キャットフードの解析とレビュー

【★2.70】アボダーム(猫用)キャットフードの解析|アボカド配合で綺麗な毛並みをサポート

アボ・ダームは、アボカドの果肉やオイルを配合したアメリカ生まれのキャットフードです。

「口コミや評判は?」「公式サイトはどこ?」そんな疑問をお持ちの飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、アボダームを「原材料、成分、価格、安全性、利便性」の5つの観点から徹底的に解析し、評価しました。それに加えて、口コミや購入方法、与え方もまとめています。

※この記事では「アボ・ダームキャット チキン&へリング 【成猫~高齢猫用】」を扱っています。その他の商品については、アボダームの種類(この記事の下部)にまとめています。

当サイトに掲載しているキャットフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。また、価格などの情報は2021年11月のものです。

アボダームの基本情報と特徴

パッケージ
商品名 アボ・ダームキャット チキン&へリング 【成猫~高齢猫用】
評価 2.70
Dランク(S〜Eランクで評価)
評価の詳細 ①原材料:3.00
②成 分:4.50
③安全性:0.00
④価 格:4.00
⑤利便性:2.00
価格 300g:740円(税込814円)
1.2kg:2,531円(税込2,784円)
9kg:9,000円(税込9,900円)
※Amazonの場合
100gあたり 110円〜271円
対象 全猫種・成猫~高齢猫
原産国 アメリカ カロリー 375kcal
/100g
目的 総合栄養食 タイプ ドライフード
主原料 ​乾燥チキン
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:約1ヶ月
粒の形 不明
最安値 Rakuten
販売元 製造:ブリーダーズチョイス社
販売:株式会社Biペットランド

アボダームは、アメリカで40年強の歴史をもつペットフードメーカーが製造しています。

本来、「猫には危険」とされるアボカドですが、アボダームでは安全な部分のみを使用しています。アボカドは健康的な皮膚や美しい毛並みを保つため、皮膚トラブルに悩む猫におすすめです。

ただし、原材料の品質や製造工場の詳細が不明で、サルモネラ汚染によるリコール歴も1回あります。そのため、総合的な評価はDランクとなりました。


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

まや
まや
アボダームの特徴には、以下の3点があります。
  1. アボカド配合
  2. とうもろこし不使用
  3. 30年以上の実績

特徴①アボカド配合

アボダームの最大の特徴は、キャットフードでは珍しくアボカドの果肉とオイルを配合していることです

一部のアボカドに含まれるペルシンという成分は、猫に有害だとされています。そのため、アボカドそのものを猫に食べさせてはいけません。

しかし、アボダームでは猫が食べても安全な部分のみ使用しています。その証拠に、販売開始以降30年以上が経ちますが、世界中でアボダームによるアボカドの中毒の報告は一度もありません。

特徴②とうもろこし不使用

アボダームは、原材料にとうもろこし(コーン)を使用していません

とうもろこしは猫にとって消化しづらく、アレルギーも引き起こしやすいという特徴があります。

安価なフードの場合、量をかさ増しするためにとうもろこしを使用することが多いですが、アボダームは不使用です。

特徴③30年以上の実績

アボダームは、アメリカで30年以上の販売実績があります

製造元であるブリーダーズチョイス社は、アメリカ・カリフォルニア州で1947年に創業しました。

当時の社長の愛犬がアボカドを好んで食べていたことから着想を得て、1970年代からペットフードの製造・販売を行なっています。

アボダームを5つの項目で評価

ここからは、当サイトの評価基準である項目ごとに詳しく解析します。

  1. 原材料3.00
  2. 成 分4.50
  3. 安全性0.00
  4. 価 格4.00
  5. 利便性2.00

(クリックすると詳細に飛びます)

キャットフードの評価基準を見る

評価①原材料:3.00点

アボダームの原材料は以下の通りです。(当サイトの基準で好ましい食材は緑文字心配な食材は赤文字判断できない食材は太字で表記しています。)

​乾燥チキン玄米白米鶏脂肪、トマト繊維、乾燥ニシン、乾燥アボカド果肉、ナチュラルフレーバー、卵、チコリー根、イヌリン、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンK、ビタミンA、ビタミンB6、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸)、ミネラル(硫酸鉄、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、アボカドオイル、タウリン、パセリ、海藻、メチオニン、ユッカエキス、イノシトール

まや
まや
心配な食材が含まれるため、減点となりました。
食材名 詳細
​乾燥チキン、乾燥ニシン 主原料の肉に加えてニシンも使用しているため、猫の食いつきが期待できます。
ただし、品質については不明です。
玄米、白米 アレルギーの危険性は低いですが、穀類のため、穀物アレルギーのある猫は食べられません。
塩は、体内の水分バランスを維持する重要なミネラルです。
ただし、塩分をとりすぎると腎臓に負担がかかる危険性があるため、過剰な摂取には注意しましょう。
ナチュラルフレーバー 天然香料のことです。
どんな素材を使用しているか不明のため、判断できませんでした。

危険な添加物は?

