【成長ステージ別】マンチカンの餌の量&餌代目安まとめ

adorable short legged munchkin kitten
スポンサードリンク

愛らしい短足から、足長まで体型の種類が幅広い、とてもユニークな猫種「マンチカン」。

今回は、マンチカンを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介したいと思います。

  1. マンチカン子猫の餌の量
  2. マンチカン成猫の餌の量
  3. マンチカン老猫の餌の量
  4. 餌代の目安

それでは、順番に見ていきましょう。

1.マンチカン子猫の餌の量

マンチカンの子猫の期間は約1年間。1歳の成猫になるまでは、成長のためにたくさんの栄養を必要とします。

ただし、一言に子猫といっても、成長段階ごとに必要な栄養素は異なります。以下、哺乳期・離乳期・成長期と3つに分けてみていきましょう。

哺乳期(~3週間)のフード

生まれてから3週間の哺乳期は他の猫種とあまり変わりません。飲みやすい猫用のミルクを与えましょう。

離乳期(生後3週間~8週間)のフード

生後3週間を過ぎたころからだんだんと猫用ミルクからかゆ状のフードに慣らしていきます。子猫用ミルクに加えて、子猫(キトン)用フード(ドライフードやウェットフード)を与え始めましょう。

離乳食は、子猫用の固形ドライフードにぬるま湯を加えてつくることができます。最初は水分量を多めにしておかゆ状のやわらかフードから始めましょう。だんだんと水分を減らしていって、8週目ごろ固形のフードに切り替えるまでの繋ぎとして役立ちます。

成長期(8週間/2ヶ月~)のフード

離乳食からドライフードに切り替わってからは、子猫の運動量も一気に増えます。走り回ったり、飛び跳ねて移動したりととっても活動的。

この活動量に合わせたエネルギー(栄養素)が必要となるので、成長期の子猫には成猫の約2倍の量のフードをあげる必要があります。

目安としては成猫の2倍ですが、あくまでも運動量と成長段階によります。

  • 3~6ヵ月の遊び盛り ⇒食べたいだけフードをあげてもOK
  • 6か月以降 ⇒成猫に近付くにつれてフードの量も成猫の規定量に合わせる
体重に合わせて、市販のキャットフードに記載の給餌量をあげるようにしましょう。フードによっては、全年齢対応のものもあるので、その場合は規定の量、もしくは成猫の2倍を目安に与えます。

2.マンチカン成猫の餌の量

マンチカンの成猫は、足の長さによって体型が微妙に変わります。足の長さによって餌の量を変える必要はないですが、運動量や肥満状態は常に見てあげる必要があります。

マンチカンは体質上、太りやすいとされています。さらに短足のマンチカンの場合は、肥満による糖尿病などに加えて、思い胴体を支える短い足に負担がかかり、足の関節トラブルに悩まされる可能性も。

そのためにも、肥満対策を考えた食事がマストです。餌の量は、体重と運動量とフードに記載の給餌量を目安【低炭水化物】のものが好ましいです。

免疫力低下によるウイルス感染などに注意!栄養たっぷりの食事を!

マンチカンだけでなく、全ての猫種に言えることではありますが、肥満対策に加えて、猫の健康維持に必須の栄養素がバランスよく備わった、質の良いフードを選ぶのも必須です。

特にマンチカンのような純血腫に多いとされる「猫伝染性腹膜炎」は、子猫や老猫、ストレスを抱えた猫など、免疫力が低下したときに発症しやすいと言われています。有害・不要な添加物や、消化に悪い穀類などが主原料のフードは厳禁です!

