キャットフードの解析とレビュー

【★3.75】Orijen(オリジン)シックスフィッシュキャットの解析|魚中心のキャットフード

オリジン(シックスフィッシュキャット)は地元産の新鮮な肉や魚を使用し、アメリカの自社キッチンでつくられるキャットフードです。

当サイトでは、以下のような猫や飼い主さんにオリジンをおすすめします。

こんな猫におすすめ
穀物アレルギーがある
毛並みが気になる
運動量が多い
こんな飼い主さんにおすすめ
価格よりも質を重視したい
違う味でローテーションしたい
定期購入したい

この記事では、オリジンを独自の観点から徹底的に解析しました。加えて、口コミや取扱店舗もまとめています。

まや
まや
オリジンには数種類ありますが、この記事では「シックスフィッシュキャット」を扱っています。

他のラインナップはオリジンの種類(この記事の下部)にまとめています。

当サイトに掲載しているキャットフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。また、この記事は2022年2月時点の情報です。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの解析結果

総合評価 3.75
Bランク(S〜Eランクで評価)
フードの評価基準はこちら
メリット ヒューマングレード
穀物不使用で安心
定期購入できる
デメリット タンパク質がやや過剰
相場よりも価格が高め
リコール歴あり

オリジンは、新鮮な肉や魚をたっぷり使用し、猫の食欲を刺激するフードです。自社キッチンはUSDAやFDAの基準をクリアしているほか、ヒューマングレードなので安全性も高いです。

ただし、タンパク質が40%以上とかなり高いため、腎臓に負担がかかりやすいです。お試しセットの販売もないため、総合的な評価はBランクとなりました。

まやの見解
まやの見解
新鮮なイワシやカレイをたっぷり使った魚メインのフードです。「ディハイドレート」とは脱水という意味で、低温で水分を飛ばすのでタンパク質の栄養を壊しません。

価格がやや高いのが難点ですが、公式サイトで定期購入するとお得になります。

詳しい解析結果は以下をクリック!

原材料の解析結果を見る
まや
まや
好ましい食材が豊富なので、満点の5.00点です!

オリジン(シックスフィッシュキャット)の原材料は以下の通りです。(当サイトの基準で好ましい食材は緑文字心配な食材は赤文字判断できない食材は太字で表記しています。)

新鮮丸ごと太平洋イワシ(26%), 新鮮丸ごと太平洋ヘイク(9%), 新鮮丸ごと太平洋サバ(8%), 新鮮丸ごと太平洋カレイ(5%), 新鮮丸ごとメバル(5%), 新鮮丸ごとシタビラメ(5%), ディハイドレート丸ごとサバ(5%), ディハイドレート丸ごとニシン(5%), ディハイドレート丸ごとアオギス(5%), ニシン油(5%), ディハイドレートスケトウダラ(5%), 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごと緑レンズ豆, 丸ごとグリーンピース, コールドプレスヒマワリ油, ディハイドレート丸ごとイワシ(1.5%), レンズ豆繊維, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごとイエローピース, 丸ごとピント豆, フリーズドライタラレバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮丸ごとズッキーニ, 新鮮丸ごとパースニップ, 新鮮ニンジン, 新鮮丸ごとレッドデリシャスリンゴ, 新鮮丸ごとバートレット梨, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮ビートの葉, 新鮮カブラ菜, ブラウンケルプ, 丸ごとクランベリー, 丸ごとブルーベリー, 丸ごとサスカトゥーンベリー, チコリールート, ターメリック, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ 酸化防止剤:天然成分から抽出したトコフェロール 添加栄養素(1kg当たり):亜鉛キレート 100mg, 銅キレート 11mg, 塩化コリン 1200mg 添加腸球菌:エンテロコッカスフェシウムNCIMB10415:600×10^6CFU

食材名 詳細
魚類 猫に適した重要なタンパク源で、人間も食べることができるほどの高品質です。
新鮮丸ごとカボチャ 健康維持に役立つカロテンが豊富です。
新鮮丸ごとレッドデリシャスリンゴ 体の調子を整えるペクチンが豊富です。
丸ごとクランベリー クランベリーに含まれるキナ酸は、尿路結石の原因となる尿のphの値を酸性に変えて安定させるため、尿結石の予防に効果的です。

なお、発がん性などのある危険な人工添加物は不使用です。

成分の解析結果を見る
まや
まや
粗たんぱく質が高く、灰分が不明のため2.50点となりました。

オリジン(シックスフィッシュキャット)の成分は以下の通りです。(当サイトの基準値を満たしている数値は緑文字満たしていない数値は赤字で表記しています。)

