療法食『ドクターズケア』のキャットフードを徹底解析/評判

111
スポンサードリンク

獣医師が自信を持って紹介できる『ドクターズケア』の療法食シリーズ。

今回は、そんな『ドクターズケア』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ドクターズケア 猫用 ストルバイトケア チキンテイスト

[Photo by Psycho Mato]

ドクターズケアとは?

41AeJcwGBmL
[出典:http://www.amazon.co.jp/]

参考価格
3,148円(内容量1.5kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約2,098円/1kg
1日あたりのコスパ 約125円/日(1日60g換算)
原産国 日本
メイン食材 トウモロコシ
酸化防止剤・保存料 △(動物性油脂)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×トウモロコシコーングルテンミール、米、トウモロコシ胚芽、小麦粉、ライスブラン

公式サイトを見てみると、「ドクターズケア ストルバイトケア チキンテイスト」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 適正なミネラルバランスと適正な尿pH
  • 特殊コーティングで抜群の嗜好性
  • 高い消化性

ストルバイト尿石症の猫の食事管理を目的に 開発された猫用療法食。果たして原材料・成分はどのようになっているのでしょうか。次の項目で詳しく見ていきましょう。

ドクターズケアの原材料と成分

続いて、「ドクターズケア 猫用 ストルバイトケア チキンテイスト」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料トウモロコシコーングルテンミールフィッシュミール動物性油脂 トウモロコシ胚芽、全卵粉末、チキンレバーパウダー小麦粉、チキンミー ル、レシチンミックス(大豆レシチン、カゼイン、ビール酵母)、セルロース、 フラクトオリゴ糖、ライスブラン、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタ ミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、 パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタ ミンB12、塩化コリン、イノシトール)、ミネラル類(リン酸、塩化ナトリウ ム、塩化カリウム、鉄アミノ酸複合体、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸 亜鉛、マンガンアミノ酸複合体、炭酸マンガン、銅アミノ酸複合体、硫酸 銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出 物、ミックストコフェロール)

たん白質29.5%以上 脂肪14.5%以上、 粗繊維3.0%以下、 粗灰分8.6%以下、 水分10.0%以下、カルシウム0.6%以上、 リン0.5%以上、ナトリウム0.4%以上、マグネシウム0.09%以下、タウリン0.1%以上 代謝エネルギー397kcal/100g

評価Dランク

獣医師さんが紹介するというだけあって、着色料や化学合成の酸化防止剤が使われていないのは好ましいですね。酸化防止剤に使われているローズマリー抽出物とミックストコフェロールも自然由来で安全性が高いものです。

ビタミン・ミネラル・アミノ酸もバランス良く含まれていて良いですね。

しかし、原材料の多くに穀類が使われているのが気になりますね。完全肉食動物である猫に最も重要な動物性タンパク源はチキンレバー”パウダー”とチキン”ミール”のみ。これでは、野生の猫の食事とは程遠いです。

主原料が穀類はNG!

猫の身体は人間や犬とは大きく異なり、穀類を上手く消化・吸収することができません

消化不良になったり、猫の身体の負担になってしまうので、穀類が主原料(原材料の1番上)になっているキャットフードは毎日のメインの食事としてはおすすめできないですね。

特に「ドクターズケア ストルバイトケア」には、トウモロコシや小麦などのアレルギー発症の危険性が高いとされている食材が多く配合されているのも心配です。穀物アレルギー持ちの猫ちゃんは完全にNGですね。

セルロースの使用

セルロースは糖分を含んだ植物の繊維質素材ですが、残念ながら食物繊維としての栄養価はほとんどなく、かさまし程度にしかならないと言われています。

ドクターズケアの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ドクターズケア 猫用 ストルバイトケア チキンテイスト」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

3頭のネコがいます。
以前は違うメーカーのものを与えていましたが、うち1頭が尿管結石になり、もう1頭も尿管結石になりやすい体質だったため、獣医さんより薦められて半年くらい前からこちらに切り替えました。
以前のものより食いつきが良く体調も良いようで、以来こちらを与えています。(楽天市場より)

小粒でとても大好きみたいです。
ストラバイトが見つかってから、唯一食べてくれた療養食です。(Amazonより)

結石が出来やすい猫なので今はこれを与えてます、食いつきもいいです。獣医さん紹介なので安心して与えてます。どこにでも売ってる商品ではないので重宝してます。今の所全く飽きてないです、食いつきもいいです。(楽天市場より)

うちの猫にはこの手の形のカリカリは(粒が細く小さい)嫌みたいです。
全然食べてくれなくて、もう一匹の猫に混ぜて食べさせてます。形状が変われば食べるかもしれません。(Amazonより)

こちらも4匹中2匹しか食べません><そして結石に発展してしまった子もいて、現在2匹にだけあげています。(楽天市場より)

小粒で食べやすく療法食にしては食いつきが良い、という口コミと、食いつきが悪い上に結石に発展してしまったという口コミまで、本当に賛否両論の結果となりました。

獣医さんが紹介しているので信頼できるという方も多いようですね。

有害な添加物が加えられていないのは良いですが、これだけ穀類が多く含まれていると猫が本来必要とする栄養がどこまでカバーできるのか疑問です。

まとめ

以上今回は、「ドクターズケア 猫用 ストルバイトケア チキンテイスト」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ドクターズケア」は、合成添加物無添加の穀物メイン療法食キャットフードであることが分かりました。

猫にありがちなストルバイト尿石症への療法食としての機能はもちろん大切ですが、肉食動物である猫の生態を考えると穀物メインのフードはあまりおすすめできません。

肉や魚がメインのフードとミックスするなどして上手く活用してみてはいかがでしょうか。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
111

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です