスミックス』に使われているお肉や野菜は冷凍をせずに、すべて冷蔵保存されたものを使用しています。

風味を損なわない上に、余分な添加物や油で風味をごまかしていないので、猫ちゃんの食いつきにも期待ができそうです。

②口内環境を整える成分配合

『ブリスミックス』ならではのイチオシ成分が「ストレプトコッカスサリバリウスK12(口腔内善玉菌)」。

お口の状態を整えてくれる口腔内善玉菌で、口内炎・歯周病・歯茎炎・口臭などお口のトラブルを抱えている猫ちゃんに効果的です。

③関節や軟骨の健康維持

人間の体にとっても重要なグルコサミンやコンドロイチンを配合。

関節や軟骨の健康維持に役立つので、若い頃に比べて運動量も減ってきて、筋肉や骨の力が弱ってきた猫ちゃんにありがたい成分ですね。

まとめ:ブリスミックスが選ばれる主な理由

  1. 口内炎持ちの猫ちゃんに好評
  2. グルテンフリーでアレルギー対策
  3. 口コミで評価が高い

結果『ブリスミックス』は、グルテンフリーで栄養満点、口腔内環境に不安のある猫ちゃんにもぴったりのキャットフードであることがわかりました。

療法食なみに免疫力やお口の健康に良い成分を配合している上、主原料にもしっかり動物性タンパク源を使用しており、栄養価が高く安心できるフードです。

口コミでの評価が高いのも嬉しいポイントですね。ぜひ、愛猫のお口のトラブルが気になる方は一度試してみてください!

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中
キャットフードの達人
スポンサードリンク