オリジン
(シックスフィッシュキャット)
AAFCOの基準値 当サイトの基準値
粗たんぱく質 42%以上 26.0%以上 40%未満
粗脂肪 20% 9.0%以上 10%以上
〜30%未満
粗繊維 3%以下 6%未満
灰分 不明 6%以上
〜10%以下
水分 10%以下
エネルギー 412.0kcal
/100g
カルシウム 1.7%以上 リン 1.7%以上

AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める基準を満たした「総合栄養食」の基準を満たしているため、フードと水だけで十分に健康を維持できます。

ただし、粗たんぱく質のみ当サイトの基準である「40%」を超えていました。粗たんぱく質が高いと、腎臓に負担をかける恐れがあります。

また、灰分の数値が不明です。

安全性の解析結果を見る
まや
まや
リコール歴があるため、3.00点となりました。
安全性のプラス面
原材料は人も食べられる品質
アメリカにある自社キッチンで製造
安全性のマイナス面
獣医師の監修・推奨なし
リコール歴あり

オリジンに使用している野菜と果物は、全て人間も食べることができるヒューマングレードです。

ただし、2008年11月、オーストラリアでリコールが行われたことがあります

これは、オーストラリアの検疫で行われた放射線照射殺菌が原因で猫の死亡が確認されたというものです。放射線照射殺菌が原因であり、フード自体が原因ではありませんでした

価格の解析結果を見る
まや
まや
相場よりやや高いため、2.50点となりました。
内容量 価格 100gあたり
340g 1,285円 377円
340g×6袋
※1
6,831円
〜7,590円
334円
〜372円
1.8kg
※1
6,138円
〜6,820円
341円
〜378円
5.4kg
※1
12,870円
〜14,300円
238円
〜264円

※価格は全て税込です。
※1:通常購入か定期購入かで価格が異なります。

キャットフードの相場を100gあたり250円〜300円だとすると、相場よりもやや高いと言えます。

利便性の解析結果を見る
まや
まや
やや利便性に欠けるため、4.00点となりました。
利便性のプラス面
定期購入できる
Amazonや楽天市場で購入できる
味の種類あり
利便性のマイナス面
開封口にジッパーなし(一部あり)
お試しがない

味の種類が豊富なため、違う味でフードローテーションしたい時に便利です。

ただし、一部の商品には開封口にジッパーがないため、密封にやや手間がかかります。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの基本情報と特徴

パッケージ
商品名 オリジン シックスフィッシュキャット
価格 ■通常価格
340g×6袋:6,900円(税込7,590円)
1.8kg:6,200円(税込6,820円)
5.4kg:13,000円(税込14,300円)
■定期購入
340g×6袋:6,210円(税込6,831円)
1.8kg:5,580円(税込6,138円)
5.4kg:11,700円(税込12,870円)
■店舗受取のみ
340g:1,168円(税込1,285円)
100gあたり 238円〜378円
最安値 Rakuten
対象 全猫種・全年齢
原産国 アメリカ カロリー 412.0kcal
/100g
目的 総合栄養食 タイプ ドライ
主原料 新鮮丸ごと太平洋イワシ
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:約1ヶ月
粒の形 不明
販売元 製造:チャンピオンペットフーズ社
販売:株式会社トランペッツ
https://trumpets.jp/

アカナ」「ジウィピーク」などを扱うチャンピオンペットフーズ社によって輸入販売されています。

オリジンの特徴
  1. 安心の原材料
  2. 高タンパク
  3. キッチンがデザイン賞受賞

特徴①安心の原材料

オリジンは、アメリカ・ケンタッキー州産の原材料を中心に使用しています

使用する原材料が「いつ」「どこで」「誰によって」飼育や漁獲、生産されたかを明確にしているため、安心して与えることができます。

また、ヒューマングレードのため、低品質な原材料は使用していません。

特徴②高タンパク

オリジンは、タンパク質が40%を超える高タンパクなフードです

タンパク源には肉や魚を使用しているため、本来肉食である猫の食いつきが期待できます。

特に多くのタンパク質が必要な子猫や、運動量の多い猫におすすめです。

特徴③キッチンがデザイン賞受賞

オリジンは2016年、自社キッチンがアメリカの「デザイン・ビルド・アワード」を受賞しました

デザイン・ビルド・アワード受賞は、ペットフード製造施設として初めての快挙です。

ちなみに、オリジンでは「家族の一員に与える食べ物をつくる場所だから」という理由で、工場ではなくキッチンと表現しています。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの口コミ

良い口コミには以下のようなものがあります。

悪い口コミには以下のようなものがあります。

まや
まや
クリックすると、実際の口コミに飛びます!

