シニア猫(老猫)の用キャットフードに!おすすめランキング

44
スポンサードリンク

猫は7歳を超えるともう老猫。猫の10歳は人間でいう70歳。猫の20歳は人間でいう90歳と同じなのです。

家族同然の愛猫。年をとるにつれての身体の変化はどうしようもないことですが、できることなら元気で長生きしてもらいたいですよね。

今回は、7歳以上のシニア猫(老猫)におすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介したいと思います。

[Photo by Diana Parkhouse]

7歳以上のシニア猫用のキャットフードを選ぶときのポイント

7歳以上のシニア猫用のキャットフードを選ぶときのポイントは以下の3つです。

低カロリー・低脂肪のもの

年をとると、運動量が減り代謝も落ちるため、成猫の時と同じようなフードのあげ方をしていると肥満や病気の原因になってしまいます。

運動量が減るため、カロリーが控えめのものを選んだり、給与量を減らすなどして年齢に合ったフードの与え方をしましょう。

消化に優れているもの

年をとると、消化力が低下し、一気に多くの量を食べられなくなり、消化に悪いもののからだへの負担も大きくなります。

元々猫の体内で上手く消化できない穀類などは消化不良の原因になりやすくなります。猫にとって重要度の低い穀類の代わりに、消化吸収に優れた魚のタンパクやポテトなどを含んだフードが好ましいですね。

無添加のものを選ぶ

猫のからだに危険な添加物が含まれていないキャットフードを選ぶことは、免疫力が落ちてくる老猫の健康状態を保つための基本中の基本です。

特に、BHAやBHTなどの危険な酸化防止剤が使用されている(もしくはその可能性がある)、猫に不要・有害な着色料が使われているキャットフードは極力避けるようにしましょう。

無添加とは?・・・人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていないキャットフード。猫のからだに害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラルは含みます。

7歳以上のシニア猫用におすすめのキャットフードランキング

  1. 低カロリー・低脂肪
  2. 消化に良い
  3. 無添加

この3つのポイントに「価格」や「みんなの評判」も考慮したおすすめキャットフードをランキングにしました。

第5位:アーテミス フレッシュミックス ウェイトマネージメント&シニアキャット

freshmix
  • ランク:A
  • 1日あたりのコスパ:¥168

人工添加物一切不使用で、人間が食べることができるヒューマングレードのフードです。

「フレッシュミックス」はフードを一度製造しながら過熱し、その後常温に覚ましてから消化酵素を加える方法を採用。独自の製法で、シニア猫が栄養成分を効率よく吸収するサポートをしてくれます。

7歳以上の老猫におすすめは、『アーテミス』の「フレッシュミックス ウェイトマネージメント&シニアキャット」。主原料にたっぷりのフレッシュチキン使いつつも、成猫用よりも脂肪やカロリーは低いので、肥満猫やシニア猫にも安心して食べさせることができます。

第4位:NOWフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント

now_senior
  • ランク:A
  • 1日あたりのコスパ:¥155

ターキー(七面鳥)を主原料に使い、アレルギーに配慮して穀物は一切不使用(グレインフリー)のナチュラルキャットフード

『ナウ』のシニアキャット用ドライフードは、バランスの良いタンパク質と脂質で体重管理に役立ちます。

新鮮なターキーをはじめ、ビタミンたっぷりの野菜や果物を配合。健全な消化を助けるプレバイオティクスとプロバイオティクス、免疫維持に役立つ抗酸化成分、中性脂肪になりにくいココナツ油などを採用し、年をとったシニア猫の健康維持に期待ができます。

第3位:ファインペッツ

finepets
  • ランクS
  • 1日あたりのコスパ¥91

給餌量を調節することで全ての猫種、年齢に合わせることができる『ファインペッツ』。オーストラリア産の新鮮な鶏肉を主原料に使った、安心・安全・無添加のナチュラルキャットフードです。

消化吸収率はなんと驚異の87%。これならシニア猫でも、少ない量で十分な栄養を摂取することができますね。

栄養・食材・価格面で高評価、信頼できるヒューマングレードのキャットフードです。

第2位:カナガン

kanagan
  • ランクS
  • 1日あたりのコスパ:¥132

100%無添加・お肉たっぷり・グレインフリー」と三拍子揃ったキャットフード。年齢・活動量・代謝・住環境などに応じて、適切な給与量を調節することで子猫からシニアまで一生をかけて付き合える食事となるでしょう。

シニアフードは成猫用に比べて低カロリー・低脂肪のため食いつきが悪くなることが多いので、『カナガン』のように子猫の頃から食べていた食事を、年をとっても食べられるというのは幸せですよね。

穀物を一切使用していないので(グレインフリー)、アレルギーの心配なく、全ての猫ちゃんに安心して食べさせることができます。

第1位:シンプリー

symply
  • ランクS
  • 1日あたりのコスパ:¥158

シニア猫に嬉しい低カロリーに加えて、尿路結石や毛玉トラブル、関節ケアにも配慮した原材料を厳選。

アレルギーの心配が少ないサーモンメインで低カロリー、そして猫にありがちな疾患・トラブル予防も含んでいるキャットフードは、シンプリー以外にないでしょう。

関節のケアが気になり始めるシニア猫ちゃんのために、グルコサミンやコンドロイチンを配合して関節炎予防のサポートもしてくれます。

食い付きが良い上に療養食並みの効果を発揮するので、シニア猫ならではの病気やからだの悩みをおいしく解決してくれるでしょう。

スポンサードリンク
44

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です