キャットフードの与え方

ナウフレッシュ(キャットフード)の給餌量!子猫の給餌量の目安は?与え方のポイント

ナウフレッシュは新鮮な肉や魚、野菜のみを使用したキャットフードです。

グレインフリーで高品質なのに手頃な価格であるため、愛用している方も多いのではないでしょうか。

ただし、せっかくキャットフードの質が高くても、与え方を間違えてしまうと、猫の健康に害を及ぼしてしまうことがあります。猫の健やかな成長のために、正確に与えたいですよね。

そこで、この記事では、ナウフレッシュキャットフードの給餌量を種類ごとに紹介し、与える時のポイントも解説します。

◎ナウフレッシュの解析
アダルトキャット
フィッシュアダルトキャット
キトン
シニアキャット&ウェイトマネジメント


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

ナウフレッシュの給餌量

ナウフレッシュの給餌量は、種類によって異なります。

対象エネルギー
アダルトキャット
全猫種・成猫387.2kcal
/100g
フィッシュアダルトキャット
全猫種・成猫389.5kcal
/100g
キトン
全猫種・全年齢
※特に子猫向け
397.2kcal
/100g
シニアキャット&ウェイトマネジメント
全猫種・成猫
※特に肥満気味の猫向け
352.8kcal
/100g

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

アダルトキャット

アダルトキャットの給餌量は以下の通りです。

体重体重維持の場合肥満気味の場合
2.3〜
3.2kg
38〜53g32〜45g
3.2〜
4.5kg
53〜76g45〜65g
4.5〜
6kg
76〜99g65〜84g
6〜
7.3kg
99〜122g84〜103g

フィッシュアダルトキャット

フィッシュアダルトキャットの給餌量は以下の通りです。

体重体重維持の場合肥満気味の場合
2.3〜
3.2kg
38〜53g32〜45g
3.2〜
4.5kg
53〜76g45〜65g
4.5〜
6kg
76〜99g65〜84g
6〜
7.3kg
99〜122g84〜103g

キトン

キトンの給餌量は以下の通りです。

体重1.5〜4ヶ月4〜6ヶ月6〜12ヶ月
0.45〜
0.9kg
23〜46g15〜30g
0.9〜
1.4kg
46〜69g30〜45g
1.4〜
2.3kg
69〜114g45〜74g34〜57g
2.3〜
3.2kg
114〜160g74〜104g57〜80g
3.2〜
4.5kg
104〜149g80〜114g
4.5
〜6kg
149〜193g114〜149g

シニアキャット&ウェイトマネジメント

シニアキャット&ウェイトマネジメントの給餌量は以下の通りです。

体重体重維持の場合肥満気味の場合
2.3〜
3.2kg
39〜54g29〜41g
3.2〜
4.5kg
54〜77g41〜58g
4.5〜
6kg
77〜100g58〜75g
6〜
7.3kg
100〜124g75〜93g
7.3〜
9kg
124〜155g93〜116g


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

ナウフレッシュを与える時のポイント

ナウフレッシュを与える時のポイントには以下のようなものがあります。

  • 子猫には多めにあげてOK
  • 新鮮な水を常備

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

子猫には多めにあげてOK

ナウフレッシュは、子猫が食べ足りないようであれば、多めに与えても問題ありません

ナウフレッシュの給餌量は、「子猫」と「成猫」が同じ量で設定されています。

しかし、生後12ヶ月までの子猫は、成猫の2〜3倍のエネルギーが必要とされています。

そのため、成長に欠かせない栄養を補うために、子猫は成猫よりも多めに与えても大丈夫です。

子猫のカロリーの目安

具体的には、子猫は体重1kgあたり100~210kcalのエネルギーが必要です

生後年齢必要なカロリー
(体重1kg/1日あたり)
2ヶ月210kcal
3ヶ月200kcal
4ヶ月175kcal
6ヶ月135kcal
9ヶ月100kcal

[参考:PETPET LIFE]

生後6ヶ月で体重3kgの場合、1日に必要なエネルギーは405kcalです。
計算式:3kg×135kcal=405kcal

ナウフレッシュ(キトン)は100gあたり397.2kcalです。そのため、約100gまでなら与えても大丈夫なことになります。

生後6ヶ月で体重3kgの場合、給餌量は74〜104gとなっており、おおよその値は合っています。
※あくまでも食べ足りない場合のみに適用しましょう。無理に与える必要はありません。

新鮮な水を常備

ナウフレッシュに限らないことではありますが、キャットフードを与える時には、新鮮な水をいつでも飲める状態にしましょう

水は、猫の体のうち60〜80%を占める重要な成分です。

猫はもともと砂漠で暮らしていたため、水を飲む頻度は少ないですが、水分が不足すると体に不調が起きてしまいます。

フードを食べたらすぐに水を飲めるようにしておくことが大切です。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

まとめ

以上、この記事ではナウフレッシュキャットフードの給餌量、与える時のポイントを解説しました。

どんなキャットフードでも、猫の体調や体型の変化を見ながら与えることが大切です。

フードをあげる時の参考にしてくださいね。


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

おすすめフードはこちら!
こんな記事もおすすめ
キャットフードの与え方

キャットフード60gはどれくらい?おすすめの計量カップやスプーン・代用品も紹介

2016年3月15日
キャットフードの達人
キャットフードをあげる時、「いちいちフードを量るのが面倒くさいな…」と思ってしまうことはありませんか? また、計量カップによっては「cc」 …
キャットフードの与え方

キャットフードを砕く理由と簡単な砕き方!餌が噛めない猫も食べやすくする便利な道具

2016年3月13日
キャットフードの達人
猫がドライフードを食べにくそうにしていて、心配になったことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。 この記事では、キャットフー …