【成長ステージ別】気になるベンガルの餌の量&餌代まとめ

野性味あふれる、ヒョウのようなジャガーのような美しい模様を持つベンガル。丈夫でたくましい体つきが特徴の猫です。

今回は、そんなベンガルを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介したいと思います。

  1. ベンガル子猫の餌の量
  2. ベンガル成猫の餌の量
  3. ベンガル老猫の餌の量
  4. 餌代の目安

それでは、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.ベンガル子猫の餌の量

ベンガルの子猫の期間は約1年間。1歳の成猫になるまでは、成長のためにたくさんの栄養を必要とします。

ただし、一言に子猫といっても、成長段階ごとに必要な栄養素は異なります。以下、哺乳期・離乳期・成長期と3つに分けてみていきましょう。

哺乳期(~3週間)のフード

生まれてから3週間の哺乳期は他の猫種とあまり変わりません。飲みやすい猫用のミルクを与えましょう。

離乳期(生後3週間~8週間)のフード

生後3週間を過ぎたころからだんだんと猫用ミルクからかゆ状のフードに慣らしていきます。子猫用ミルクに加えて、子猫(キトン)用フード(ドライフードやウェットフード)を与え始めましょう。

離乳食は、子猫用の固形ドライフードにぬるま湯を加えてつくることができます。最初は水分量を多めにしておかゆ状のやわらかフードから始めましょう。だんだんと水分を減らしていって、8週目ごろ固形のフードに切り替えるまでの繋ぎとして役立ちます。

成長期(8週間/2ヶ月~)のフード

離乳食からドライフードに切り替わってからは、子猫の運動量も一気に増えます。走り回ったり、飛び跳ねて移動したりととっても活動的。

この活動量に合わせたエネルギー(栄養素)が必要となるので、成長期の子猫には成猫の約2倍の量のフードをあげる必要があります。

目安としては成猫の2倍ですが、あくまでも運動量と成長段階によります。

  • 3~6ヵ月の遊び盛り ⇒食べたいだけフードをあげてもOK
  • 6か月以降 ⇒成猫に近付くにつれてフードの量も成猫の規定量に合わせる
体重に合わせて、市販のキャットフードに記載の給餌量をあげるようにしましょう。フードによっては、全年齢対応のものもあるので、その場合は規定の量、もしくは成猫の2倍を目安に与えます。

2.ベンガル成猫の餌の量

成猫期のフード量は基本的に、パッケージに記載の量をあげるのが最適ではありますが、あくまでも目安であり、猫の種類や体格によって餌の量も微妙に異なります。

ベンガルは1年を過ぎると成猫になりますが、運動量やカロリー消費量によってベストな給餌量も変わってきます。たくさん運動してたくさん食べるのは良いですが、運動量が減っているのに同じ量を食べているのは要注意。

また、量だけでなくフードの質も体型維持に大きく影響します。フードを選ぶ際は以下の点に気をつけながら選びましょう。

低炭水化物のフードで肥満対策

米やトウモロコシ等の穀類に含まれる炭水化物は、素早く分解して血糖を急上昇させるので肥満や糖尿病の原因となってしまいます。

猫は人間や犬と違って完全肉食動物なので、重要なのは炭水化物よりも断然タンパク質。つまりお肉やお魚がたっぷり入ったフードが理想的。ペットコーナーで見かける多くの格安フードには主原料に米やトウモロコシなどの穀類が使われていますが、これらは栄養不足になるだけでなく、肥満や糖尿病の原因にまでなってしまうのです。

低アレルゲン食材のフードが安心

ベンガルの場合は、アレルギーやウイルス感染などによって皮膚病や角膜炎などの病気を起こす可能性があります。運動させることも大切ですが、フードからのアレルゲンをなるべく減らしてあげることも重要。

例えば、主原料もアレルゲンになりにくいお肉やお魚を使っていたり、特に魚は肉に比べてアレルゲンになりにくいのでおすすめです。

また、トウモロコシや小麦などのイネ科の穀類は消化に悪い上にアレルゲンになりやすいです。これらが原材料に多く入っているフードには要注意ですよ!

→→→ベンガルにおすすめのキャットフードはこちら←←←

愛猫ベンガルに食べさせたい!おすすめのキャットフード5選

2017.01.10

スポンサードリンク

3.ベンガル老猫の餌の量

シニアになったら体型維持はさらに難しくなります。

食べ過ぎによる肥満。小食による減量。さらに加齢による病気にも気をつけなければならない老猫期。おいしく食べながら病気対策もできる『シンプリー』や、シニア期用に成分調整された『ナウフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント』などがおすすめです。

これらのフードなら、量を減らしたり敏感になることなく、比較的安心してシニアにも食べさせることができるでしょう。

4.餌代の目安

最後に、ベンガルに当サイトでおすすめしているフードを与えたときの1ヵ月の餌代の目安を見ていきましょう。

『ファインペッツ』の場合

finepets
[出典:http://www.finepets.jp/cat/index.html]

  • ¥2,486 /1kg

1日の給餌量×1ヶ月 = 月々の餌の消費量 (⇒ 餌代)

  • 5kgの成猫の場合:50g ×30日=1,500g(=1,5kg)

ファインペッツは1袋1kg単位となるので、成猫になり5kgほどに達して食欲も落ち着いてきたら、フードの消費は1ヶ月に1袋半程度の消費となります。1ヶ月に1袋半なので、つまり2ヶ月で3袋。2ヶ月で約7,500円1ヶ月換算で約3,800円の出費となります。

ファインペッツは全年齢の猫に与えることができるので、子猫は成猫の1.5倍~2倍程度の餌の量になります。料金も同じように2倍程度を考えましょう。

シニア期は、肥満予防も考えてフード量を少しずつ減らしていく、もしくは別のシニアフードに変えてみてもいいでしょう。

ファインペッツ公式ページはこちら

『ナウフレッシュ』の場合

aa now aaaa
  • 1 kgあたりの価格:3,102円

1日の給餌量×1ヶ月 = 月々の餌の消費量 (⇒ 餌代)

①1.5kgの6ヶ月の子猫の場合:55g×30日=1,650g(=1.65kg)

②5kgの成猫の場合:70g×30日=2,100g(=2.1kg)

③5kgのシニアの場合:70g×30日=2,100g(=2.1kg)

シニア・体重維持のフードは、成分調整されているので、給餌量を減らすことなく与えられるのが特徴。

キトン用・アダルト用・シニア用どれも1.81kg単位で販売しています。子猫用、成猫用とシニア用ともにだいたい1ヶ月に約1袋程度の消費で【約5,600円+送料】となります。

小袋(227g単位)でも売っているので、最初はお試し用として小さいサイズを買ってみるのがおすすめです。(¥782 /227g)

まとめ

以上、ベンガルを飼う上で知っておきたい、餌の量と餌代について詳しくご紹介しました。

  • 子猫時代の栄養摂取が、成猫になってからの病気に影響する
  • 運動量に合わせてベストな給餌量を調整
  • フードの質(低炭水化物や低アレルゲン)に気をつけて選ぶ
  • 体型維持のため、シニア期以降は特にフード量に気をつける
もちろん、これは1匹飼いの一例にすぎず、個体差や猫の数によって大きく変動するので、ご了承ください。

ベンガルを飼ってみたいという方、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

キャットフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのキャットフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのキャットフードです。
手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛猫に合うキャットフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめキャットフード。
愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。