アボダームに危険な添加物は含まれていません

それだけでなく、化学的酸化防止剤・防虫剤・防カビ剤は一切不使用です。酸化防止剤として、天然由来のビタミンC・ビタミンE等を使用しています。

評価②成分:4.50点

アボダームの成分は以下の通りです。(当サイトの基準値を満たしている数値は緑文字満たしていない数値は赤字で表記しています。)

アボダーム AAFCOの基準値 当サイトの基準値
粗蛋白 32.0%以上 26.0%以上 40%未満
粗脂肪 22.0%以上 9.0%以上 10%以上
〜30%未満
粗繊維 3.5%以下 6%未満
粗灰分 6.0%以下 6%以上
〜10%以下
水分 10.0%以下
エネルギー 375kcal
/100g
マグネシウム 0.11%以下 タウリン 0.15%以上
まや
まや
粗灰分がやや少ないため、減点となりました。

アボダームはAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める基準を満たした「総合栄養食」です。そのため、理論上、フードと水だけで猫の健康を維持できます。

下部尿路の健康に配慮し、マグネシウムの含有量を0.11%以下に抑えています。

ただし、成分表によると、粗灰分のみ当サイトの基準である「6%以下」です。粗灰分が不足すると、貧血になったり骨密度が低下したりする危険性があります。

評価③安全性:0.00点

安全性のプラス面
調査中
安全性のマイナス面
原材料の品質・産地が不明
製造工場が不明
獣医師の監修・推奨なし
リコール歴あり
まや
まや
公開されている情報があまりにも少ないため、減点となりました。

アボダームは、原材料について「厳選された高品質な原材料」と明記しているものの、具体的な品質(人が食べられるかどうか)や産地は不明です。

また、どこにある工場で製造されているのかも不明で、品質管理についても言及していません。

原材料や製造工場の安全性について一般的に公開されていると、より安心できます。

リコール情報

アボダームは、2012年9月にリコールが行われました

このリコールでは、一部の商品にサルモネラ菌に汚染されていたとの報告がされています。

販売元

会社名 株式会社Biペットランド
本社 兵庫県宝塚市中州1丁目5-18
取締役会長 岩﨑 源次郎
設立 平成11年10月1日

アボダームは、アメリカの企業であるブリーダーズチョイス社が開発・製造し、日本の企業である株式会社Biペットランドによって輸入販売されています。

評価④価格:4.00点

1個あたりの価格 100gあたり
300g 740円
(税込814円)
271円
1.2kg
(300g×4袋)
2,531円
(税込2,784円)
232円
9kg 9,000円
(税込9,900円)
110円
まや
まや
格安ではないため、減点となりました。

アボダームは、100gあたり110円〜271円です

キャットフードの相場を100gあたり250円〜300円だとすると、相場程度またはやや安いです。

なお、公式サイトで販売していないため、通販サイトによって価格が異なります。ほとんどの通販サイトでは、内容量が増えるほど安くなる仕組みです。

評価⑤利便性:2.00点

利便性のプラス面
Amazonや楽天市場で購入できる
開封口にジッパーあり
1.2kgは小分け(300g×4袋)
利便性のマイナス面
定期購入できない
お試しがない
まや
まや
やや利便性に欠けるため、減点となりました。

アボダームは開封口にジッパーが付いているため、簡単に密閉でき、開封も楽になります。

ただし、定期購入できないため「毎回購入するのが面倒」と感じる可能性があります。

アボダームの口コミ

アボダームの口コミをまとめると以下のようになります。

良い口コミ
食いつきが良い
毛並みが良くなった
小分けなので便利
悪い口コミ
食いつきが悪い

良い口コミ

まず、アボダームには、以下のような良い口コミがあります。

食いつきが良い

10歳のミックスの女の子です。ここ2,3年、カリカリの好き嫌いが出てきました。なるべく体によいものを上げようと、選択。初めて出したときから、ものすごくおいしそうに食べます。ほかのカリカリを混ぜても、これだけを好んで食べます。

(2020年3月に投稿)
[出典:Amazon]

毛並みが良くなった

小分けなので便利

ウチのニャンコさん達のお気に入りです。
小分けされているので大袋で購入できて助かります。

(2021年10月に投稿)
[出典:楽天市場]

