猫の腎臓ケア・腎臓病予防に!おすすめキャットフードランキング

12
スポンサードリンク

人間も猫も、高齢になるにつれ病気のリスクも大きくなっていきますよね。

猫の病気の中でも、なりがちなものの1つとして「腎臓病」があげられます。腎臓機能の低下は、老廃物を体外に出したり、血圧を調節することができなくなり、猫ちゃんの身体に大きな負担となります。

今回は、「腎臓ケア」用のキャットフードについて。選ぶときのポイントとおすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by Ruth Temple]

猫の腎臓病とは?

腎臓は尿をつくる大事な器官。特に、高齢になると慢性腎不全などの病気にもかかりやすいので、腎臓ケアはとても大切です。

猫の腎臓病の発生率はとても高く、非常によくある病気だと言われています(実際、15歳以上の猫の30%が慢性腎臓病になっている)

そしていったん腎臓の組織が壊れてしまうと、治療をしても健康の頃のように戻すことはできません。

腎臓ケアとして日々の食事はとても大事。食事療法で、腎臓の健康維持を目指しましょう。

腎臓病のサインかも!注意すべき症状例

  • 水をやたら飲み、尿の量も増えた
  • 体重が減った
  • おしっこのニオイが減った
  • 毛並みが悪くなった、ぼそぼそになった
  • 食欲がない
  • 口臭や歯ぐきの白みが気になる

上のような症状が出てきたら要注意。特にシニア猫ちゃんは気にかけてあげて下さい。

腎臓ケア・腎臓病予防のキャットフードを選ぶときのポイント

腎臓ケア・腎臓病予防キャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

高タンパクのフードを避ける

腎臓の機能が低下した猫ちゃんには、タンパク質の摂りすぎも問題があります。体内で上手く分解されずに残ってしまったタンパク質は老廃物となり、腎臓機能をさらに悪化させてしまう可能性があるのです。

とはいっても、完全肉食動物である猫にとってタンパク源は最も重要な栄養素。低タンパクでは健康そのものの維持もできないので、適度なタンパク質(30%以下)のものを選びましょう。

リンやナトリウム(塩分)の含有量が低いものを選ぶ

腎臓が弱っていると、リンやナトリウム(塩分)などを体内で分解・排泄することができず、不要物が身体にたまってしまいます。

その結果、多飲多尿や高血圧などに陥りやすいので、リンやナトリウムの含有量が低いものを選ぶようにしましょう。

かかりつけの獣医師に相談して選ぶ

腎機能の低下は高齢になるにつれてどの猫ちゃんも避けては通れないものです。いつも診てもらっている獣医さんがいるなら、相談しておすすめのフードを聞いてみるのが良いでしょう。

猫によってフードが身体に合う合わないは差が出ます。特に療法食を与える場合は、個人の判断で決めずにプロのアドバイスをもらうに越したことはありません。

腎臓ケア・腎臓病予防におすすめのキャットフードランキング

  1. 高すぎず低すぎないタンパク質
  2. 低リン・低ナトリウム
  3. 獣医師のアドバイス

この3つのポイントを考慮した上で、おすすめキャットフードをランキングにしました。

第5位:ロイヤルカナン 腎臓サポート スペシャルドライ

royal_canin_renal
  • ランク:D
  • 1kgあたりのコスパ:¥1,800~

知名度バッチリ、多くの獣医師がおすすめする『ロイヤルカナン』から、慢性腎臓病の療法食としてつくられた「腎臓サポート スペシャルドライ」。

リンの含有量を0.44%に制限。腎臓病に伴う尿毒症やタンパク尿に配慮し、高消化性のタンパク質を適量配合しています。

一方、原材料に米やコーンが多いので穀類アレルギーの猫ちゃんは要注意。また、酸化防止剤として強い合成のBHAが使われているので、異常を感じたら使用を辞め、医師に相談してみましょう。

