ロイヤルカナン猫用『肝臓サポート』を徹底解析!口コミ評判も

4
スポンサードリンク

ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。

今回は、そんな『ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ

[Photo by William Yeung]

「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」とは?

rawimg (1)
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

参考価格
4,000円(内容量2kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約2,000円/1kg
1日あたりのコスパ 約100円/日(1日50g換算)
原産国 フランス
メイン食材
酸化防止剤・保存料 ×BHA没食子酸プロピル
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×米、コーン、小麦タンパク、コーングルテン

公式サイトを見てみると、「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 高エネルギー(カロリー)で少ない食事量で必要なエネルギーを摂取
  • 消化性の高いタンパク質を使用し、含有量を調整
  • 銅の含有量を制限
  • 抗活性酸素物質を配合で、ガンや心臓病から身体を守る

肝疾患や胆管疾患の猫のために特別につくられた食事療法食。次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

※療法食は、獣医師の指導が必要となります。獣医さんの指示に従い、個体差や活動量に応じて与えましょう。

ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライの原材料と成分

続いて、「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料動物性油脂コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、超高消化性豚タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、チコリー、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-アルギニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Ca、Cl、P、Zn、Fe、Mn、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、A、葉酸、ビオチン、B12、D3、K3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

rc-HEPATIC
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

評価Dランク

肝臓が弱っている猫のからだの負担になってしまうのは以下の3つ。

× 高タンパク(エネルギーに変える段階で発生するアンモニアが負担に)
× 高脂肪
× 添加物

「ロイヤルカナン 肝臓サポート」は、肝臓への負担に配慮してタンパク質を抑え、肝臓の働きが弱まることにより銅が異常蓄積してしまうことを防ぐために、銅の含有量も制限しています。

また、肝臓が弱っているときには、炭水化物を摂るのも重要。炭水化物が不足すると、エネルギー源としてタンパク質や脂肪が使われてアンモニア生成の原因となってしまいます。

「ロイヤルカナン 肝臓サポート」はタンパク質を抑え、米などの炭水化物を多く配合しているのがわかります。

 

とは言っても、肝臓サポートフードとして心配な点も多数。以下詳しく見ていきましょう。

イネ科の穀類の使用

穀物由来の炭水化物として米やトウモロコシが使われていますが、イネ科の穀類は猫の体内で消化しにくく、さらにトウモロコシや小麦はアレルギー発症の危険性も。

猫のからだの負担を少しでも減らすのであれば、消化に良く栄養価の高いイモ類・豆類などを使用したものがおすすめです。

強い化学合成の酸化防止剤

肝臓サポートのフードとして、添加物の使用は見逃せないですね。

「ロイヤルカナン 肝臓サポート」に使われている、BHA、没食子酸プロピルは強い合成の酸化防止剤。特にBHAは発がん性があることがわかっています。

健康に影響を及ぼす量ではないことは「ロイヤルカナン」側でも説明がされていますが、肝臓の負担となってしまっては療法食として本末転倒なので、愛猫の体調に異変を感じた時は使用を避け、獣医師に相談しましょう。

動物性油脂について

“動物性油脂”という総称では、いったい何の動物の油脂なのか全くわかりません。

“動物性油脂”だけでなく、”植物性繊維”・”加水分解動物性タンパク”・”魚油”など、詳細のないあいまいな表現の原材料は信用できませんよね。

また、動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。実際、BHA、没食子酸プロピルといった強い合成の酸化防止剤が使われているのは、動物性油脂に対してかもしれません。

ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

緑色のうんちをして、ぐったりとしていたうちの子ですが、最初に動物病院で処方してもらってからずっと食べています。
今は、元気で過ごしていますが、今度は肥えてしまいました。(楽天市場より)

肝臓用なこともあって少し金額高め。
だけど、うちの猫はおいしいみたいでパクパク食べてくれる。(楽天市場より)

これを食べだして、尿の色が濃かったのが
正常な色になってきました。
食欲も出てきて、良かったです。(Amazonより)

慢性肝炎になってしまった愛猫に!よく食べてくれます。(Amazonより)

食い付きは悪くなかったのですが、お腹が激ユルになってしまい、1食で使用を中止しました。
元々限られた種類のもの以外では結構ユルくなりがちな子で、どうやら卵が原因らしく、この商品には卵が含まれていなかったので試したのですが、これまでで最も酷かった。何が原因なのだろう?(Amazonより)

肝臓が弱っている猫ちゃんの食いつきも良く、元気になったという高評価の口コミが多い印象です。

やはり動物病院ですすめられたという信頼が大きいようですね。「ロイヤルカナン」シリーズの療法食は、食いつきも良く、改善もみられると好評です。

しかし、最後の口コミのように、合わない猫ちゃんもいるので要注意。特に「肝臓サポート」に使われている穀類は、猫にとって上手く消化できず、アレルゲンにもなりやすいので、それがお腹がゆるくなる原因の一つかもしれません。

まとめ

以上今回は、「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ロイヤルカナン 肝臓サポート ドライ」は、肝臓の負担にならない成分配合、タンパクは適量ですが炭水化物が多めのキャットフードであることが分かりました。

炭水化物源として猫の体内で消化しづらいイネ科の穀類が使われていたり、少量ではあるものの強い人工の添加物が使われていたりと、大事な愛猫のからだの負担になってしまっては本末転倒ですよね。

療法食なので、獣医師の指示に従い様子を見つつ、異変があったらすぐにかかりつけの病院で診てもらいましょう。

▶️愛猫の肝臓サポートに!おすすめキャットフードランキング

▶️その他、「ロイヤルカナン」の情報はこちら

スポンサードリンク
4

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です