猫種別キャットフード

バーマンにおすすめのキャットフード5選!餌の選び方や餌代・給餌量は?

まや
まや
バーマンには、高タンパク・低炭水化物で、毛玉ケアもできるフードがおすすめです!

バーマンは、その昔ミャンマーの寺院を守ったと伝えられており、「聖なる猫」とも呼ばれる猫種です。

長毛種ですが、シングルコートなので毛玉はできにくいのが特徴。それでも小まめなブラッシングは欠かせません。

また、大人しく運動量が少ないので、肥満には気をつけたいところです。

バーマンの特徴

この記事では、バーマンの餌の選び方や、おすすめのキャットフード、餌代の目安や必要な給餌量まで詳しく解説します。

今すぐバーマンに
おすすめのフードを見る

当サイトに掲載しているキャットフードは、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、品質を保証するものではありません。また、効果には個体差があります。あらかじめご了承ください。

【成長ステージ別】バーマンの餌の量

バーマンの餌の量を成長ステージごとにまとめると以下のようになります。

時期食事
子猫哺乳期
(生後3週間まで)
子猫用ミルク
離乳期
(生後8週間まで)
子猫用ミルク
おかゆ状のスープ
子猫用フード
成長期
(生後8週間〜)
全年齢用フード
子猫用フード
成猫成長期
(1歳〜4歳)
全年齢用フード
成猫用フード
維持期
(4歳〜6歳)
全年齢用フード
成猫用フード
シニア猫7歳以上全年齢用フード
成猫用フード
シニア猫用フード

1日あたりの給餌量は、それぞれのフードのパッケージ記載内容に従いましょう。

猫の健康のために知っておきたい基本!猫の餌の量と回数 猫の健康にとても大切な食事。栄養バランスのとれた食事をあげていても、あげすぎたり、少なすぎたりしたら猫の健康や成長に大きく影響します。 ...

子猫:生後12ヶ月まで

子猫は、おおよそ生後12ヶ月までの時期を指します。

大きく分けて「哺乳期」「離乳期」「成長期」の3つがあります。

哺乳期(生後3週間まで)

哺乳期は、子猫用ミルクを1日数回に分けて与えます

この時期の食事は、どの猫種でもほとんど同じです。

離乳期(生後8週間まで)

離乳期は、子猫用ミルクやおかゆ状のスープを中心に、子猫用フードを与え始めます

まだ歯が生え揃っていないこともあるので、ドライフードはぬるま湯でふやかすなど工夫しましょう。

成長期(生後8週間〜)

成長期は、子猫用フードに切り替え、1日4回に分けて与えます

この時期にいろんなフードを与えることで、好き嫌いの少ない猫に育ちやすくなります。

子猫・幼猫におすすめのキャットフード6選!いつからドライフードを与えれば良い?猫は生まれてから12ヶ月の間で急激に成長するため、子猫の期間はより多くのエネルギーが必要です。 「子猫にはどんなフードをあげれば良いの...

成猫:1歳〜6歳

成猫は、1歳になった頃から7歳になるまでの時期を指します。

バーマンは約1年かけて成長するため、体をつくる重要な時期です。

成長期(1歳〜4歳)

成猫になってからの成長期は、成猫用フードを1日2回に分けて与えます

子猫の時期に比べると体が大きくなるため、「成長」なのか「肥満」なのかわかりにくいこともあります。

肥満になると病気のリスクも上がり、減量も大変になるため、BSC()に注意しながら健康的な体型を維持しましょう。

BSCとは、ボディコンディションスコアのことで、見た目や触れた状態から体型を評価することです。

維持期(4歳〜6歳)

成長期が終わった後の維持期は、引き続き、成猫用フードを1日2回に分けて与えます

維持期になると、骨格がしっかりして、体重の増加が止まります。

猫自身が自分に最適な食事量を覚えるので、必要なぶんだけ食べ、空腹になれば飼い主さんに催促します。

成猫用(1歳〜6歳)おすすめキャットフード5選|本当に安全なのは?選び方も解説!一般的に、猫は1歳を目安に子猫から成猫になります。 子猫の時期とは必要なエネルギー量が異なるため、だんだんと成猫用(アダルト用)のフー...