良い口コミ

実際の良い口コミを見てみましょう。

食いつきが良い

5匹の猫達が、毎日よく食べています。
食いつきが良いです。

(2021年2月に投稿)
[出典:楽天市場]

我が家の猫のお気に入りになりました。
初めて食べさせたら、抵抗なく食べていましたので、又購入したい商品です、

(2021年1月に投稿)
[出典:Amazon]

香りが良い

魚のいい香がします。
多頭飼いですがみんなよく食べます。

(2021年2月に投稿)
[出典:楽天市場]

悪い口コミ

実際の悪い口コミを見てみましょう。

食いつきが悪い

うちの子は嫌いだったようで、砂をかけるような仕草をして、何日も食べる量が半減しました。
オリジンの他の種類は食べるので、完全な好き嫌いなんでしょうね。

(2021年5月に投稿)
[出典:Amazon]

下痢になってしまった

ロイヤルカナンから評判の良いオリジンに変えてみようと、ゆっくりと切り替えをしましたが水下痢になりました。
今までにない下痢で、病院に行ったところ完全にフードが原因でした><
またもとのフードに戻して下痢は収まりましたが、ウチの子には合いませんでした。

(2019年6月に投稿)
[出典:Amazon]

価格が高い

正直言えばとんでもなく高価です。
しかしながら、アレルギー持ちの猫にとってはこれ一択です。
だから、末永く販売していただきたいと思ってます。
たとえさらに高価になったとしても・・・

(2020年4月に投稿)
[出典:Amazon]

小分けではないので不便

小さいサイズだと割高なので大きいのを買っていますが、酸化が怖いです。
小分けされていたらもっと嬉しいのになぁ。

(2017年12月に投稿)
[出典:Amazon]

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの取扱店舗

オリジンは公式サイト・Amazon・楽天市場で取扱があります。

公式サイト
Amazon
楽天市場
340g 1,285円 取扱なし 取扱なし
340g×6袋 6,831円
〜7,590円
※1
取扱なし 取扱なし
1.8kg 6,138円
〜6,820円
※1
5,580円 5,380円
5.4kg 12,870円
〜14,300円
※1
取扱なし 14,850円
送料 ※2 0円 0円

※価格は全て税込です。
※1:通常購入か定期購入かで価格が異なります。
※2:公式サイトの送料は540円です。(北海道、沖縄、離島は追加で540円かかります)
ただし、購入金額が税込5,250円以上の場合、送料無料です。

当サイトでは、公式サイト・Amazon・楽天市場の取扱状況を調査しています。その他の通販サイトでも取扱がある可能性があります。

お試し/サンプルなし

オリジンは、有料・無料を問わず、お試しセットや少量のサンプルはありません

そのため、食いつきを確かめたい場合でも、通常の商品を購入する必要があります。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの与え方

オリジンの与え方をまとめました。

1日の給与量は?

オリジンの給与量は以下の通りです。

体重 子猫・成猫 シニア猫 肥満気味
2kg 35g 35g
3kg 45g 35g
4kg 65g 40g
5kg 65g 65g 65g
6kg 85g 65g 65g
8kg 100g 85g 85g
10kg 115g 85g 85g

※給与量はあくまで目安です。年齢や運動量、健康状態、飼育環境によって調整しましょう。

餌代の計算方法

5kgの成猫にオリジン(シックスフィッシュ)を与える場合、1日あたりの給与量は65gです。

1.8kg(税込6,138円)を購入して1日に65g与えると、約27.7日間で使い切る計算になります。

つまり、1日の餌代は約221.6円です。

オリジンキャットフードの給餌量!子猫の給餌量の目安はどのくらい?与え方のポイントオリジンは人間も食べられる品質の原材料のみを使用し、アメリカの自社キッチンで製造されているキャットフードです。 公式サイトでは定期...

切り替える時は?

オリジンに限らず、新しいキャットフードに切り替える時は、時間をかけて新しいフードに慣れさせることが大切です

突然、食器いっぱいに新しいフードを載せてはいけません。1週間〜10日程度かけて、従来のフードよりも新しいフードの配分を多くしていきます。

少しずつ新しいフードの配分を多くすることで、猫にストレスを与えずに新しいフードを慣れさせることができます。

切り替えにかける期間と配分は、フードによって異なります。パッケージに記載されていることもありますので、参考にしましょう。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンのよくある質問

オリジンのよくある質問をまとめました。

対象年齢は?

飼い主さん
飼い主さん
オリジンは子猫やシニア猫に与えてもいいの?
まや
まや
はい。オリジンの対象は全年齢です。

そのため、子猫から成猫、シニア猫にまで与えられます

賞味期限は?

飼い主さん
飼い主さん
オリジンの賞味期限は?
まや
まや
オリジンの賞味期限は、パッケージに記載されています

例えば、「BB 12 NOV 2021」の場合は2021年11月12日が賞味期限です。

開封後は、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

https://xn--u9jxgqcuaf5exexjs94xjdzh.com/orijen-expire-date/

保存方法は?

