無添加で安心の国産キャットフード!おすすめランキング

目的別キャットフード

食材に関して、世界でも有数の安心・安全を誇る日本。愛猫にも安心の国産・日本製のキャットフードを食べさせてあげたいですよね。

今回は、無添加で安心の国産キャットフードを選ぶポイントとおすすめランキングをご紹介したいと思います。

国産の無添加キャットフードを選ぶときのポイント

知名度が高い国産のキャットフードなら何でも安心か、というと必ずしもそうではありません。

日本の国産キャットフードの特徴

  • 外国産に比べて値段が安い
  • 人工添加物が含まれているものが多い
  • キャットフードの安全性の基準がゆるい

日本製のキャットフードは外国産のプレミアムフードなどに比べて値段が安い反面、アメリカやイギリス、その他ヨーロッパのペットフードに比べて安全性の基準が低いのが特徴です。

飼い主にとっては、お財布に優しくて猫の食いつきも良いと高評価ですが、原材料を見てみると人工の添加物ばかりで猫の健康維持とはかけ離れているのも多いのが現実。

 

猫のからだに危険な添加物が含まれていないキャットフードを選ぶことは、良いキャットフード選びの基本です。

【国産・日本製】だけにとらわれず、BHAやBHTなどの危険な酸化防止剤が使用されている(もしくはその可能性がある)、猫に不要・有害な着色料が使われているキャットフードは極力避けるようにしましょう。

無添加とは?・・・人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていないキャットフード。猫のからだに害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラルは含みます。

国産・無添加でおすすめのキャットフードランキング

では、早速上で紹介したポイントに加えて、「価格」や「みんなの評判」も考慮したおすすめキャットフードランキングを見ていきましょう。

第1位:ねこはぐ

  • ランク:A
  • 1kgあたりのコスパ4,653円 / 定期便の場合2,653円

主原料に100%九州産の若鶏をたっぷり使用。無添加にとことんこだわった国産キャットフード『ねこはぐ』。

全ての食材がヒューマングレード(人間が食べられる基準)で、栄養価もバツグン。また、人工的な風味オイルを使わないノンオイルコーティングでヘルシーかつ食材本来の味で勝負しています。

グレインフリー(穀物不使用)ではないものの、アレルゲンになりやすい小麦は一切使わないグルテンフリー。使用されている穀類も栄養価が高い大麦・玄米などで安心です。

お値段は高いですが、一度試して愛猫が気に入ったらお得な定期便に変更することができます。

絶対国産!品質重視!ナチュラル派なご家庭・猫ちゃんに自信を持っておすすめ。国産キャットフードランキング堂々の1位です!

ねこはぐ公式ページはこちら

第2位:ねこひかり

  • ランク:B
  • 1kgあたりのコスパ4,960円 / 定期便の場合3,960円

厳選された新鮮な国産の食材がたっぷり使用されている『ねこひかり』。

国産&無添加にこだわっており、人工の風味オイルを一切使わないノンオイルコーティング。素材の旨み・香りで勝負しています。

お値段がかなり高い点と、アレルゲンになりやすいとうもろこしが使われているのが残念ですが、全体的には栄養価が非常に高い良質フードです。

猫ちゃんの食いつきが良ければ、ローテーションの1つにぴったりの国産キャットフードです。

ねこひかり公式ページはこちら

第3位:日本のみのり キャットフード

minori
  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ4,276円

鮮度、素材、製法すべてにこだわった国産プレミアムキャットフード「日本のみのり」。

日本製の安価なフードにありがちな、アレルギーを引き起こしやすいトウモロコシや小麦の使用は一切なく、余計な添加物や合成保存料も使われていないので安心です。

穀類として使われている玄米はアレルギーの心配も低く、糖分も白米ほど高くないので穀類の中でも比較的安心です。

タンパク質50%と豊富で、原材料もとても良いので信頼性は大きいのですが、賞味期限の短さとお値段がかなり高いことから、なかなか手の届く家庭が少ないというのも現実。

家計に響かない程度に、ローテーションの1つとして使ってみてはいかがでしょうか。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

第4位:無添加キャットフード安心

  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ4,590円

鶏・牛・豚・馬など複数の動物性タンパク源をメイン食材にたっぷり使用。全て人間が食べても大丈夫なヒューマングレード食材でできた国産キャットフード『無添加キャットフード安心』。

名前の通り、人工添加物は一切無添加。また、抗菌剤を使用していないので、腸内の乳酸菌を増やし、便の調子を良くする効果が期待できます。

使用されている穀物も、玄米・大麦・燕麦(えんばく・・・猫草にも使われる)といったアレルギー発症の危険性も低く、栄養分もたっぷり含まれたものなので安心です。

お値段が高いのが難点ではありますが、愛猫との相性が合えば、ローテーションの1つに加えてみては?

Rakutenこちらで販売中

第5位:ランフリー(桜姫鶏)

  • ランク:C
  • 1kgあたりのコスパ4,860円

ブランドものの鶏肉(桜姫鶏)をはじめとした高品質の食材を使っている、ヒューマングレードの国産キャットフード『ランフリー(桜姫鶏)』。

鶏の胸肉やササミをメインに、カボチャやクランベリーといった栄養価の高い食材も配合されていて、栄養もバッチリ。人工の添加物は一切無添加なので、猫の体への負担を和らげます。

お値段が高いことと、穀類が多く使用されているのが難点ですが、食材自体は良質なものが使われているので、愛猫が気に入ったらたまにあげるおやつとして活用してみては?

公式サイトこちらで販売中

スポンサードリンク