ブリティッシュショートヘアに!おすすめキャットフード5選

Cute kitten hold in hands. The British Shorthair. Looking at the camera
スポンサードリンク

イギリスで最も古い品種の猫で、しっかりした体格と優れた身体能力が特徴のブリティッシュショートヘア。

丈夫な体で寿命は一般的な猫より長いですが、その健康体を保って長生きしてもらうために最も重要なものが毎日の食事。

今回は、『ブリティッシュショートヘア』の猫ちゃんにおすすめのキャットフードを5つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. カナガン
  2. ジャガー
  3. ファインペッツ
  4. ナウ フレッシュ
  5. シンプリー

それでは、順番に見てきましょう。

1.カナガン

kanagan
  • メイン食材   :乾燥チキン
  • 1 kgあたりの価格:2,640円
  • ランク(当サイト比較)Sランク

100%無添加・お肉たっぷり・グレインフリー(穀物不使用)」と嬉しい三拍子が揃ったプレミアムキャットフード「カナガン」。

主原料はたっぷりチキンで栄養補給。糖尿病の原因になりやすい炭水化物を多く含むイネ科の穀類は一切使用していません。また、低マグネシウム&クランベリー配合で、尿路結石予防もバッチリ。

給餌量を調節することで全年齢対応のフード。全ての年齢・猫種に安心しておすすめできます。

ブリティッシュショートヘアにおすすめの理由

  • グレインフリーで糖尿病の原因になりがちな炭水化物を抑えている
  • 尿を酸性に保つ機能を持つクランベリー配合で尿路結石予防
  • 低マグネシウム設計で、尿路結石や塩分過多予防

2.ジャガー

jaguar
  • メイン食材   :骨抜きチキン生肉
  • 1 kgあたりの価格:2,853円
  • ランク(当サイト比較)Aランク

ブリティッシュショートヘアの丈夫でたくましい体を維持するためには、栄養たっぷりの食事がマスト。「ジャガー」はグルメな猫ちゃんも満足すること間違いナシの栄養たっぷり贅沢フードです。

尿路結石予防に「クランベリー」配合。消化不良や肥満、アレルギーなどの危険性があるイネ科の穀類は一切不使用のグレインフリーで安心です。

またジャガーの大きな特徴は、食後の急激な血糖値の上昇を抑えるために、スターチ(でんぷん)の含有量を抑えていること。オリジナルレシピで食事後も血糖値がほとんど変わらず、愛猫はいつでもリラックスした状態で心地良く過ごすことができます。

ブリティッシュショートヘアにおすすめの理由

  • 新鮮で栄養たっぷりの食材で健康維持
  • 肥満の原因となりがちな炭水化物を多く含むイネ科の穀類を一切不使用
  • 血糖値の上昇を抑えるオリジナルレシピで糖尿病対策

3.ファインペッツ

finepets
[出典:http://www.finepets.jp/cat/index.html]

  • メイン食材   :鶏肉
  • 1 kgあたりの価格:2,286円
  • ランク(当サイト比較)Sランク

世界最高品質のヒューマングレード(人間が食べることができる)キャットフード「ファインペッツ」。オーストラリア産の新鮮な食材を使っており、品質にもこだわった(当サイト比較)Sランクのフードです。

バツグンの栄養で、病気持ちの猫ちゃんの体調がみるみる良くなるという口コミも多く、毛並みや毛質の改善にも役立ちます。皮膚炎などの病気になりやすいブリティッシュショートヘアにおすすめできそうですね。

イネ科の米と大麦使用なのでグレインフリーではないですが、アレルギーを起こしやすいトウモロコシや小麦は一切不使用。有害な添加物も一切不使用で安心。さらに初回はお試し¥540というコスパの良さも嬉しいポイントです。

ブリティッシュショートヘアにおすすめの理由

  • 栄養たっぷりで健康な体型維持や体調維持にピッタリ
  • アレルギーを起こしやすい食材不使用で、皮膚病などの予防にも役立つ
  • 無添加のヒューマングレードフードが初回540円のお試し価格でコスパ◎

4.ナウ フレッシュ

now aaaa
    • メイン食材   :ターキー(生・骨抜き・七面鳥)
    • 1 kgあたりの価格:3,102円
    • ランク(当サイト比較):Aランク

ターキーメインの「ナウフレッシュ」は、年齢や運動量、体型に合わせて選べるシリーズ。アダルトもシニアもメイン食材はターキーですが、カロリー設計等が異なります。

ターキー(七面鳥)は、チキン(鶏肉)に比べて脂肪分が少ないのが特徴。コレステロール量も少なく、高タンパク低カロリーなので、ちょっと肥満が気になるブリティッシュショートヘアの猫ちゃんにもおすすめ。(肥満猫には右側のシニア用がおすすめ)

アレルギーに配慮して、イネ科の穀物を一切使わないグレインフリー。ターキーも低アレルゲンなので、アレルギーによる皮膚炎などになりやすいブリティッシュショートヘアにも安心してあげることができます。

ブリティッシュショートヘアにおすすめの理由

  • ターキー(七面鳥)メインでチキンよりも低脂肪・低コレステロールで体型維持
  • アレルギーによる皮膚炎予防に役立つグレインフリー
  • 栄養たっぷりで健康維持にも最適

5.シンプリー

symply
  • メイン食材   :乾燥サーモン
  • 1 kgあたりの価格:2,640円
  • ランク(当サイト比較)Sランク

成猫からシニア期に入ってきた猫ちゃんにおすすめできる、病気やトラブル対策までまかなってくれるヘルシーキャットフード「シンプリー」。

アレルギーの心配が少ない魚メインで低カロリーなので、肥満体型が気になるブリティッシュショートヘアにも◎。また、尿路結石や関節ケアの機能を持つ食材配合なのも嬉しいポイント。

穀類である米は入っているものの、低炭水化物設計は徹底しており、不要な脂肪分は使っていません。療法食並みの効果を発揮する「シンプリー」はシニア猫の強い味方です。

ブリティッシュショートヘアにおすすめの理由

  • クランベリーに含まれるキナ酸が尿路結石の原因となる尿のph値を安定
  • 低炭水化物設計で肥満や糖尿病予防
  • アレルギーになりにくい食材使用でアレルギー性皮膚炎予防

まとめ

以上、『ブリティッシュショートヘア』の猫ちゃんにおすすめのキャットフードを5つピックアップしてご紹介しました。

丈夫な体を保つために重要なのは栄養。栄養を摂取するのは日々の食事。人間も猫も同じですよね。今回紹介したフードは、どれもブリティッシュショートヘアにありがちな病気を予防してくれるものばかり。

是非、フード選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
Cute kitten hold in hands. The British Shorthair. Looking at the camera

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です