ロイヤルカナン猫用『消化器サポート』を解析&口コミ評判

21
スポンサードリンク

ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。

今回は、そんな『ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ

[Photo by ivva]

「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」とは?

rc-digestion
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

参考価格
3,600円(内容量2kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1,800円/1kg
1日あたりのコスパ 約90円/日(1日50g換算)
原産国 フランス
メイン食材 肉類(鶏、七面鳥)
酸化防止剤・保存料 ×BHA没食子酸プロピル
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×米、とうもろこし、コーングルテン、小麦

公式サイトを見てみると、「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」のキャットフードは以下のような特徴を掲げています。

  • 高消化性のタンパク質や炭水化物を使用
  • 健康的な腸内細菌バランスに配慮して可溶性食物繊維配合
  • 少ない食事量でも必要なエネルギーを摂取できるよう、高エネルギー設計
  • ミネラル分を調整し、尿結石に配慮(pHケア)

消化器疾患の猫ちゃんのために特別に調製された食事療法食。療法食なので、獣医師の指導のもと個体差 や活動量に応じて与えることが重要です。

次の項目で、原材料と成分を詳しく見ていきましょう。

ロイヤルカナン 消化器サポート ドライの原材料と成分

続いて、「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:肉類(鶏、七面鳥)、動物性油脂コーングルテン、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、加水分解動物性タンパク、卵パウダー、ビートパルプ、魚油、酵母、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ミネラル類(K、Cl、P、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

rc-digestion2
[出典:http://www.royalcanin.co.jp/]

評価Dランク

主原料に鶏肉や七面鳥肉といった、猫に最も重要な栄養素である動物性タンパク源を使用。サイリウム、フラクトオリゴ糖、マンノオリゴ糖といった可溶性食物繊維が、お腹の調子を整えてくれます

タンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく配合。マグネシウムなど尿結石に影響するミネラル分の数値は低めに抑えているので、猫によくあるおしっこの病気にも安心です。

 

気になる点としては、原材料に多く含まれる穀類や、繊維質のビートパルプ、酸化防止剤など。また、原材料に詳細のわからない”植物性”・”動物性”・”魚”などのあいまいな表記が多いのも信頼性に影響しますね。

以下、詳しく見ていきましょう。

コーン・小麦などの穀類使用

「ロイヤルカナン」に使用されている穀類は小麦やコーンといったアレルギー発症の危険性が高い食材。

消化率90%以上の小麦タンパクといえども、完全肉食動物の猫にとってイネ科の穀類は体内で消化しづらいので、さつまいもやグリーンピースなどのイモ類・豆類が好ましいですね。

強い化学合成の酸化防止剤

添加物で気になるのは何と言ってもBHA、没食子酸プロピルなどの合成の強い酸化防止剤。特にBHAは発がん性があることがわかっています。

健康に影響を及ぼす量ではないことは「ロイヤルカナン」側でも説明がされていますが、毎日の食事で自然と体に堆積していくので、愛猫の体調に異変を感じた時は使用を避け、獣医師に相談しましょう。

動物性油脂について

“動物性油脂”という総称では、いったい何の動物の油脂なのか全くわかりません。あいまい表現は信用できませんよね。

また、動物性油脂は酸化が早いので、加工段階でほぼ必ず酸化防止剤が使われています。実際、BHA、没食子酸プロピルといった強い合成の酸化防止剤が使われているのは、動物性油脂に対してかもしれません。

ビートパルプの使用

食物繊維として使われているビートパルプですが、実際は砂糖大根の搾りカスのことで、食物繊維としての栄養価はほとんどないといわれています

また、便を固める効果があるので、便秘気味の猫ちゃんは悪化してしまうかも。

ロイヤルカナン 消化器サポート ドライの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

もう何年もコレです!
アレルギーのある子なのですが、コレで快便です。
お腹の弱いニャンコにオススメです。(楽天市場より)

立派なウンチがスルスル出ます。
便秘気味でトイレが大変だった愛猫も楽チンそうですが、味にもっと工夫があってもよいかも!?です。
食いつきがイマイチなので、もう1種類ロイヤルカナンの「食事にこだわりがある成猫用」を少し混ぜて与えています。(Amazonより)

食べた翌日から過去見た事も無い人間並みの立派な?ウンチをしました!
ビックリです。
今までは指の先位の大きさを、4〜5粒程度しか出ませんでした。
それも2日に一回位のお通じ。
毎日出るので最近は逆に出すぎて心配になってます。(Amazonより)

我が家の猫はこの餌を食べるとゆるいうんちが硬くなるので、
重宝しています。(楽天市場より)

ウンチが硬くて排泄が辛そう?に感じて購入。初めて与えた頃はそれはもう理想的なかりん糖のような便でしたが、暫くすると元通り。でも喜んで食べるので一日一食分だけ替えてます。(Amazonより)

食いつきは比較的良いと評判。消化器サポートというだけあって、便の出はだいぶ良くなったという口コミが多いです。オリゴ糖などのお腹に優しい成分を配合しているので、お腹の弱い猫ちゃんに好評のようですね。

その反面、気になるのは「ウンチが硬くなる」というコメント。実際、便を固める効果のあるビートパルプが使われているので、元々下痢気味の場合、ビートパルプで無理矢理固めている可能性も否めません。

最後の口コミにもあるように、既に便秘気味の猫ちゃんは、最初は良くても長期的に見たらあまり改善していないという実例も見逃せません。

まとめ

以上今回は、「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ロイヤルカナン 消化器サポート ドライ」は、消化性の高い原材料を使っているものの、便のトラブルを引き起こしかねない穀物やビートパルプも含まれているキャットフードであることが分かりました。

消化器疾患の猫ちゃんのための療法食なので、症状が出ている間は獣医師の指示に従うのが第一ではありますが、他にも穀物不使用のグレインフリーフードや、消化に良い食材を使った完全無添加フードも存在するということを覚えておきましょう。

▶️その他、「ロイヤルカナン」の情報はこちら

スポンサードリンク
21

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です