シニア猫:7歳以上

シニア猫は、7歳以上の時期を指します。

シニア猫には、全年齢用や成猫用、シニア猫用フードを1日2回に分けて与えます

フードによっては、「シニア猫用」「10歳以上の猫用」「15歳以上の猫用」と書かれている商品もあります。

運動量が減り、代謝も落ちるので、低脂肪や低カロリーのフードがおすすめです。

シニア猫(7歳以上)におすすめキャットフード5選!高齢猫用にいつから切り替える? 猫の7歳は、人間の年齢で44歳にあたります。 食欲や消化機能が落ちるなど、体の変化はどうしようもないことですが、元気で長生きしても...

バーマンの餌の選び方

まず、前提として、安全で良質なキャットフードを選ぶ時には、以下の3つのポイントを踏まえましょう。

  1. 主原料は良質な動物性タンパク質
  2. 穀類不使用または少なめ
  3. 人工添加物不使用

上記は、当サイトでおすすめする「安全で良質なキャットフード」の条件です。これだけ満たせば、猫種や年齢にかかわらず、十分に健康を維持できると言えます。

キャットフードの選び方を徹底解説!良質な猫の餌とは?失敗しない3つのポイントこの記事では、安全で良質なキャットフードの選び方を解説します。 【はじめに】キャットフードは栄養バランスが良い まず前提として、...

その他に、バーマンならではの「フードの選び方のポイント」は以下の通りです。

選び方のポイント目的
①高タンパク筋肉や骨格を形成する
②低炭水化物肥満を防ぐ
消化機能の低下を防ぐ
③食物繊維のバランスが良い毛玉の排出を促す

以下、それぞれ詳しく解説します。

①高タンパク

健康的な発育のために、高タンパクのフードを選びましょう

バーマンは、約1年で体重の増加が止まりますが、完全な成長にはさらに1〜2年ほどかかります。

成長が続く期間は、筋肉や骨格をつくるためにタンパク質が欠かせません。

そのため、最低でもタンパク質が30%以上、理想は35%以上のフードを選びましょう。

猫が1日に必要とするタンパク質は、体重1kgあたり7gです。

以下、タンパク質の計算式の例を見てみましょう。

体重5kgの猫は、1日に35gのタンパク質が必要です。
タンパク質が30%のフードは、100gあたり30gのタンパク質がとれます。

つまり、体重5kgの猫は、このフードを1日約116g食べることで、1日に必要なタンパク質を補えます。

※「そんなに多くの量は食べ切れない」という場合は、より高タンパクなフードを与えてみましょう。

高タンパクのフードは腎臓や肝臓に負担をかけるため、持病がある場合は注意しましょう。

②低炭水化物

肥満を防ぐために、炭水化物が少ないフードを選びましょう

バーマンは子猫のうちは活発に動き回りますが、成猫になると落ち着いて運動量が減って太りやすくなります。

調査によれば、「40%以上の炭水化物は、消化機能の低下や高血糖を引き起こすことがある」ことがわかっています。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすことがあると報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

[引用:三鷹獣医科グループ]

そのため、穀物や白米など、血糖値を上げやすい炭水化物を多く含むフードは避けたほうが望ましいです。

③食物繊維のバランスが良い

毛玉の排出を促すために、食物繊維のバランスが良いフードを選びましょう

バーマンは長毛種なので、毛づくろいの時に大量の毛を飲み込みやすく、毛球症()にもかかりやすいです。

「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」のバランスが良いフードを食べることで、体内に溜まった毛が便と一緒に排出されます。

水溶性(可溶性)食物繊維不溶性食物繊維
役割便を柔らかくして、排便をサポートする腸の動きを活発にして、便通を良くする
食材例大麦、オーツ麦、昆布、わかめ、こんにゃく、里いも、果物穀類、野菜、豆類、海藻、果実

