『カークランド キャットフード』の解析|成分と原材料・口コミ評判

アメリカのビッグな商品がせいぞろいのコストコ。コストコの自社ブランドである『KIRKLAND(カークランド)』からジャンボサイズのキャットフードが発売されています。

今回の解析は、11.34kgのジャンボサイズキャットフード『カークランドキャットフード(スーパープレミアム)』です。

原材料と成分について詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

カークランドシグネチャーのキャットフードは似ているパッケージで「スーパープレミアムキャットフード」と「メンテナンスフォーミュラ」の2種類があり、原材料は全く違うのでご注意ください!店舗によって在庫があるかどうか異なります。
通販サイトでは、楽天市場では販売があったものの、Amazonでは「メンテナンスフォーミュラ」しかありませんでした。

スポンサードリンク

カークランドキャットフード(スーパープレミアム)の解析

ここに注目!

  • 主原料にチキンを使用
  • 11kgの大容量
  • 無着色

総合評価Cランク
(全ランク解析一覧はこちら

評価内容 原材料 :★★☆☆☆
安全性 :★★★☆☆
コスパ :★★★☆☆
食いつき:★★★☆☆
口コミ :★★☆☆☆
容量/価格 11.34kg/約3,800円
1kgあたり 340
カロリー 400kcal/100g
メイン食材 チキン
原産国 アメリカ
酸化防止剤 △(チキンレバーオイル
着色料・保存料 ◎(不使用
穀物 〇(玄米、白米
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヵ月目安
販売元 コストコ
最安値 Rakuten

1日あたりのコスパ20円。11.34kgで¥3,800、コストコで買えばなんと¥1,800前後で買えるそうです。そんな大容量&格安のフードの割には、原材料もしっかりと猫の身体に合ったものを使っていますね。

主原料には、肉食の猫に最重要である動物性タンパク源の鶏肉が使用されているのがポイント。ただ残念なのが穀類。猫の体内で消化しづらい米や玄米が使われています。

とはいっても、これだけの大容量で1kgあたりの金額も激安なのに、肉がメインというのはかなりポイントが高いと言えます。

食いつきが良く、体調不良などが特になければ、多頭飼いのお家におすすめできます。

Rakutenこちらで販売中

カークランドキャットフードの成分と原材料

カークランドキャットフード(スーパープレミアム)の原材料と成分は以下のとおり。

(※【ピックアップ食材】は緑文字、【好ましくない原材料】は赤文字で表記)

原材料鶏肉・チキンミール・玄米・白米・チキンレバーオイル・調味料・フラックスシード・亜硫酸水素ナトリウム・塩化カリウム・ミネラル類・70%塩化コリン・ビタミン類・チコリールート・タウリン

成分:粗蛋白質   30.0%以上(動物由来91%穀物由来9%)
粗脂肪    20.0%以上
粗繊維    3.0%以下
粗灰分    8.5%以下
水分      10.0%以下
マグネシウム  0.1%以下
セレン      0.4mg/kg以上
ビタミンA    15,000IU/kg以上
ビタミンD    800IU/kg以上
ビタミンE    150IU/kg以上
オメガ6脂肪酸 3.3%以上
オメガ3脂肪酸 0.5%以上

鶏肉

主原料のチキン(鶏肉)は、猫が本来狩りをして食べていた肉であり、慣れ親しんだものなので、食べやすいのが特徴。猫にとっての嗜好性が高いので、食いつきも良いと評判です。

これだけの大容量で値段も安いのに、原材料にちゃんと肉を使っているのはすばらしいですね。

白米、玄米

商品名に「チキン・ライス」とあるので、穀物アレルギーがある猫ちゃんは選ばなくてすむという点で良心的です。

またアレルギーを引き起こす可能性の高いトウモロコシや小麦を使っていないのも好感が持てます。

ただ、穀類が原材料の上の方にきているのが気になりますね。猫の身体は穀類をうまく消化できないので消化不良を起こしてしまう可能性があります。(とはいっても猫に大きな害はありません。)

調味料

調味料も、新鮮な素材を使っていれば必要ないもの。素材そのものとは別に、塩分・糖分などを調味料で調整するのは好ましくありません。

スポンサードリンク

カークランドキャットフードの口コミ評判

実際にカークランドキャットフード(スーパープレミアム)を使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

鶏肉主体(コストコ関連サイトより)
余計な物も入ってなくて鶏肉が主体なので
夏場は確かに匂いが強くなるので冷暗所保管した方が良いようです。
(蟻が寄って大変だったのが丁度夏でした)

被災地の猫ちゃんたちへ(楽天市場より)
被災地の猫ちゃん達の支援の為に購入しました。
かなり多くの被災動物がいるので、
量を重視していたのですが、
現地の方からは品質も良いみたいで、
喜んで食べているとのことで安心しました。

多頭飼いにはおススメ(楽天市場より)
【食いつき】まずまず
【栄養バランス】悪くない
【安全性】小分け保存をすれば良い
【価格】納得
【保存期間】多頭ゆえ消費可
【香り】まずまず

悪い口コミ評判

粒が大きめで食べにくいコも(楽天市場より)
多頭飼いのお宅にはおすすめなのですが、同じカークランドのものでも
個体によっては体質に合わないものもいるようです。
皮膚のアレルギー強い猫にはダメでした。

食べませんでした(楽天市場より)
食べてはくれたけど…お腹が緩くお尻を汚す事に…残念
うちのニャンには…合わなかったみたい(>_<)さて…沢山のフードどうしましょう(T_T)

食い付きが良くなかった(楽天市場より)
どんなけ密封しても小分け冷凍保存してもフードは酸化するし猫の健康によくないので少数、単独飼いの人は愛猫のために絶対やめてください。
いくら猫は肉食だからと与えても酸化したフードを与えるくらいなら安物の国産フードの方がずっとマシです。

『キャットフードの達人』管理人の見解

MioCat

多頭飼いにはとってもありがたい大容量ですが、上でも説明したように大容量ならではのお悩みもあるようですね。

飼っている猫みんなが食いつきが良いとは限らないし、アレルギーを発症してしまう猫もいたり、お腹がゆるくなったり、はたまた便秘になったりという事例も。こればかりは本当に猫によるみたいです。

口コミにもあるように、保管は徹底する必要がありますね。特に鶏肉が主原料で良いフードだからこそ、虫やアリがたかるのです。夏場はさらに大変そうですね・・・。

Rakutenこちらで販売中

カークランド キャットフードに期待できる2つの効果

1.チキンのタンパクで健康維持

『カークランド』の主原料である鶏肉には、動物性タンパク質であると同時に、【ビタミン】、強い骨や歯をつくる【リン】、免疫力を高める【セレン】など、健康維持に重要な栄養素が豊富に含まれているのがポイントです。

2.全年齢対応で多頭飼いにピッタリ

11kgの大容量かつ全年齢に対応したフードなので、子猫からシニアまでの多くの猫ちゃんに一気にあげられるのはかなり助かりますね。

まとめ:カークランド キャットフードが選ばれる主な理由

  1. 大容量でコスパが良い
  2. 主原料が鶏肉
  3. 無着色

結果コストコブランド『カークランド』は、大容量で安い割には原材料も害がないキャットフードであることが分かりました。

ただ、1番の注意点は保存方法。そしていかに無駄にせずに使い切れるかということ。『カークランド』を上手く使いこなせる家庭はだいぶ限られてきそうですが、それができれば「安くて大容量で内容も害がない」お得なキャットフードですよ。

Rakutenこちらで販売中
キャットフードの達人

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。