悪い口コミ

次に、アボダームには、以下のような悪い口コミがあります。

食いつきが悪い

アボダームの他の商品と違い粒が大きいのが嫌だったのか味が嫌いだったのかわかりませんが、食いつきが悪かったです

(2019年5月に投稿)
[出典:Amazon]

アボダームの種類

アボダームには以下のような種類があります。

ドライシリーズ

キトン
対象:子猫、妊娠・授乳期
主原料:​乾燥チキン
ヘアボール&ライト
対象:成猫~高齢猫、肥満猫
主原料:​乾燥チキン
チキン&へリング
対象:成猫~高齢猫
主原料:​乾燥チキン
この記事の商品
ダック&ターキー
対象:成猫~高齢猫
主原料:​ダック
※グレインフリー
サーモン&ツナ
対象:全年齢猫
主原料:​サーモン
※グレインフリー

缶詰シリーズ

缶詰シリーズには、具材がごろっと入った「具材タイプ」と食べやすいペースト状にした「ペーストタイプ」があります。

具材タイプ ​セレクトカット ​チキン
​セレクトカット ツナ&チキン
​セレクトカット チキン&ダック
セレクトカット ​サーディン&エビ
​セレクトカット ​ツナ&カニ
​セレクトカット ​サーモン&チキン
​セレクトカット ​サーモンコンソメ
ペーストタイプ チキン
フィッシュ
サーモン

以下のフードは販売終了となりました。

  • ドライシリーズ オリジナルチキン
  • ドライシリーズ ツナ&ロブスターwithカニ
  • 缶詰シリーズ セレクトカット ツナ&エビ

アボダームの購入方法

アボダームはAmazonと楽天市場で購入できます。公式サイトのオンラインショップなどはありません。

また、全国各地にあるペット専門店でも販売しています。ただし、ホームセンター内にペット専門店が入っている場合を除き、ホームセンター等では販売していません。

当サイトでは、「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」における販売状況を調査しています。そのため、「Yahoo!ショッピング」や、その他のペット商品を取り扱う通販サイトでも購入している可能性があります。

最安値はどこ?

アボダームの最安値は、ペット専門店を除くと楽天市場です。ただし、別途送料がかかります。

公式サイト

Amazon

楽天市場

初回
通常
2,531円
(税込2,784円)
1,619円
(税込1,780円)
定期
送料
0円 770円

※価格は1.2kgの場合です。

お試しはある?

アボダームには、有料・無料を問わず、お試しセットや少量のサンプルはありません

そのため、食いつきを確かめたい場合でも、通常の商品を購入する必要があります。

アボダームの与え方

給与量は?

アボダームの給与量は以下の通りです。

[出典:公式サイト]
※給与量はあくまで目安です。年齢や運動量、健康状態、飼育環境によって調整しましょう。

アダルト(成猫)で5kgの場合、1日あたりの給与量は77〜102gです。

1.2kg(税込2,784円)の商品を購入して1日に80g与えると、15日間で使い切る計算になります。

つまり、1日あたりの価格は185.6円です。

切り替える時は?

アボダームに限らず、新しいキャットフードに切り替える時は、時間をかけて新しいフードに慣れさせることが大切です

突然、食器いっぱいに新しいフードを載せてはいけません。1週間〜10日程度かけて、従来のフードよりも新しいフードの配分を多くしていきます。

フードの比率の目安は以下の通りです。

従来のフード 新しいフード
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 60% 40%
7日目 70% 30%
8日目 80% 20%
9日目 90% 10%
10日目 0% 100%

少しずつ新しいフードの配分を多くすることで、猫にストレスを与えずに新しいフードを慣れさせることができます。

切り替えにかける期間と配分は、フードによって異なります。パッケージに記載されていることもありますので、参考にしましょう。

アボダームのよくある質問

対象年齢は?

飼い主さん
飼い主さん
アボダームは子猫やシニア猫に与えてもいいの?
まや
まや
いいえ。アボダームは、種類によって対象年齢が異なります

この記事で紹介している「チキン&へリング 【成猫~高齢猫用】」の対象は成猫から高齢猫です。そのため、子猫には適していません。

猫の年齢に合ったものを与えましょう。

賞味期限は?

飼い主さん
飼い主さん
アボダームの賞味期限は?
まや
まや
アボダームの賞味期限は、パッケージに記載されています。2.4kgサイズ以下の商品は袋部、5.0kgサイズ以上の商品は袋下部に記載があります。

年.月.日の順で記載があるため、「2021.11.16」の場合は2021年11月16日が賞味期限です。

開封後は、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

保存方法は?

