『フリントリバーランチ』のキャットフードを徹底解析/評判

25
スポンサードリンク

ペットの健康第一。人間が食べられる品質の原料を使ったペットフードを製造するアメリカの無添加ペットフード『フリントリバーランチ』。

今回は、そんな『フリントリバーランチ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥンフォーミュラ

「フリントリバーランチ」とは?

flint-river-ranch
[出典:http://www.amazon.jp/]

参考価格
4,339円(内容量1.6kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約2,711円/1kg
1日あたりのコスパ 約189円/日(1日70g換算)
原産国 アメリカ
メイン食材 チキンミール
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

公式サイトを見てみると、「フリントリバーランチ」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 全猫種・全ライフステージ対応
  • 肉食の猫の食性を第一に考えたフード
  • 良質なタンパク質摂取で、余分な脂肪を減らし、健康的な体重維持
  • 穀物に由来する食物アレルギーに配慮(グレインフリー)

穀物アレルギーの猫ちゃんにも安心のグレインフリーフード。良質なタンパク質&低炭水化物で猫にとってバランスが良さそうですね。

次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

フリントリバーランチの原材料と成分

続いて、「フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥンフォーミュラ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:チキンミール、ポテト、チキン、チキン脂肪(混合トコフェロールにより保存)、ポテトプロテイン、ホワイトフィッシュミール、トマト繊維、天然フレーバー、チコリルート、ナトリウム、ホエイ、クランベリー、塩化カリウム、ビタミン類(塩化コリンは、α-トコフェロール(ビタミンE源)、ナイアシン、ビタミンAアセテート、硝酸チアミン(ビタミンB1源)、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6源)、メナジオン重亜硫酸ナトリウム複合体、リボフラビン、アスコルビン酸(ビタミンC源)、ビタミンD3サプリメント、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)、ミネラル類(硫酸亜鉛、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、硫酸鉄、硫酸銅、マンガンアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、酸化マンガン、亜セレン酸ナトリウム、二よう素酸カルシウム)、レシチン、タウリン、炭酸カルシウム、パセリフレーク、昆布ミール、DLメチオニン、ユッカシジゲラエキス、イノシトール抽出物

frint
[出典:http://flintriver.jp/]

評価Bランク

完全肉食動物である猫に最も重要な動物タンパク源であるチキンを主原料に、穀類は不使用、ビタミン・ミネラル共に豊富に含まれています。原材料を見ても栄養バランスの良いフードであることがわかりますね。

酸化が早いチキン脂肪の酸化防止剤として、自然由来の混合トコフェロールが使われているのも安心ポイント。タンパク質が42%とかなり豊富なので、成長期や活発な猫ちゃんにおすすめです。

主原料がチキン”ミール”

Aランクに及ばなかった難点としては、主原料に”ミール”の表記があること。

公式サイトに、ミールは「肉の質を変えることなく、あらびき、ないしサイズを小さくしたものを指す」とあるので、鶏の羽やクチバシのような不要な副産物は入っていないようですが、それでもやはりチキンそのものが主原料の方が好ましいです。

公式サイトを見れば、肉そのものを使っていることがわかりますが、手に取った消費者の中には”ミール”という言葉だけで嫌悪感を示す方もいるので、原材料表記にも工夫があるといいですね。

フリントリバーランチの口コミ評判

それでは最後に、実際に「フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥンフォーミュラ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

ありとあらゆるご飯を試してみましたが、
お腹よ弱い子でもあり、
下痢したり、飽きたりしていましたが、
これは、飽きず良くたべています。(楽天市場より)

グレインフリーは初めて与えましたが美味しいようでよく食べます。
他のフードと混ぜてあげています。(楽天市場より)

ロイカナと混ぜて食べさせたら、体臭と口臭が少なくなったみたいです。
食いつきはあまりよろしくなかったし、やっぱ価格がお高いので、星4つとします。(Amazonより)

レビューを読んで買ってみました。
うちの我が儘ニャンは、食べませんでした。
あまり、好みがうるさくない子は、ウェットに混ぜれば食べました。
お試しサイズがあればいいのになぁ。
お値段高いのに食べないのは困っちゃいます。
猫の好みは難しい~(楽天市場より)

毛艶がよくなるように購入しましたが猫たちがにおいを嗅いで食べようとしません。残念です(Amazonより)

全体的に高評価が多かったですが、食いつきに関しては猫により差が激しい印象を受けました。

やはりナチュラルフードの1番の心配どころは愛猫の食いつき。値段もそこそこするので、飼い主さんにとってはせっかく買ったのに食べなかった時のショックはかなり大きいですよね。

食べてさえくれれば、原材料自体はとても良いので、毎日の食事としておすすめです。

まとめ

以上今回は、「フリントリバーランチ グレインフリーキャット&キトゥンフォーミュラ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「フリントリバーランチ」は、高タンパク・低炭水化物の安心グレインフリーキャットフードであることが分かりました。

肉食動物の食性を理解した原材料と、アレルギーを配慮した穀物不使用(グレインフリー)は嬉しいポイント。多くの猫ちゃんにおすすめできるフードです。

食いつきがよく、お試しサイズなどがあればさらに評価は上がりそうですね。

キャットフードの達人
スポンサードリンク
25

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です