また、商品名に「毛玉(ヘアボール)ケア」と書かれているフードもおすすめです。

毛球症(もうきゅうしょう)とは、毛づくろいで飲み込んだ毛が胃腸に溜まり、食欲不振や便秘を引き起こす病気です。

毛玉ケアにおすすめのキャットフード6選!毛玉を吐かない猫にもOK 「市販のキャットフードでおすすめなのは?」「毛玉ケアフードを選ぶ時のポイントが知りたい」そんな悩みを抱える飼い主さんも多いのではない...

バーマンにおすすめのキャットフード

バーマンにおすすめのキャットフードをまとめると以下のようになります。

まや
まや
フード名をクリックすると、新しいタブで解析記事が開きます!
フード名価格最安値
モグニャン4,356円
/1.5kg
公式サイト
カナガンキャットフード チキン4,356円
/1.5kg
公式サイト
ナウフレッシュ
アダルトキャット
3,795円
/1.36kg
Amazon
ファインペッツ3,772円
/1.5kg
公式サイト
アーテミス フレッシュミックス
フィーライン(猫用)
3,999円
/2kg
Amazon

※価格は全て税込です。

上記のフードは安全で良質なことはもちろん、バーマンならではの「フードの選び方のポイント」も踏まえています。

モグニャン

パッケージ
商品名モグニャンキャットフード
価格■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
2〜5個:3,366円(税込3,702円)
6個以上:3,168円(税込3,484円)
100gあたり233円〜290円
対象全猫種・全年齢
原産国イギリスカロリー379kcal
/100g
目的主食タイプドライフード
主原料白身魚65%
賞味期限未開封:18ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:5〜6mm

販売元株式会社レティシアン
https://laetitien.co.jp/

モグニャンは、ヒューマングレードの白身魚を65%使用したキャットフードです。製造工場はFEDIAFの基準をクリアしており、獣医師による推奨も受けているため安全性が高く、定期購入できるため利便性も高いと言えるでしょう。

バーマンにおすすめの理由

  • 白身魚を63%使用で高タンパク
  • グレインフリーなので肥満防止にも◎
  • サツマイモの食物繊維が毛玉排出をサポート

\定期コースなら最大20%OFF!/

公式サイトはこちら解析記事

カナガンキャットフード チキン

パッケージ
商品名カナガンキャットフード チキン
価格■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
2〜5個:3,366円(税込3,702円)
6個以上:3,168円(税込3,484円)
100gあたり233円〜291円
対象全猫種・全年齢
原産国イギリスカロリー405kcal
/100g
目的主食タイプドライフード
主原料乾燥チキン
賞味期限未開封:18ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:約1cm

販売元株式会社レティシアン
https://laetitien.co.jp/

カナガンは、チキンを60%以上配合し、タウリンも豊富に含まれているキャットフードです。穀物の代わりに、上質な食物繊維源であるサツマイモやエンドウ豆を配合しています。

バーマンにおすすめの理由

  • 肉を60%以上含む高タンパクフード
  • グレインフリーなので肥満防止にも◎
  • 食物繊維源にサツマイモやジャガイモを使用

\定期コースなら最大20%OFF!/

公式サイトはこちら解析記事

ナウフレッシュ アダルトキャット

パッケージ
商品名NOW FRESH(ナウフレッシュ)
グレインフリー アダルトキャット
価格350g:1,100円(税込1,210円)
1.36kg:3,450円(税込3,795円)
3.63kg:7,500円(税込8,250円)
7.25kg:13,500円(税込14,850円)
100gあたり205円〜346円
対象全猫種・成猫
原産国カナダカロリー387.2kcal
/100g
目的総合栄養食タイプドライフード
主原料ターキー生肉(骨抜き)
賞味期限未開封:14ヶ月
開封後:1ヶ月
粒の形

