オリジンの『6フィッシュキャット』を徹底解析!口コミ評判も

cat in the nature , select focus eye
スポンサードリンク

新鮮な地元原材料から、生物学的に適正なペットフードを製造している「Orijen(オリジン)」。信頼できる数々の賞を受賞してきたカナダのペットフードメーカーです。

今回は、そんな『Orijen(オリジン)』シリーズから、魚メインのキャットフード「6フィッシュ キャット」を徹底解析!成分の分析から、リアルな口コミ評価まで、まとめてご紹介したいと思います。

■今回の参考商品:オリジン 6フィッシュ キャット

「オリジン 6フィッシュ キャット」とは?

6fish
参考価格
6,804円(内容量2,27kg)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約2,997円/1kg
1日あたりのコスパ 約180円/日(1日60g換算)
原産国 カナダ
メイン食材 新鮮丸ごとサーモン
酸化防止剤・保存料 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

公式サイトによると、『オリジン』の製品は以下のような特徴を掲げています。

  • カナダ原産のバラエティ豊かな海水魚と淡水魚をたっぷり使用
  • 原材料の80%に魚を使用・たんぱく質含有量は42%
  • 穀類不使用&低炭水化物

「生物学的に適正なキャットフード」を掲げ、猫が本来必要とする栄養素がたっぷり詰まった安心安全のフード。これは期待ができそうですね。

新鮮で贅沢な素材を、惜しみなく使って生み出されたフードです。以下、原材料や成分を詳しく見ていきましょう。

オリジン 6フィッシュ キャットの原材料と成分

続いて、「オリジン 6フィッシュ キャット」の原材料と成分を詳しくみてみましょう。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:新鮮丸ごとサーモン(14%)、新鮮丸ごとニシン(12%)、乾燥サーモン(12%)、乾燥ニシン(12%)、乾燥タラ(12%)、新鮮丸ごとカレイ(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮骨なしノーザンパイク(3%)、新鮮骨なしレイク・ホワイトフィッシュ(3%)、サーモン油(3%)、ニシン油(3%)、ヒヨコ豆、赤レンズ豆、緑レンズ豆、グリンピース、えんどう豆繊維、キャノーラ油、日干しアルファルファ、アルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライニシン、フリーズドライメルルーサ、フリーズドライカレイ

* 新鮮で保存料不使用

サプリメント
添加物(1kg中):栄養添加物:ビタミンA:、ビタミンD3、E1(鉄)、E2(ヨウ素)、E4(銅)、E5 (マンガン)、E6 (亜鉛)、E8 (セレン)

orijin
[出典:http://www.orijen.net/]

評価Aランク

非常にしっかりと原材料が明記されており、好ましくない原材料も全く使われていません。全て新鮮で猫の身体に重要な栄養素を含む素材をたっぷりと使用しています。

同じく『オリジン』の「キャット&キティ」同様、原材料の80%に魚/肉を使用、それぞれのパーセンテージもしっかりと原材料欄に表記されていて良いですね。

フリーズドライの魚とレバーを一粒一粒に注入して、すべての猫が夢中になる美味しい味になっています。

肉食の猫に必要なタンパク質たっぷり

引き締まった筋肉をサポートするために、たんぱく質が詰まった魚を80%と、豊富に使用しています。

完全肉食動物の猫の成長に最も重要なタンパク質含有量は42%。反対に猫の体内で消化しづらく、肥満や血糖値の上昇を防ぐため、炭水化物を低く抑えています。

低炭水化物低GIの原材料構成で、あらゆる種類・年齢の猫の健康維持をサポートしています。育ち盛りの猫ちゃんにピッタリですね。

高タンパクフードの注意点
アカナシリーズはタンパク質が35%で、良質な高タンパクのフードではあるものの、高タンパク自体が猫の体に負担をかけてしまう場合があります。
タンパク質は肉食動物の猫にとって非常に重要な栄養源ですが、それと同時にタンパク質の割合が高いと、腎臓や肝臓が弱っている猫には、逆効果になってしまいます
特に、老化によって腎臓や肝臓などの機能は否応なしに低下していくので、シニア猫にあまりに高タンパクのフードはおすすめできません。
アカナも35%とかなりの高タンパクなので、シニアになり運動量も体つきも変わってきたら、タンパクの割合も30%程度に抑えたフードに変えてみましょう。

合成ではなく、天然のビタミン・ミネラル・アミノ酸

また、他のキャットフードと異なり、原材料の欄にビタミンやミネラルの表記がありませんよね。これは、新鮮肉、臓器、軟骨を自然な食事と同じ比率で配合しているため、合成ではなく、天然のビタミンとミネラルがすでに豊富に含まれているということなのです。

タウリンなどのアミノ酸も同じく、天然のものが肉や臓器、軟骨に含まれているため、合成原材料は使用する必要がないのですね。

さらに、必要な分はサプリメントとして添加していますが、その内容もしっかりと原材料と共に明記されています。

オリジン 6フィッシュ キャットの口コミ評判

それでは最後に、実際に「オリジン 6フィッシュ キャット」を使った飼い主さんの口コミ評判をいくつか紹介します。

二日目にしてウンチの匂いが気にならなくなり、気になっていた目やに(アレルギーと言われていた)が無くなりました。もう直ぐ一週間ですが毛艶も一段と良くなりました。(Amazonより)

キャット&キティと交互に購入しています。
どちらもとっても食いつきがいいですし、健康状態も良好です!
夏場は酸化が気になるので小さなサイズを購入していましたが、
涼しくなり、体も大きくなったのでこちらのサイズにしてみました。。(楽天市場より)

値段は高いですが、うちは1匹だけなので負担は少ないかな…それよりも健康で長生きしてほしいので…。
オリジンを食べるようになってから息の匂いが気にならなくなり、毛並がツヤツヤしています。(Amazonより)

香りがつよいのですが、そのせいか食いつきは良かったです。(楽天市場より)

我が家の子は、トウモロコシ重度、小麦、大豆にもアレルギーがあり、どれを食べさせても吐いてしまっていました。
これだけは、吐くことなく体調がよくなり、バリバリだった毛艶もやわらかなサラサラに変わりました。
我が家には、体質の違う子もいて たんぱく質が多いこの御飯は、頻回飲水をしない尿路結石になりやすい体質の子には不向きです(Amazonより)

ちょっとお高いですがお魚のほうが身体によいかなーと思って購入しました。(楽天市場より)

全体的に、原材料や品質に信頼をよせている方が多く、特に穀物アレルギーや添加物アレルギー持ちの猫ちゃんは、体調が改善した、症状が治ったという嬉しい報告も。

お値段はどうしても高めですが、やはり健康重視の方に多く支持されているようですね。

ただし、口コミにもあるように、タンパク質がかなり高い上、天然ミネラル分もたっぷりなのでお水をたくさん飲んでもらうことを心がけた方が良いでしょう。

まとめ

以上、今回は「オリジン 6フィッシュ キャット」の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「オリジン 6フィッシュ キャット」は、高タンパクで魚の栄養素たっぷり!猫の生物学的に適正なキャットフードであることが分かりました。

『オリジン』のキャットフードは、新鮮な食材にたっぷりの栄養素で、育ち盛りの猫ちゃんや、アレルギー持ちの猫ちゃんにおすすめ。ただし、タンパク質が高いので、与えすぎによる肥満や、シニア猫や腎臓が弱い猫ちゃんにあげる際には、体調に気を付けてあげましょう。

是非、参考にどうぞ!

キャットフードの達人
スポンサードリンク
cat in the nature , select focus eye

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です