飼い主さん
飼い主さん
アボダームの保存方法は?
まや
まや
アボダームは高温多湿を避け、直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう

開封口にジッパーが付いているため、開封後はしっかり閉めて密閉しましょう。

まとめ:アボカド配合で綺麗な毛並みをサポート

以上、この記事では、アボダームの評価に加えて、口コミや購入方法、与え方を紹介しました。

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

パッケージ
商品名 アボ・ダームキャット チキン&へリング 【成猫~高齢猫用】
価格 300g:740円(税込814円)
1.2kg:2,531円(税込2,784円)
9kg:9,000円(税込9,900円)
※Amazonの場合
最安値 Rakuten
販売元 製造:ブリーダーズチョイス社
販売:株式会社Biペットランド

まとめると、以下のような猫や飼い主さんにアボダームをおすすめします。

こんな猫ちゃんにおすすめ!
肉や魚が好き
穀物アレルギーがない
皮膚トラブルがある
毛並みが気になる
こんな飼い主さんにおすすめ!
危険な添加物不使用のフードが欲しい
大容量のフードが欲しい
定期購入がなくても大丈夫

食いつきや体調を見ながら、愛猫にぴったりのフードを探しましょう。

◎関連記事:
小分けにするメリットは?キャットフードのおすすめ保存方法
猫を飼うなら知っておきたい基本!正しい餌のあげ方まとめ
猫の健康のために知っておきたい基本!猫の餌の量と回数

おすすめフードはこちら!
飼い主さん
飼い主さん
愛猫に合ったキャットフードを選びたいけど、種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…

そんなお悩みをお持ちの方には、以下のフードをおすすめします。

おすすめフード5選
モグニャンキャットフード
カナガンキャットフード チキン
カナガンキャットフード サーモン
ジャガーキャットフード
GRANDS(チキン&サーモン全年齢用)

どれも「危険な添加物不使用」「グレインフリー」「お得な定期コースあり」です。

おすすめフード5選を見る

猫種から選ぶ場合はこちら!

アビシニアン アメリカンショートヘア アメリカンカール
エキゾチックショートヘア サイベリアン シャルトリュー
シンガプーラ

スコティッシュフォールド スフィンクス
ソマリ ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア
ペルシャ猫 ベンガル猫 マンチカン
メインクーン ラグドール ロシアンブルー
こんな記事もおすすめ
キャットフードの解析とレビュー

【★3.40】無添加キャットフード安心の解析|多様な肉を使用した国産フード

2017年8月15日
キャットフードの達人
無添加キャットフード安心は、牛・豚・鶏・魚など多様な肉を使用した国産のキャットフードです。 「口コミや評判は?」「うちの猫に合うかな? …
キャットフードの解析とレビュー

【販売終了】ゴールデンネックス キャットフードの解析|原材料や成分の安全性・口コミは?

2016年4月12日
キャットフードの達人
ペットフード公正取引協議会の定める総合栄養食の基準を満たしている『ゴールデンネックス』のキャットフード。 今回の解析は、『ゴールデンネ …
キャットフードの解析とレビュー

【★4.03】プレイアーデン(猫用)の解析|100%有機原材料の缶詰キャットフード

2021年11月9日
キャットフードの達人
プレイアーデンは、ペット先進国・ドイツで、100%有機原材料の認証を受けたキャットフードです。 「口コミや評判は?」「お試しはあるの? …
キャットフードの解析とレビュー

【販売終了】ティンバーウルフ(セレンゲッティ・プラチナム)キャットフードの解析|原材料や口コミは?

2016年4月20日
キャットフードの達人
野生の食事にできる限り近づけたペットフードを目指す『ティンバーウルフ』。 今回の解析は、チキンメインのキャットフード『ティンバーウルフ …
キャットフードの解析とレビュー

【★4.15】ソリッドゴールド インディゴムーン(猫用)の解析|40年以上の歴史をもつキャットフード

2016年3月29日
キャットフードの達人
ソリッドゴールドは、「プレミアムフードの先駆者」と呼ばれ、40年以上の歴史をもつキャットフードです。 「安全性は大丈夫?」「訴訟問題が …
キャットフードの解析とレビュー

【★4.35】アーテミス オソピュア キャットフードの解析|グレインフリーでガルバンゾー豆配合

2016年3月21日
キャットフードの達人
オソピュアは、米国アーテミス社が製造するグレインフリーのキャットフードです。 当サイトでは、以下のような猫や飼い主さんにオソピュアをお …