キャットフード「ワンフー」の原材料を徹底解析/口コミ評判

4
スポンサードリンク

人間が食べられる安心の無添加・無着色の日本製フード『ワンフー』。

今回は、そんな『ワンフー』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラー

「ワンフー」とは?

img56146885
[出典:http://item.rakuten.co.jp/]

参考価格
3,394円(内容量2kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1,697円/1kg
1日あたりのコスパ 約118円/日(1日70g換算)
原産国 日本
メイン食材 とうもろこし
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×とうもろこし

公式サイトを見てみると、「ワンフー」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 野生の猫が自然の中で獲ることのできる、小動物の肉や植物・果物などを使用
  • “りんご”や”天然健康食材”を配合した自然なおいしさ
  • 3日間トライアルの『お試しセット』有り
  • 人工の保存料・着色料・調味料・抗生物質・遺伝子組み換え作物など一切不使用

新鮮で安全な、無添加・無着色の総合栄養食といわれていますが、原材料にはどのようなものが使われているのでしょうか。

次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラーの原材料と成分

続いて、「ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラー」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料とうもろこし・鶏(肉・レバー・皮・オイル)・・兎肉・りんご・麦ふすま・燐酸カルシウム・炭酸カルシウム・塩化コリン・ミネラル類・アミノ酸・ビタミン類

wanfoo
[出典:http://www.wanfoo.co.jp/]

評価Dランク

原材料はとってもシンプル。しかし主原料が穀類のとうもろこしは好ましくないですね。

猫に最も重要な動物性タンパク源には鶏肉と兎肉が使われていますが、それでも成分表を見ると「粗たんぱく質」の値が23.8%と他のプレミアムフードと比べると少なめなのが気になります。

主原料が穀類はNG!

自然の猫の食事に合わせるなら、主原料が穀類はNGです。本来肉食動物である猫にとって1番重要なのは動物性タンパク源。つまり肉類が原材料欄の1番上(最も多く含まれる食材)に記載があるものが好ましいです。

「ワンフー」の場合、主原料にとうもろこし、さらに米と穀物が多く使用されています。

猫は体内で穀類・炭水化物を上手く消化することができません。特にとうもろこしに関しては、消化不良だけでなくアレルギーを引き起こす危険性が高いとされており、猫の身体に良い食材ではないのです。

穀類がベースのフードを毎日食べていたら、肉食動物の猫として必要な栄養素が得られず、体調に影響してしまうかもしれません。

ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラーの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラー」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

身体に必要のない化学薬品を使わないポリシーは、自分と同じように、愛するもののために造るメーカーの姿勢として、信頼しています。小袋に入っているので酸化などの面でも気遣いがあって感謝しています。(楽天市場より)

個別包装で食べやすい量で入っているので、酸化などの心配もなく、与えられます。
食いつきも良くて、お魚の形をした小さなフードをカリカリ噛んで食べてくれます。
お皿の中に置いてると、お腹が空いた時に、好きに食べてくれます。
安全性と栄養バランスが大事なので、この食品をずっと利用していますが、病気もしないで、過ごせており、健康維持に感謝しています。(楽天市場より)

今回は猫の体調が悪いため、獣医さんのオススメで購入
問題なく食べてくれて体調も少し良くなっている様です
ただ、他の子は食べません
口に入れても出してしまいます
好みが分かれる様なので初めての方はお試しセットから試して下さい
それと、穀物が多く入っているのが気になります(楽天市場より)

【食いつき】悪い。これだけを選択して残すが、他に食べるものがないと食べる。
【栄養バランス】よい、かな?食べさせている量が少ないからまだはっきりはしない。
【安全性】信じています。
【価格】品質と個包装を考えると、納得のいく価格です。
【保存期間】個包装は大変良い。
【香り】特に感じない。(楽天市場より)

口コミでは、人工の保存料無添加・無着色の総合栄養食として信頼が厚いようです。添加物の使用が多い日本のペットフードメーカーの中で、無添加・無着色を掲げているという点でも評価が高いですね。

ただ、気になる点としては食いつきの悪さ。実際多くの口コミで「食いつきが悪い」というものが目立ちました。

事実、ワンフーの公式サイトにも食いつきの悪さは認めており、理由としては他の添加物だらけの濃いフードに慣れてしまっているから少しずつ慣らしてほしいとのこと。そのために、お試しセットを用意しています。

日本のペットメーカーとしての配慮は素晴らしいですが、口コミ意見にもあるように穀類が多く入っているフードは、毎日のご飯としてはおすすめできないですね。

まとめ

以上今回は、「ワンフー 総合栄養食 プレミアムキャット レギュラー」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ワンフー」は、人工の保存料無添加・無着色の穀物メインフードであることが分かりました。

どんなに良い食材を使っていても、猫に必要な栄養素の配合率が合っていなければ、上手く機能しませんよね。

有害な添加物を使っていないことはもちろん大切ですが、原材料や成分にも目を向け、猫の生態に合ったフードを選びましょう。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
4

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です