【成長ステージ別】アビシニアンの餌の量&餌代まとめ

今回は、そんなアビシニアンを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介したいと思います。

  1. アビシニアン子猫の餌の量
  2. アビシニアン成猫の餌の量
  3. アビシニアン老猫の餌の量
  4. 餌代の目安

それでは、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.アビシニアン子猫の餌の量

アビシニアンの子猫の期間は約1年間。1歳の成猫になるまでは、成長のためにたくさんの栄養を必要とします。

ただし、一言に子猫といっても、成長段階ごとに必要な栄養素は異なります。以下、哺乳期・離乳期・成長期と3つに分けてみていきましょう。

哺乳期(~3週間)のフード

生まれてから3週間の哺乳期は他の猫種とあまり変わりません。飲みやすい猫用のミルクを与えましょう。

離乳期(生後3週間~8週間)のフード

生後3週間を過ぎたころからだんだんと猫用ミルクからかゆ状のフードに慣らしていきます。子猫用ミルクに加えて、子猫(キトン)用フード(ドライフードやウェットフード)を与え始めましょう。

離乳食は、子猫用の固形ドライフードにぬるま湯を加えてつくることができます。最初は水分量を多めにしておかゆ状のやわらかフードから始めましょう。だんだんと水分を減らしていって、8週目ごろ固形のフードに切り替えるまでの繋ぎとして役立ちます。

成長期(8週間/2ヶ月~)のフード

離乳食からドライフードに切り替わってからは、子猫の運動量も一気に増えます。走り回ったり、飛び跳ねて移動したりととっても活動的。

この活動量に合わせたエネルギー(栄養素)が必要となるので、成長期の子猫には成猫の約2倍の量のフードをあげる必要があります。

目安としては成猫の2倍ですが、あくまでも運動量と成長段階によります。

  • 3~6ヵ月の遊び盛り ⇒食べたいだけフードをあげてもOK
  • 6か月以降 ⇒成猫に近付くにつれてフードの量も成猫の規定量に合わせる
体重に合わせて、市販のキャットフードに記載の給餌量をあげるようにしましょう。フードによっては、全年齢対応のものもあるので、その場合は規定の量、もしくは成猫の2倍を目安に与えます。

子猫時代のフードの質が命!

アビシニアンは、栄養不足によって遺伝性の病気が発症しやすい猫種です。

特に子猫時代の栄養は成猫期以降の健康維持にも大きく影響するため、量というよりはフードの”質”が命といっても過言ではありません。

タウリンという猫の必須栄養素は、動物性食材にしか含まれておらず、不足すると失明や心筋症を引き起こします。動物性タンパク源(肉や魚)を主原料にたっぷり含んだ食事が必須です。

反対に、穀類(とうもろこし・小麦・米など)は猫の体内で消化しづらい上、多量の炭水化物は糖尿病の原因になり、イネ科の穀類の中にはアレルギーをも引き起こしやすいもの(とうもろこし・小麦)もあります。穀類がメインのフードは安価な分、栄養不足にもなりがちです。主食を選ぶ際には必ず「新鮮な肉/魚」が主原料のものを選びましょう。

2.アビシニアン成猫の餌の量

成猫期のフード量は基本的に、パッケージに記載の量をあげるのが最適ではありますが、あくまでも目安であり、猫の種類や体格によって餌の量も微妙に異なります。

活発で遊び好きなアビシニアンは、若いうちはたくさん運動してエネルギーを消費します。活発に動き回っているうちは、良質なタンパク質(肉や魚)たっぷりの栄養価の高いフードであれば、記載量を目安にしつつも食べたい分をあげていいでしょう。

ただし、穀類などの炭水化物が多いもの・高カロリーのものに関しては注意が必要です。筋肉質なアビシニアンは肥満にもなりやすいので、体型の変化には常に気にかけてあげましょう。

また、おやつなどの間食にも注意。肥満の原因の1つとして高カロリーのおやつが考えられます。あげなくて済むなら不要ですが、どうしてもあげたいなら、低カロリーのものを。もしくは、歯周病になりやすいアビシニアンのために歯磨き効果のあるおやつをあげるのもいいですね。

→→→アビシニアンにおすすめのキャットフードはこちら←←←

栄養満点&肥満予防!アビシニアンにおすすめキャットフード5選

2016.12.12

スポンサードリンク

3.アビシニアン老猫の餌の量

シニアになったら体型維持はさらに難しくなります。

食べ過ぎによる肥満。小食による減量。さらに加齢による病気にも気をつけなければならない老猫期。おいしく食べながら病気対策もできる『シンプリー』や、シニア期用に成分調整された『ナウフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント』などがおすすめです。

これらのフードなら、量を減らしたり敏感になることなく、比較的安心してシニアにも食べさせることができるでしょう。

4.餌代の目安

最後に、アビシニアンに当サイトでおすすめしているフードを与えたときの1ヵ月の餌代の目安を見ていきましょう。タウリン不足が命取りとなるアビシニアンの場合、肉・魚たっぷりなのはもちろん、肥満による糖尿病や関節炎を予防するためにも、低炭水化物設計のものがおすすめです。

『カナガン』の場合

kanagan
    • 1 kgあたりの価格:2,640円

カナガンの場合、これ1種類で子猫からシニアまでカバーしてくれるので、ラク&長い目で見たらコスパも良いですね。無添加で穀物ナシのグレインフリーなので、健康にもバツグンです。

お肉たっぷりでタンパク質・カロリーが高いので、あげる量には気をつけましょう。成長期の子猫や、活発な若いアビシニアンにおすすめです。

1日の給餌量×1ヶ月 = 月々の餌の消費量 = 餌代

①2kgの成長期の子猫の場合:75g×30日=2,250g(=2.25kg)

②4kgの成猫の場合:60g×30日=1,800g(=1.8kg)

1.5kg単位で販売しているので、子猫のうちは1ヶ月に2袋程度の消費⇒約8,000円成猫以降は1ヶ月に約1袋の消費⇒約4,000円が目安となります。

カナガン公式ページはこちら

『ナウフレッシュ』の場合

aa now aaaa
  • 1 kgあたりの価格:3,102円

1日の給餌量×1ヶ月 = 月々の餌の消費量 (⇒ 餌代)

①2kgの6ヶ月の子猫の場合:65g×30日=1,950g(=1.95kg)

②4kgの成猫の場合:50g×30日=1,500g(=1.5kg)

③4kgのシニアの場合:45g×30日=1,350g(=1.35kg)

子猫用~シニア用までそれぞれ成分調整されています。特にシニア・体重維持のフードの場合、給餌量を減らすことなく与えられるのがポイント。

キトン用・アダルト用・シニア用どれも1.81kg単位で販売しています。だいたい1ヶ月に約1袋程度の消費で【約5,600円+送料】となります。

小袋(227g単位)でも売っているので、最初はお試し用として小さいサイズを買ってみるのがおすすめです。(¥782 /227g)

まとめ

以上、アビシニアンを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介しました。

  • 特に子猫時代の栄養摂取が、成猫になってからの病気に影響する
  • 運動量が多く活発な成長期は食べたい分だけあげても大丈夫
  • ↑ただし炭水化物多量の穀物メインフードは肥満になりやすいので注意
  • 体型維持のため、成猫期以降はフード量に気をつける
もちろん、これは1匹飼いの一例にすぎず、個体差や猫の数によって大きく変動するので、ご了承ください。

アビシニアンを飼ってみたいという方、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。