直径:約5〜7mm
厚さ:約4mm

販売元製造:ペットキュリアン社
販売:グローバルペットニュートリション株式会社

ナウフレッシュは、20種類以上の食材を組み合わせた、ミールフリーで穀物不使用のフードです。90℃の低温で調理することで栄養素の変質を防ぎ、素材の持ち味を活かしています。

バーマンにおすすめの理由

  • タンパク質32%で栄養豊富なフード
  • グレインフリーなので肥満防止にも◎
  • エンドウ豆の食物繊維で毛玉ケア


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

解析記事

ファインペッツ

パッケージ
商品名FINEPET’Sキャットフード
(グロース&メンテナンス)
価格■通常価格
1.5kg:3,429円(税込3,772円)
■定期配送
1〜9回目:210円OFF
10回目:10%OFF
20回目:20%OFF
50回目:50%OFF
100回目:100%OFF(無料)
■初回お試し用
1.5kg:1,000円(税込1,100円)
100gあたり74円〜252円
対象全猫種・全年齢
原産国オランダカロリー427.2kcal
/100g
目的総合栄養食の表記なしタイプドライフード
主原料アヒル肉
賞味期限未開封:18ヶ月
開封後:3か月
粒の形

直径:約8mm

販売元株式会社エヴリワンズ

ファインペッツは、約20年間の輸入販売の経験を生かし、自社ブランドとして発売されたキャットフードです。消化吸収率が高いため、少ない量でも十分な栄養素を摂ることができます。

バーマンにおすすめの理由

  • アヒル・ニシン使用で高タンパク
  • 全粒米使用なので低炭水化物
  • 豆類の食物繊維がスッキリをサポート

\初回限定で1.5kg税込1,100円!/

公式サイトはこちら解析記事

アーテミス フレッシュミックス

パッケージ
商品名アーテミス フレッシュミックス フィーライン(猫用)
価格500g:1,175円(税込1,293円)
1kg:1,924円(税込2,116円)
2kg:3,635円(税込3,999円)
6kg:8,165円(税込8,982円)
100gあたり149円〜258円
対象全猫種・全年齢
原産国アメリカカロリー392.2kcal
/100g
目的総合栄養食タイプドライフード
主原料フレッシュチキン
賞味期限未開封:14ヵ月
開封後:約1ヵ月
粒の形

直径:約9mm
厚み:4mm

販売元株式会社ケイエムテイ

フレッシュミックスは、新鮮な鶏肉を主原料に、食材を人間の食品基準で厳選しているキャットフードです。抗酸化作用のあるトマトやクランベリーも取り入れています。

バーマンにおすすめの理由

  • 主原料に鶏肉使用で高タンパク
  • 比較的太りにくい玄米・米ぬか使用
  • 長毛種に嬉しい毛玉ケアフード


AmazonAmazonで見てみる Rakuten楽天市場で見てみる

解析記事

バーマンの餌代の目安

バーマンにおすすめのフードで、1日あたりの餌代の目安をまとめると以下のようになります。

子猫
(3ヶ月・
1.5kg)
成猫
(1歳・
4kg)
シニア猫
(7歳・
4kg)
モグニャン112円
/38g
161円
/56g
141円
/48g
カナガン
(チキン)
161円
/55g
145円
/50g
145円
/50g
ナウフレッシュ
(アダルトキャット)
※子猫向けではない181円
/65g
181円
/65g
ファインペッツ75円
/30g
99円
/40g
80円
/32g
アーテミス
フレッシュミックス
138円
/70g
167円
/84g
143円
/72g

※数値は1日あたりの餌代と給餌量です。

生後3ヶ月で2kgのバーマンにモグニャンを与える場合、1日あたりの給餌量は38gです。

1.5kg(税込4,356円)の商品を購入して1日に38g与えると、約39日間で使い切る計算になります。
計算式:1,500g÷38g=39日
※実際には、開封後30日を目安に使い切りましょう。

つまり、1日あたりの価格は約112円です。
計算式:4,356円÷39日=112円

よくある質問

バーマンのフード選びでよくある質問をまとめました。

フードで病気を防げる?

