オリジンのキャットフード『キャット&キティ』を解析!口コミ評判も

15

新鮮な地元原材料から、生物学的に適正なペットフードを製造している「Orijen(オリジン)」。信頼できる数々の賞を受賞してきたカナダのペットフードメーカーです。

今回は、そんな『Orijen(オリジン)』のキャットフードを徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:オリジン ドライフード キャット&キティ

スポンサードリンク

Orijen(オリジン)『キャット&キティ』とは?

orijen-catkitten
参考価格
7,344円(内容量2,27kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約3,235円/1kg
1日あたりのコスパ 約194円/日(1日60g換算)
原産国 カナダ
メイン食材 新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

オリジン公式サイトによると・・・

  • 信頼する人々によって地元で飼育され、毎日自社キッチンまで新鮮搬送される原材料の使用にこだわっている
  • 原材料の80%に肉を使用。42%という生物学的に適正なたんぱく質レベルを実現し、自然な食事をほぼ完璧に再現
  • バランスのとれたビタミン・ミネラル
  • 天然のアミノ酸100%
  • 猫が本能的に探し出す摂取する植物配合

オリジンのキャットフードはホールプレイ比率で新鮮肉、臓器、軟骨を自然な食事と同じ比率で配合しているため、合成原材料は殆ど使用されていません。

「生物学的に適正なキャットフード」を掲げ、原材料の詳細までしっかりと明記しており、こちらは信頼ができそうですね。

スポンサードリンク

オリジン ドライフード キャット&キティの原材料と成分

続いて、「オリジン キャット&キティ」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。
(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:新鮮骨なし鶏肉(20%)、乾燥鶏肉(15%)、新鮮鶏レバー(4%)、新鮮丸ごとニシン(4%)、新鮮骨なし七面鳥肉(4%)、乾燥七面鳥肉(4%)、新鮮七面鳥レバー(3%)、新鮮全卵(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮丸ごとサーモン(3%)、新鮮鶏ハツ(3%)、鶏軟骨(3%)、乾燥ニシン(3%)、乾燥サーモン(3%)、鶏レバー油(3%)、鶏肉脂肪(2%)、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉、発酵乾燥腸球菌フェシウム+ビタミン&ミネラル
※新鮮搬送、防腐剤不使用

サプリメント
添加物(1kg中):栄養添加物:ビタミンA:、ビタミンD3、E1(鉄)、E2(ヨウ素)、E4(銅)、E5 (マンガン)、E6 (亜鉛)、E8 (セレン)

orijen

[出典:http://www.orijen.net/]

評価Aランク

全て安心できる原材料であり、何よりも「これでもか!」というほど詳細に情報が明記されています。ここまでさらけ出して初めて安全だと主張できるのですね。いかに粗悪なフードが世に溢れているかがわかります。

猫の身体に合った、公式サイトの説明からも、原材料や成分からも、安心・安全のグレインフリーキャットフードであることがわかります。

猫に最重要な肉(タンパク質)の量を詳しく提示

公式サイトの説明にある通り、原材料の80%に肉を使用、それぞれのパーセンテージもしっかりと原材料欄に表記されています。

完全肉食動物である猫にとって、非常に重要であるタンパク質を42%とじゅうぶんに含んでおり、これも公式サイトの説明と一致しています。

高タンパクフードの注意点
アカナシリーズはタンパク質が35%で、良質な高タンパクのフードではあるものの、高タンパク自体が猫の体に負担をかけてしまう場合があります。
タンパク質は肉食動物の猫にとって非常に重要な栄養源ですが、それと同時にタンパク質の割合が高いと、腎臓や肝臓が弱っている猫には、逆効果になってしまいます
特に、老化によって腎臓や肝臓などの機能は否応なしに低下していくので、シニア猫にあまりに高タンパクのフードはおすすめできません。
アカナも35%とかなりの高タンパクなので、シニアになり運動量も体つきも変わってきたら、タンパクの割合も30%程度に抑えたフードに変えてみましょう。

合成ではなく、天然のビタミン・ミネラル・アミノ酸

また、他のキャットフードと異なり、原材料の欄にビタミンやミネラルの表記がありませんよね。これは、新鮮肉、臓器、軟骨を自然な食事と同じ比率で配合しているため、合成ではなく、天然のビタミンとミネラルがすでに豊富に含まれているということなのです。

