キャットフード「パーフェクトフィット」を徹底解析&評判も

66

高品質・高機能で、愛猫の個性にフィット するキャットフードを世界20カ国以上で展開している『パーフェクトフィット』。

今回は、そんな『パーフェクトフィット』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:パーフェクトフィット インドア1~10歳

[Photo by Zhao !]

スポンサードリンク

「パーフェクトフィット」とは?

71Nqod3gGqL._SL1500_
[出典:http://www.amazon.co.jp/]

参考価格
862円(内容量800g)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1,077円/1kg
1日あたりのコスパ 約64円/日(1日60g換算)
原産国 オーストラリア
メイン食材 肉類
酸化防止剤・保存料 ×(BHA、BHT
着色料 ◎(不使用)
穀物 △(とうもろこし、大麦

公式サイトを見てみると、「パーフェクトフィット」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 消化・吸収に優れた高品質な素材使用
  • 毛づや・毛玉ケアなど全製品が室内猫に対応
  • 運動不足に配慮した低カロリー設計

AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリアした総合栄養食となっていますが、果たして原材料・成分はどのようになっているのでしょうか。

次の項目で詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

パーフェクトフィット インドア1~10歳の原材料と成分

続いて、「パーフェクトフィット インドア1~10歳」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:肉類(チキン、家禽類、チキンエキス)、とうもろこし、植物性タンパク、油脂類(鶏脂)、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、大麦、ユッカ、酵母、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、E、コリン、ナイアシン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHABHT

合成着色料不使用

perfectfit
[出典:http://perfect-fit.jp/]

評価Dランク

室内猫の健康維持に配慮したフードで、合成着色料を使用していないのは良いですね。主原料も猫に最も重要な動物性タンパク源の肉類で、ビタミンミネラルもしっかり含まれています。

しかし、良いものと同じくらい好ましくないものが入っているのも事実。穀類、ビートパルプ、そして何といっても合成酸化防止剤のBHT、BHAが使われているのは総合栄養食としておすすめできません。

BHT・BHAなど合成酸化防止剤の危険性

酸化防止剤や発色剤として使用されるBHT、BHAですが、これらは発がん性があることが示唆されています。

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール) ⇒膀胱(ぼうこう)がんや甲状腺がんを誘発する危険性
  • BHT(ブチルヒドロキシトルエン) ⇒発がん性のリスク

酸化防止剤の欄にこれらの添加物が入っていたら要注意です。

(※他のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸は自然由来のものなので比較的安全)

穀類の使用

完全肉食動物の猫にとって穀類の重要性は低く、体内で上手く消化することができません。特に、トウモロコシはアレルギー発症の危険性が高いとも言われているので、入っていないに越したことはないでしょう。

家禽類の使用

家禽(かきん)とは鳥類のことなので、鶏肉や七面鳥肉を指しますが、この「家禽類」という総称ではあいまいで実際何の鳥類が使われているのかわかりません。

家禽類・家禽ミートなど、詳細のない総称も心配要素の1つです。

ビートパルプの使用

ビートパルプとは砂糖大根の搾りカスで、栄養価はほとんどなく、かさまし程度にしかなりません。また、便を固める効果があるので、便秘気味の猫ちゃんは悪化してしまうかも。

パーフェクトフィット インドア1~10歳の口コミ評判

それでは最後に、実際に「パーフェクトフィット インドア1~10歳」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

以前サンプルをもらったので試しにあげてみたところ、非常に食いつきがよかったので、ほかのフードと混ぜてあげるようにしています。このフード単体で主食にする気は起りませんが、あくまでも食いつきのきっかけになる程度、と思っていれば気兼ねなくあげられます。(楽天市場より)

8匹みんなが美味しいみたいで良く食べますよ!リピ更新中です(^ ^)(Amazonより)

お腹を壊す事なく ガツガツ
毛玉対策と尿路対策
どちらもに配慮しているのでいいかと思います(楽天市場より)

(BHA・BHTは)たとえ微量でも添加していないほうがいいと、私は考えます。
フードの好き嫌いが激しい愛猫のために、いろいろ試してみてますが、
こちらは最初食いつきはまあまあ、開封後1,2日でやはり食いつきが落ちてきます。(Amazonより)

開けてすぐは食べたのですが、しぱらくして吐きました。
毛玉が出たので、「毛玉ね」で済ませてましたが、一週間経ち、やたらと毛並みが悪?抜ける、吐く。
気候もあるしとか、色々。
今までBHA、BHTの入っていないものをあげてました。
うちの子はこれは合わないみたいです。
まぐろも買いましたが、全て捨てました。
おすすめはしません。(楽天市場より)

口コミの評価はまずまずといったところです。

しかし、やはり原材料を気にかけている飼い主さんにとってBHT・BHAなどの合成化学添加物は恐怖。実際に猫ちゃんの身体に影響が出てしまってからでは、後悔してもしきれません。

毛玉や尿路ケアなどに対応しているのは、室内猫にとって助かりますが、合成添加物の使用が良い機能まで壊してしまったら元も子もありません。

まとめ

以上今回は、「パーフェクトフィット インドア1~10歳」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「パーフェクトフィット」は、合成酸化防止剤使用の室内猫用フードであることが分かりました。

良い素材や成分を配合しても、その効果と同等もしくはさらに強い合成添加物を使用していたら、それだけで評価は一気に下がってしまいます。

実際に合成添加物による猫ちゃんの身体の変化は研究でも証明されているので、安心できるナチュラルフードを選ぶように心がけましょう。

キャットフードの達人
スポンサードリンク

66

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です