猫種別の大きさ

ロシアンブルーの大きさや体重は?平均体長は?子猫と成猫・オスとメスの比較

ロシアンブルーは、青みがかった灰色の被毛が特徴で、スレンダーな体型の猫種です。

成猫になるまでの成長過程や、体重の推移が気になりますよね。

また、毛色が似ているブリティッシュショートヘアやシャルトリューとの違いが知りたい方も多いのではないしょうか。

この記事では、ロシアンブルーの大きさや体重、年齢や性別ごとの比較もまとめています。

ロシアンブルーの大きさや体重は?

画像
平均体重 男の子♂:4〜5.5kg
女の子♀:2.5〜4kg
平均体長 30~45cm
平均体高 25〜27cm

ロシアンブルーは中型サイズで、ボディタイプはフォーリンに分類されます。

筋肉質ですらっとしているため、実際の体重よりは小柄に見えるのが特徴です。

体長:胸から尻尾の付け根までの長さ
体高:(立っている状態で)地面から肩までの長さ
他の猫種の平均を見る
体重体長体高
日本猫
(雑種)
2〜4.5kg20〜30cm25〜30cm
シャム猫2.5〜4.5kg25〜27cm25〜27cm
アメリカンショートヘア3〜3.5kg30〜60cm24〜27cm
ブリティッシュショートヘア3〜7kg40~50cm23〜25cm
シャルトリュー3〜6.5kg30〜50cm25〜30cm
ノルウェージャンフォレストキャット4〜7kg40cm25〜30cm

 

成長速度は約1年

ロシアンブルーは、約1年かけて成猫に成長します

平均体重
1か月0.5〜1kg
2か月1〜1.5kg
3か月1~1.5kg
4か月1.5〜2.2kg
5か月1.7~2.7kg
6か月2〜3.5kg
7か月2〜3.5kg
8か月2.5~4kg
9か月2.5~4kg
10か月2.5~4.5kg
11か月2.5~4.5kg
12か月3~4.8kg
体重の増加が止まると成猫になった証拠です。そのタイミングの体重がその子の標準体重なので、維持できるように心がけましょう。

適正体重は5kg以下

ロシアンブルーは、メスより体の大きいオスでも5kg程度で成長が止まります。

そのため、5kgを超えると肥満と見なされることが多いです

運動量が少なめなので、肥満にならないように気をつけましょう。

ロシアンブルーの大きさの比較

ロシアンブルーの大きさを、年齢・性別ごとに比較してみましょう。

子猫と成猫の違い

子猫
(生後3か月)
成猫
(生後12か月以降)
平均体重1〜1.5kg2.5〜5.5kg
平均体長20〜30cm30~45cm
平均体高25〜27cm25〜27cm

成猫になるまでに、体重と体長が2倍以上になることがわかります。

ただし、もともと細身なので、成猫になっても小さく見えることが多いです。

オスとメスの違い

オス(♂)メス(♀)
平均体重4〜5.5kg2.5〜4kg
平均体長30~45cm30~45cm
平均体高25〜27cm25〜27cm

オスのほうがメスよりも、ひと回り程度大きくなります。

体長と体高はほとんど変わりません。

ロシアンブルーと他の猫種の違い

ロシアンブルーと似ている猫種との違いを解説します。

ロシアンブルーとブリティッシュショートヘアの違い

ロシアンブルーとブリティッシュショートヘアは、体型や目の色、顔立ちが異なります

ロシアンブルー
ブリティッシュショートヘア
体型骨は細いが筋肉質骨太で筋肉質
鳩胸
目の色グリーンのみオレンジやゴールド、ブルーやグリーンなど様々
顔立ち小顔
鼻筋がまっすぐ
丸顔

ロシアンブルーは細身で手足が長めですが、ブリティッシュショートヘアは全体的にがっしりしており、手足は短めです。

また、ロシアンブルーは目の色がグリーンであることが猫種の条件のひとつなので、純血種であればグリーンしかいません。一方、ブリティッシュショートヘアは目の色がオレンジやゴールド、ブルーなど様々な種類があります。

ちなみに、ロシアンブルーの目は、生まれた時は「キトンブルー」と呼ばれる青色で、成長するにつれグリーンに変化します。

ブリティッシュショートヘアの大きさや体重推移は?成猫と子猫・オスとメスの比較ありブリティッシュショートヘアは、たくましく筋肉質な体型に成長する猫種です。 成猫になるまでの成長過程や、体重の推移が気になりますよね。 ...

ブリティッシュショートヘアとシャルトリューの違い

ブリティッシュショートヘアとシャルトリューは、体型や目の色、耳の形が異なります

ロシアンブルー
シャルトリュー
体型骨は細いが筋肉質丸め
目の色グリーンのみ暖色系のみ
耳の形大きい
細い
小さい

ロシアンブルーは細身で手足が長めですが、シャルトリューは丸いフォルムで、「じゃがいもにマッチ棒を差したような見た目」と言われています。

また、ロシアンブルーの目の色がグリーンですが、シャルトリューの目の色は暖色系です。

耳の形は、ロシアンブルーは大きめですが、シャルトリューは小さめです。

ちなみに、ロシアンブルー、シャルトリュー、コラットの3種類は「ブルーの御三家」と呼ばれます。青みがかった灰色の毛が特徴的です。

まとめ

以上、この記事ではロシアンブルーの大きさや体重、年齢や性別ごとの比較を紹介しました。

ロシアンブルーは、美しい見た目や丈夫な体をもつことから、人気が高い猫種です。

「サイレントボイス」と呼ばれるほど滅多に鳴かない猫なので、病気になっても気づきにくい心配があります。

生活習慣による病気に注意するためにも、日々の食事には気を配りましょう。

関連記事
ロシアンブルーの性格や特徴
ロシアンブルーにおすすめのキャットフード
ロシアンブルーにおすすめのキャットタワー


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

おすすめフードはこちら!
こんな記事もおすすめ
猫種別の大きさ

ブリティッシュショートヘアの大きさや体重推移は?成猫と子猫・オスとメスの比較あり

2016年11月26日
キャットフードの達人
ブリティッシュショートヘアは、たくましく筋肉質な体型に成長する猫種です。 成猫になるまでの成長過程や、体重の推移が気になりますよね。 ま …
猫種別の大きさ

メインクーンの大きさはギネス級!体重や体長の比較まとめ|大きくならない時の対策

2016年9月11日
キャットフードの達人
メインクーンは、家庭で飼育されるイエネコの中でも大きなことで知られ、「穏やかな巨人(ジェントル・ジャイアント)」とも呼ばれています。  …
猫種別の大きさ

アメリカンカールの大きさ・平均体重は?子猫と成猫・オスとメスの比較まとめ

2016年12月17日
キャットフードの達人
アメリカンカールは、くるんとカールした耳が特徴的な猫種です。 名前の由来は耳の反り(カール)ですが、生まれた時は反っておらず、みんな立ち耳 …