タウリンなどのアミノ酸も同じく、天然のものが肉や臓器、軟骨に含まれているため、合成原材料は使用する必要がないのですね。

さらに、必要な分はサプリメントとして添加していますが、その内容もしっかりと原材料と共に明記されています。

新鮮な食材の天然脂肪を使用

気になる油脂に関してもレンダリング(脂身を加熱・圧搾して油を搾る)処理された脂肪ではなく、新鮮鳥肉、魚、卵の天然の脂肪を使用しています。

オリジン ドライフード キャット&キティの口コミ評判

それでは最後に、実際に「ドライフード キャット&キティ」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

猫の健康を考えて色々調べた結果、これを与えてみました。最初全く口を付けませんでしたが、そのままにしておいたら食べました。以来、ダラダラ食べだったのが、綺麗に完食するようになりました。すぐに実感したのが、コロコロの便秘気味だったのが、綺麗な艶のある立派なものをするようになり、しかも毛並みが明らかに変わってきました!(Amazonより)

離乳期の子猫からおとな猫まで使えるので、母子用に使っています。
同じ部屋だと、母子でお皿を分けていても、あっというまに入り乱れてしまうので、子猫専用フードでは母猫のカロリーオーバーが心配でした。
子猫が3カ月ぐらいになれば、これだけでいいので、使いやすいです。(Amazonより)

うんちが臭いのと 肝臓の数値が高かったので えさを変えてみようと思い
これに変えたとたん臭わなくなり 入ってるものが 良いのだと思いました
長生きしてもらいたいので いいものを 選ぼうと思いました (Amazonより)

軟便、血便の我が家の愛猫用に試しております。
以前よりは、良い状態になった気がします!
食いつきは美味しそうに食べているので、もう少し様子を見ながらリピートします!(楽天市場より)

ネコのことも考えこちらを選択しています
お腹のゆるい子がいて こちらの商品を食べて少し落ち着いています
小さいサイズのフードでないとダメだし・・・
とても助かりました。(楽天市場より)

13歳と12歳の2匹の猫がロイヤルカナンを食べてましたが、最近よく吐くようになり、穀物フリーに変えてみました。
多少値段は高いのですが、よく食べてくれるし、吐く回数も減ってます。(Amazonより)

肝臓の病歴がある場合は、オリジンでは炭水化物が不足する可能性があります。
また、高タンパク食は慢性腎不全の猫には向いていません。[出典:http://www.halfdozen.org/category2/entry49.html]

猫の健康を考えて「オリジン」を選ぶ飼い主さんが多いのが特徴的ですね。指摘にもある通り、値段は他のフードに比べてだいぶ高いですが、これも良質な食材を使っている証拠なのではないでしょうか。

また、便通に問題のある猫にも効果ありのよう。便秘気味にも下痢気味にも効果はあるようです。やっぱり食べるものは大きく影響するんですね。

 

ただ、最後の口コミにもあるように、高タンパク・高カロリーの「オリジン」のキャットフードは活発な成猫用フードとしては良いものの、高齢の老猫にとっては肥満や腎臓病・肝臓病の原因になってしまうかもしれないので、与える量に注意しましょう。

しかし、その反面、カロリーやタンパク質の配分は離乳期の子猫から健康な成猫まで適応しているので、子猫と成猫の多頭飼い家庭にもおすすめです。

また、「オリジン」のキャットフードには340g入りの小さめサイズもあるので、これなら子猫ちゃん1匹でも食べ切れるでしょう。

 

注意点としては、炭水化物が不足する可能性があるので、肝臓の病気がある猫には向きません。高タンパク食なので慢性腎不全の猫にも向きません。

まとめ

以上今回は、「オリジン ドライフード キャット&キティ」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「オリジン ドライフード キャット&キティ」は、原材料や配分にとことんこだわった、まさに「生物学的に適正なキャットフード」であることが分かりました。特に原材料の新鮮さや天然成分配合は好感が持てます。

猫の健康を考えたら、やっぱり本当に安心できるキャットフードを選びたいもの。その安心を実証するためにできることは、ありのままを詳細に消費者にさらけ出すことではないでしょうか。

「オリジン」は、愛猫の健康のために一度は試してみたい、おすすめできるキャットフードです。

キャットフードの達人
スポンサードリンク

15

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です