飼い主さん
飼い主さん
フードを変えることで、病気の予防・治療はできるの?
まや
まや
いいえ。人間と同じく、特定のフードを食べれば病気を防いだり、治療できたりするわけではありません。

遺伝的な要因や生活習慣がかかわってくるため、フードだけで予防することは難しいです。しかし、「炭水化物を過剰に摂らない」など、リスクを減らすことは重要です

ロイヤルカナンにバーマン用はある?

飼い主さん
飼い主さん
「ロイヤルカナン」にバーマン専用のフードはあるの?
まや
まや
いいえ。2022年2月現在、キャットフードの「ロイヤルカナン」に、バーマン専用はありません

ロイヤルカナンは猫種別のラインナップが豊富ですが、まだバーマン専用フードは販売していません。

代わりに、室内飼いで長毛種向けの「インドア ロングヘアー」をあげている飼い主さんも多いようです。

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥1,170
(2022/09/26 17:41:57時点 Amazon調べ-詳細)

ご飯を食べてくれない…

飼い主さん
飼い主さん
バーマンが餌を食べてくれません。
まや
まや
猫種にかかわらず、猫は偏食なことが多く、同じ食事ばかりだと飽きてしまうことも多いです。

体調に異常がないのに食べない場合は、工夫して食べやすくしてみましょう。

細かく砕いて、食べやすい大きさにする
電子レンジで温めて、香りを強める
ぬるま湯でふやかして、噛み砕きやすくする

また、生肉に近い食感で飲み込みやすいウェットフードにする方法もあります。

健康なはずの猫が餌を食べない!考えられる原因と対処法は?いつも元気で健康なのに、猫がえさを食べてくれない!健康維持のために欠かせない食事だからこそ、食べてくれないと心配になりますよね。 ...

まとめ

以上、この記事ではバーマンの餌の選び方や、おすすめのキャットフード、餌代の目安や必要な給餌量まで解説しました。

まや
まや
最後におすすめのフードをおさらいしましょう!
フード名価格最安値
モグニャン4,356円
/1.5kg
公式サイト
カナガンキャットフード チキン4,356円
/1.5kg
公式サイト
ナウフレッシュ
アダルトキャット
3,795円
/1.36kg
Amazon
ファインペッツ3,772円
/1.5kg
公式サイト
アーテミス フレッシュミックス
フィーライン(猫用)
3,999円
/2kg
Amazon

※価格は全て税込です。

「バーマンを飼っている」「これからバーマンを飼いたい」という方は参考にしてみてくださいね。


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

おすすめフードはこちら!
こんな記事もおすすめ
猫種別キャットフード

アメリカンカールにおすすめのキャットフード5選!選び方や餌代・餌の量は?

2016年12月17日
キャットフードの達人
アメリカンカールは、反り返った耳が特徴的な比較的新しい猫種です。 耳の病気にかかりやすいため、免疫力のある健康的な体を維持したいですよ …
猫種別キャットフード

アメリカンショートヘアにおすすめのキャットフード5選!餌の選び方と餌代は?

2016年11月14日
キャットフードの達人
アメリカンショートヘアは、もともとネズミ取りや害虫駆除として活躍していた猫種です。 約1年で成猫になりますが、完全に成長が止まるまでは3〜 …
猫種別キャットフード

エキゾチックショートヘアにおすすめのキャットフード5選!選び方と餌代は?

2016年11月30日
キャットフードの達人
エキゾチックショートヘアは、ペルシャを基礎に、アメリカンショートヘアなどの短毛種を交配させて生まれた猫種です。 潰れた鼻が特徴的ですが、遺 …
猫種別キャットフード

シャム猫(サイアミーズ)におすすめのキャットフード5選!餌の選び方や餌代は?

2022年2月24日
キャットフードの達人
猫を飼ったことがない方でも、「シャム猫」という猫種は聞いたことがあるのではないでしょうか? 実は、「シャム」とはタイのかつての国名です …