飼い主さん
飼い主さん
オリジンの保存方法は?
まや
まや
オリジンは高温多湿を避け、直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう

開封口にジッパーが付いていないため、開封後はクリップなどで留めて密閉しましょう。

ただし、「ツンドラ」の2kgと11.4kgのみ、ジッパーが付いています。

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

オリジンの種類

オリジンには以下のような種類があります。

キャット&キティ
主原料:新鮮鶏肉
解析記事はこちら
シックスフィッシュ
主原料:新鮮丸ごと大西洋サバ
この記事の商品
レジオナルレッド
主原料:新鮮アンガスビーフ
フィット&トリム
主原料:新鮮鶏肉
ツンドラ
主原料:新鮮ヤギ肉

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら

まとめ

以上、この記事では、オリジンの解析に加えて、口コミや取扱店舗を紹介しました。

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

パッケージ
商品名 オリジン シックスフィッシュキャット
価格 ■通常価格
340g×6袋:6,900円(税込7,590円)
1.8kg:6,200円(税込6,820円)
5.4kg:13,000円(税込14,300円)
■定期購入
340g×6袋:6,210円(税込6,831円)
1.8kg:5,580円(税込6,138円)
5.4kg:11,700円(税込12,870円)
■店舗受取のみ
340g:1,168円(税込1,285円)
最安値 Rakuten
販売元 製造:チャンピオンペットフーズ社
販売:株式会社トランペッツ
https://trumpets.jp/

\正規品の代理店!/

オリジンの
公式サイトはこちら


\140種類以上を一挙に比較!/

キャットフードの
全ランク一覧を見る

おすすめフードはこちら!
飼い主さん
飼い主さん
愛猫に合ったキャットフードを選びたいけど、種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…

そんなお悩みをお持ちの方には、以下のフードをおすすめします。

おすすめフード5選
モグニャンキャットフード
カナガンキャットフード チキン
カナガンキャットフード サーモン
ジャガーキャットフード
GRANDS(チキン&サーモン全年齢用)

どれも「危険な添加物不使用」「グレインフリー」「お得な定期コースあり」です。

おすすめフード5選を見る

猫種から選ぶ場合はこちら!

アビシニアン アメリカンショートヘア アメリカンカール
エキゾチックショートヘア サイベリアン シャルトリュー
シンガプーラ

スコティッシュフォールド スフィンクス
ソマリ ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア
ペルシャ猫 ベンガル猫 マンチカン
メインクーン ラグドール ロシアンブルー
こんな記事もおすすめ
キャットフードの解析とレビュー

【販売終了】ワンフー(キャット・レギュラー)の解析|原材料・口コミは?

2016年4月11日
キャットフードの達人
人間が食べられる安心の無添加・無着色の日本製フード『ワンフー』。 今回の解析は、『ワンフー (キャット・レギュラー)』です。原材料と成 …
キャットフードの解析とレビュー

ロイヤルカナン(成猫用)メインクーンの解析|原材料・口コミは?

2016年5月30日
キャットフードの達人
ペットの健康を第一に考えたフードを提供する超有名なペットフードブランド『ロイヤルカナン』。 今回は、そんな『ロイヤルカナン メインクー …
キャットフードの解析とレビュー

【★4.48】ジョセラ(Josera)キャットフードの解析|穀物不使用!高品質な肉のドイツ産フード

2021年11月1日
キャットフードの達人
ジョセラ(Josera)は、鶏肉・七面鳥・サーモンをたっぷり使用した、穀物不使用のドイツ産キャットフードです。 「口コミや評判は?」「 …
キャットフードの解析とレビュー

【販売終了】ユーカヌバ(キャットフード)の解析|原材料・口コミは?

2016年4月10日
キャットフードの達人
高品質の原材料を使ったアメリカのプレミアムペットフード『ユーカヌバ』。 今回の解析は、『ユーカヌバ(アシスト・残渣ケア・猫用)』です。 …
キャットフードの解析とレビュー

【★1.85】LACINE(ラシーネ)キャットフードの解析|猫種らしさに配慮したフード

2022年1月28日
キャットフードの達人
LACINE(ラシーネ)は、日本猫やマンチカンなど、猫種らしさに合わせた栄養バランスのキャットフードです。 大切な家族にあげる食事です …
キャットフードの解析とレビュー

【★2.75】THE・PERFECT ONE(ザ・パーフェクトワン)の解析|水素を発生させるキャットフード

2022年1月12日
キャットフードの達人
THE・PERFECT ONE(ザ・パーフェクトワン)は、腸内で水素を発生させる特許食品剤を配合した国産キャットフードです。 大切な家 …