目やに・涙やけの改善に!おすすめキャットフードランキング

愛猫の目やにや涙やけが気になる。辛そうでなんとかしてあげたい。

今回は、そんな目やに・涙やけに悩む猫ちゃんにおすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by MaddiPhotography]

目やに・涙やけの原因は?

目やに・涙やけの原因としては以下があげられます。

  • 目にゴミや異物が入った
  • 目の炎症・病気
  • アレルギーが発症している

キャットフードで解決できる原因は、3つ目のアレルギーについて。

次の項目でアレルギーの猫ちゃんに優しいキャットフードを選ぶポイントとおすすめフードをご紹介していきます。

目やに・涙やけにおすすめのキャットフードランキング

  1. 低アレルギー食材
  2. 穀物控えめ/グレインフリー
  3. 無添加

この3つのポイントを考慮した上で、おすすめのキャットフードをランキングにしました。

第5位:アーテミス オソピュア

osopure
評価 Aランク
価格 4,536円※公式サイト参考
2,3kg
カロリー(100gあたり) 約381.5kcal
メイン食材 フレッシュサーモン
生産国 アメリカ
酸化防止剤 混合トコフェロール(ビタミンE)
着色料 未使用
穀物 未使用
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月

低アレルギーで消化吸収に優れたサーモンを主原料に使用。アレルギーの心配のあるイネ科の穀類は一切不使用のグレインフリーキャットフード「アーテミス オソピュア」。

イネ科の穀類の代わりに、タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含むガルバンゾー豆(ひよこ豆)を使っています。

目やにや涙やけの原因として、獣肉アレルギーや穀物アレルギーが考えられる猫ちゃんぜひ試してもらいたいおすすめフードです。

Amazonこちらで販売中  Rakutenこちらで販売中

第4位:ファインペッツ

ファインペッツ
評価 Sランク
価格 ¥2,469 ※初回お試し¥540
1kg
カロリー(100gあたり) 約427.2kcal
メイン食材 アヒル肉&ニシン
生産国 オランダ
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 全粒米のみ
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

主原料にアヒル肉とニシンを使用し、動物性タンパク源をしっかりカバー。

猫の体に負担となる添加物は一切不使用。ビタミン・ミネラルも全て天然由来のものを使っています。

アヒル肉は鶏肉に比べてアレルギー性が低いお肉です。続くニシンも低アレルギー。猫の体内で消化しづらいイネ科の穀類は米のみで、アレルギーを引き起こしやすいといわれる小麦やトウモロコシは一切使用していないのでアレルギーが心配な猫ちゃんも安心です。

ファインペッツ公式ページはこちら

第3位:カナガン

kanagan
  • ランクSランク
  • 1日あたりのコスパ:¥132

お肉たっぷり60%配合、100%無添加、そして穀物一切不使用(グレインフリー)の3拍子がそろった最高級キャットフード「カナガン」。食いつき率もよく、多くの方が試して良さを実感しています。

新鮮な鶏肉を主原料に、新鮮な野菜やハーブを配合することで、食材からビタミン・ミネラルを豊富に摂取することができます。

アレルギーの心配がある猫ちゃん・飼い主さんからの絶大な支持を得ています。目やに涙やけ改善に加えて、便の調子や毛並みもよくなったと好評。子猫からシニアまで安心して食べさせられる文句なしのフードです。

カナガン公式ページはこちら

第2位:シンプリー

symply
  • ランクSランク
  • 1日あたりのコスパ:¥158

アレルギーの心配が少なく、消化吸収に優れたサーモンをたっぷり配合の【高タンパク・低炭水化物】のグレインフリーフード。

実際に目やにや涙やけに悩まされていた猫ちゃんが「シンプリー」のおかげですっかりキレイに治ったという嬉しい口コミも。

猫にありがちな毛玉や尿結石予防までまかなってくれる「シンプリー」は、食い付きが良い上に療養食並みの効果を発揮してくれる、おすすめの健康フードです。

シンプリー公式ページはこちら

第1位:モグニャン

評価 Sランク
価格 ¥3,960
1.5kg
カロリー(100gあたり) 約374kcal
メイン食材 白身魚(スケトウダラ)
生産国 イギリス
酸化防止剤 ビタミンE
着色料 未使用
穀物 未使用(グレインフリー)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

白身魚のスケトウダラをメインにたっぷり使った魚メインのスーパーフード。

魚の中でも白身魚は赤ちゃんの離乳食としても使えるくらい、安全で質も良いと評判低脂肪で高タンパクな白身魚は非常に消化吸収に優れており、肉に比べて低アレルギー。

さらにグレインフリーの穀物不使用でさらなるアレルギー対策。魚が好きな猫ちゃんはもちろん、アレルギー体質の猫ちゃんでも安心して食べさせられます。

猫の負担となる食材は一切使わず、無添加で安心。原材料は全て私たち人間の食材としても馴染みのあるものばかり。

アレルギーによる目やに・涙目対策予防はこれでバッチリ!

モグニャン公式ページはこちら

目やに・涙やけに悩む猫ちゃんへのキャットフードを選ぶときのポイント

キャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

低アレルギー食材を使ったものを選ぶ

何はともあれアレルギーの危険性の低い食材を使ったキャットフードが第一です。特にサーモンは低アレルギーで消化吸収にも優れているのでおすすめです(猫ちゃんの食いつき次第ですが)。

もちろん第一原料(最も多く含むもの)が、猫に最重要な肉。魚であることは必須です。

穀物控えめ/グレインフリーのものを選ぶ

目やに、涙やけなどのアレルギー反応を起こしやすい食材として穀物があげられます。穀物(炭水化物)は猫の体内で上手く消化できない上、トウモロコシや小麦は特にアレルギー発症の危険性が高いとされています。

穀物(炭水化物)の比率が低いもの、あるいはグレインフリー(穀物不使用)のものを選びましょう。

無添加のものを選ぶ

猫の身体に負担になる添加物からアレルギー反応を起こして、目やにや涙やけを引き起こしている可能性もあります。

BHAやBHTなどの危険な酸化防止剤や、猫に不要・有害な着色料が使われていない無添加のキャットフードを選ぶことはとても重要です。

無添加とは?・・・人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていないキャットフード。猫のからだに害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラルは含みます。
是非、キャットフード購入の参考にしてみて下さい!

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です