→→→マンチカンにおすすめのキャットフードはこちら!←←←

可愛い短足!『マンチカン』におすすめのキャットフード5選

2016.09.24

3.マンチカン老猫の餌の量

肥満に注意が必要な時期といえば、やっぱりシニア期。短足のマンチカンの場合は、さらに関節トラブルにも注意しなければならないので、フードの量は、既定の量を守るように心がけましょう。

特に、シニア期になると、成猫の頃に比べて運動量が減るのに、フードの量はそのまま食べてしまう猫ちゃんが多いです。

成猫用フードからシニア用フードに変えて規定量を食べさせるか、全年齢対応のフードなら、成猫期よりもフードの量を減らすなどして、十分な肥満対策を心がけましょう。

シニアのマンチカンにおすすめのキャットフード

symply

消化に良いサーモンをメインに、肥満や糖尿病の原因になりやすい炭水化物を最低限に抑えた低カロリー設計のプレミアムヘルシーフード「シンプリー」。

グルコサミンやコンドロイチン配合で、短足のマンチカンに特に嬉しい関節炎予防のサポート。

オリゴ糖やオーツ麦など食物繊維が豊富な食材を使用し、便の排泄をスムーズに促してくれるので長毛のマンチカンの毛玉対策にも最適。

4.餌代の目安

マンチカンの餌代に関しては、良質のフードを選べばその分金額は高くなります。ただし、健康体をキープしてウイルス感染などから身体を守るためには良質なフードは必要不可欠。

特に純血腫の猫ちゃんは、免疫力低下によるウイルス感染を防ぐためにも、肉食の猫に最も重要な動物性タンパク質(肉や魚)をメインとし、身体に負担となる添加物不使用のフードがいいでしょう。

新鮮な肉・魚メインで無添加となると、やはりお値段も1kgあたり2,000~3,000円あたり、1ヵ月あたりの消費額は4,000円くらいでしょうか。

以下、おすすめフードを例に詳しく値段の詳細を見てみましょう。

アーテミス フレッシュミックス 毛玉ケアの場合

freshmix
  • 1 kgあたりの価格:1,979円

①1.5kgの成長期の子猫の場合:80g×30日=2,400g(=2.4kg)

②3kgの成猫の場合:70g×30日=2,100g(=2.1kg)

成長期の子猫の場合は体重と月齢に応じて80~100gの給餌量となるので、1ヶ月に3kg程度は考えておいた方がいいでしょう。Amazonや楽天市場で購入すれば、1ヵ月に2kg【3,740円】または1kg+2kg【5,719円】の消費目安。

Aランクの中ではお値段は他のフードに比べてリーズナブルな「アーテミス フレッシュミックス」ですが、【高タンパク・高カロリー】フードなので、成長期の子猫~成猫用のフードにおすすめです。

シンプリーの場合

symply
  • 1 kgあたりの価格:2,640円

①3kgの成猫の場合:50g×30日=1,500g(=1.5kg)

②シニア猫の場合:40g×30日=1,200g(=1.2kg)

成猫期からシニア期に変わるタイミングで試してもらいたいのがヘルシーキャットフード「シンプリー」。上でも紹介したように、マンチカンのシニア猫にピッタリの機能が備わったご飯です。

金額は少々上がりますが、質を考えたら妥当な金額だと言えます。給餌量は一般的なフードよりも少なめですが、少ない量でも十分満足感を得られるフードですよ。

成猫にしても、シニアにしても1ヵ月に1.5kg前後の消費が目安となりますね。シンプリーの場合、ちょうど1.5kg単位で販売しているので、ちょうど1ヵ月に1袋の消費が目安です。1袋1.5㎏=¥3,960円

まとめ

以上、マンチカンを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介しました。

  • マンチカンは全般として肥満になりやすい体質なのでフード量や質に気を付ける
  • 成長期は餌の量は食べたいだけあげていいが、成猫・シニア期には量を抑える
  • フード量よりも良質なフードに変えることで、体型や健康状態を維持
もちろん、これは1匹飼いの一例にすぎず、個体差や猫の数によって大きく変動するので、ご了承ください。

マンチカンを飼ってみたいという方、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
adorable short legged munchkin kitten

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です