第4位:ヒルズ プリスクリプション・ダイエット k/d

kd
  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ:¥1,500~

こちらも知名度バツグン『ヒルズ』から腎臓病の食事療法として「プリスクリプション・ダイエット k/d」がおすすめです。

腎臓に負担のかかるリンやナトリウムを制限し、腎臓の損傷の進行を遅らせるのに役立つ高レベルのオメガ-3脂肪酸を含んでいます。

安全性の高い天然成分の酸化防止剤を使用し、有害な添加物は一切無添加。

第3位:アニモンダ インテグラ・プロテクト ニーレン(腎臓ケア)

animonda-nieren
  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ:¥2,500~

肉類・魚類、野菜、ビタミン類など、全ての材料について人間用と同じ食材を使用している『アニモンダ』から、腎臓ケアフードの「インテグラ・プロテクト ニーレン」。

リン・タンパク質が少なく、腎臓が弱ることで生成されにくくなるビタミンD3を多めに配合しています。

ライスやコーンがメインなので、穀物アレルギーの猫ちゃんは要注意です。

第2位:boschザナベレ ウリナリー+(グルテンフリー)

bosch
  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ:¥2,500~

原材料の肉類、シリアル、ベジタブル、ハーブ魚貝類は人間が食する安全性が認められた自然素材を使用している「ボッシュ ザナベレ」から、過敏な腎臓と尿路を持つ成猫のために開発された「ウリナリー+」。

新鮮な鶏肉(20%以上)を含み、グルテン含有穀物不使用のグルテンフリーフードなので、小麦アレルギーの猫ちゃんでも安心して食べることができますよ。

タンパク質とミネラル分(リン、マグネシウムなど)の含有量が制限されており、腎臓への負担を減少してくれます。

第1位:FORZA10 リナール・アクティブ(腎臓)

forza10-renal
  • ランク:B
  • 1kgあたりのコスパ:¥2,500~

猫の健康を考え、安心して与えられるイタリアのオーガニックフード『FORZA10(フォルツァディエチ)』から、急性腎不全・慢性腎不全用の食事療法食「リナール・アクティブ」。

リンとタンパク質の含有量を調整。高品質なタンパク原料を使用しているので、腎臓の作業量とストレスを減らし、負担を減らしてくれます。(リン0.50% タンパク27.0%)

フィトケミカル成分(植物栄養素)配合で、腎機能・泌尿器機能の健康維持に役立ちます。

スポンサードリンク
12

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

2 件のコメント

  • はじめまして 7匹と暮らすハイジです(^ー^* ) フードに悩み悩み続けています 8月に4歳のメスが腎臓病を 一過性かもとのことで入院 退院後2日置きに点滴に行きます 今までフードは オリジン アカナ ブルーバッフアロー アーテミス ナチュラルチョイス と与えてきましたが今腎臓病の子を抱え すべての子に腎臓ケア予防にフード切り替えを考えています が 全く満足ゆくものが見つからず(>_<;)一長一短 どの部分に目をつむればいいのか・・・管理人さんお考え知りたくて・・・アドバイスお願いできますか?     

    • はじめまして!
      この度は、キャットフードの達人をご覧になり、コメントを頂き、誠にありがとうございます。

      7匹の猫ちゃんと一緒に暮らしているのですね!多頭飼いの場合、ご飯を選ぶのも非常に難しいですよね。私の実家でも猫を3匹飼っていますが、好みや年齢も微妙に異なるので、フード選びは食べてくれるか毎回ヒヤヒヤものです。

      さて、猫ちゃんが腎臓病にかかってしまったとのことで、心配ですね。。腎臓ケアのフードはタンパク質を抑え、リンやナトリウムの塩分を抑えているので、高タンパクのナチュラルフードに比べると食いつきは悪くなります。さらに、他の猫ちゃん達が健康体なら、逆に低タンパクのフードは必要な栄養バランスが崩れてしまいかねません。
      可能であれば、やはり腎臓病の猫ちゃんと、健康体の猫ちゃんのご飯を分けてあげるのが良いかと思います。
      例えば、腎臓ケアのフードの食いつきが悪ければ、少量の無添加のふりかけなどで香り付けをしてあげるのはどうでしょうか?
      また、当サイトでも紹介している『アニモンダ』の腎臓ケアシリーズは、ウェットフードも出ているので、混ぜて食べやすくしたら食いつきがよくなるかもしれません。

      猫ちゃんも体質や体調は十猫十色です。せめて腎臓病の猫ちゃんの体調が落ち着くまでは、別々のご飯にしてあげて、間違ったフードを食べないように、ご飯の時間が終わったら早々にお皿を下げてしまいましょう。お部屋を一時的に別々にするのも一つの手段です。

      私も専門家ではないので、あくまでも自分だったらの意見となってしまい恐縮です。いつも診てもらってる獣医さんがいるなら、専門の意見を聞くのが安心かと思います。
      ただ、やはり個人的に全ての猫ちゃんへのフードを腎臓ケアに切り替えるのは不安ですね。費用は割増にはなりますが、健康に勝るものはありません。

      以上、長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。今後とも「キャットフードの達人」を何卒宜しくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です